蛇舌女教師ディ~プスロート 後編 星優乃

この女優はマジで変態!おちんこ舐めるのも、ザーメンを美味しそうに飲む姿が、メチャクチャエロい!星優乃ちゃんがスキモノ変態痴女教師というぴったりの役で、再出演!!前回、教育として生徒達の若い極硬チンポや先生らの体を弄んできた星先生!前回は女王様で、やりたい放題だったのが、今回は奴隷ペット転落の星先生!乱暴に扱われながらも快感を味わい、体に落書きされ、みんなの肉便器と化して大量ザーメンだらけに!さあ、あなたも一緒に星先生の体にぶっかけろ!?今回も星先生の唾たっぷりのフェラチオと豪快な潮吹きはありますので、ご安心ください!
動画:蛇舌女教師ディ~プスロート 後編 星優乃

「…いない」
「…ごめん」
「いこ、楓」

テニスサークル?
亜矢は差し出されたチラシを受け取った。
講義が終わり、階段教室の座席から立ち上がりながら、
そう。体育会系じゃなくて、同好会なんだけどたかやままみこ話しかけてきたのは、大学に入ってから友達になった高山真美子だった。亜矢たちと同じように大学からの入学者だ。
なので、持ち上がりの学生は持ち上がりの学生同士で固まりやすい。そして、中途入学者は中途入学者で固まるのだ。
「同好会のテニスサークルはいくつかあるんだけどね」
聖蘭はエスカレーター校講義室から出て、学食に向かって歩きながら、真美子が言った。
この…アクアっていうサークルは私たちみたいな中途入学者がほとんどらしいの。
「うん…」
その方が入りやすくない?
亜矢はショルダーバッグを揺すり上げながら、チラシを眺めた。
「初心者歓迎ねぇ」
「体育会系じゃないからね。もしかして、亜矢、テニスやってた?」
「亜矢、テニスうまいのよ」
並んで歩いていた楓がひょいと顔を出して言った。
「インターハイに出たんだから」
「え?そうなの?」
「一回戦負けよ」
亜矢は首を横に振った。
でも、テニスはいいわね。必死にやりたくはないけど、「亜矢がやるなら、私もやる」
楽しむくらいならいいわ
楓が言った。
「真美ちゃんは?」
「私はもともと入るつもりだったから。
このアクアって、高等部でも結構有名らしいのよ」
真美子がすでに用意していたらしい入部希望の用紙を三枚取り出した。

「用意がいいこと」
亜矢が呆れたように言う。真美子はえへへと笑っている「アクアって、イケメン率が高いの」
真美子、それが目的なの?
亜矢の問いに、真美子はヘヘっと肩をすくめる。
イケメンじゃないより、イケメンの方がいいじゃん。
「つき合うって…」
つき合うにしてもさ
楓がびっくりしたように言う。
サークルって、テニスするんじゃないの?
「楓」
他に何するの?
亜矢がはぁっとため息をついた。
大学の体育会系じゃないサークルは、「コンパ?」
「だから、飲み会テニスよりもコンパなんかの方がメインのことが多いのよ」
真美子がにっと笑った。
「いいじゃん。大学に入ったんだもん」
でも未成年よ
講義棟から出て、亜矢たちは学食に向かう。四月のキャンパスは新入生が多いせいか、ぶしい夏の色もほの見える木漏れ日を見上げて、亜矢は言った。
「私はテニスしにサークルに入るんだから」
「もう、亜矢ってば、ノリ悪いなぁ」
どこか落ち着かない。
桜はすでに終わって、緑が目にま白いミニスカートを揺らして、真美子が亜矢の背中を軽く叩く
亜矢も楓ちゃんも女子校だったんでしょ。せっかく共学に入ったんだから、「亜矢はいるよね?」
楽しめばいいじゃん。
彼氏とかいるの.
楓がちらっと亜矢を見ながら言った。
「亜矢は街でナンパされても、全然動じないもん」
…楓が動じ過ぎなのよ。すぐ立ち止まるし、固まるし「あ、楓ちゃんはそういう感じ。ほんと、女子校育ちって感じで」
「え…」
今日のランチはどこにしようか迷って、空いているカフェにした。
私は共学だから、女子校ってよくわからないんだけど学食より値段設定が高めなので、比較的空いているのだ。
席に着き、全員が同じランチを注文して、真美子が言った。
「男の子がいないってどんな感じ?」
「どんなって…別に変わらないと思うけど」
亜矢が答えた。
先に運ばれてきたアイスコーヒーをストローで飲んで、「だって、学校出れば男子はいくらでもいるし」
「そんなこと言えるの亜矢だけだよ」
楓がアイスティーのグラスを抱えて言う

ニューハーフ旅館:女将と娘 第3話

この旅館、普通に綺麗な女将もいるし、その娘もかわいいし、言うこと無しの旅館!!と、思いきや、なんとその二人、ニューハーフだったのです!!その名もニューハーフ旅館!しかも、この女将?いや、旅館の亭主?どっちにしろ、男2人とSEXしちゃいます。しかも、1人は童貞!!やばいと思いませんかぁ?フェラチオあり、逆フェラチオあり、アナル挿入ありの大乱交をしちゃいます。これは、結構、興奮しますょ!!
動画:ニューハーフ旅館:女将と娘 第3話

「私なんか、大学で隣に男の子がいるだけでどきどきするのに」
楓ちゃんは意識しすぎ真美子が笑い出した。
横で見てるとおもしろいもん。
「ひどおい」
誰も何も言ってないのに、赤くなったり青くなったり
楓がぷんと頬をふくらませる。
「仕方ないじゃない。幼稚園から女の子ばっかりだったんだから」
「だから、サークルに入って、彼氏の一人も作りなよ。楓ちゃん、可愛いんだから」
サークルへ楓はお嬢様っぽい容姿をしている。さすがに入学したばかりだから、あまり男子学生との接触もないが、の誘いの声をかけられることもある。
楓は免疫ないからね
「亜矢だって、幼稚園からマリアの園にいたのに。どうして、私と違うの?」
キャンパスを歩いていて、楓が言う
そうだよね。亜矢は何か慣れてるっぽいよね。
「…そうかな」
あんまり、女子校って感じがしない
ランチタイムの今はたくさんの学生が歩いていて、ここが確亜矢はふいと窓の外を見た。このカフェからは正門と文系学部の講義棟が見える。
かに共学の学校なのだと感じる私だって…びっくりしてるよ当たり前に男子学生が歩いている。これでも、文系学部のそばなので、理系学部に比べれば、たぶん男子学生は少ないはずだ。それでもがびっくりするくらいたくさんの学生が歩いていた。それでも、楓ほど驚きは顔に出ない。

もともと、亜矢は衝撃が顔に出にくいタイプだ。
リアにいた頃は、その落ち着き具合からお姉様扱いされてきた。
亜矢聖マただ、楓ほど露骨に顔に出ないだけだ。出せないと言ってもいいかもしれない。楓のようにいかにもお嬢様っぽい容姿なら、それもかっこがっくけれど、自分のようにちょっと気の強そうなタイプでは、何か可愛い子ぶっているようで、気恥ずかしいのだ。だから、亜矢は内心どきどきをいつも隠している。
「で?亜矢の彼氏ってどんな感じ?」
「え?」
ぼんやりとしたまま亜矢は、
彼氏?
いるんでしょ?
「いないわよ、そんなの」
「えー、嘘ばっかり」
真美子に向き直った。
楓が横から言う。
亜矢には絶対彼氏いるよ。
「いないわよ」
高校の頃から、みんなそう言ってたもん
同じ女子校出じゃないかと、亜矢は少し苛立つ。
楓とは実家もすぐ近くで、学校もプライベートもほぼ一緒に過ごしていたのだ
私に彼氏なんかいないことくらい、楓だって知ってるでしょ
…でも、亜矢は
とりあえず、「ね」

そのときランチが運ばれてきた。
エビフライとカニクリームコロッケ、サラダとロールパン、スープと小さなデザートのセットだ。
食べよ
亜矢が苛立ち始めたのがわかったのか、真美子が取りなすように言った。
テニスサークル「アクア」の新入生歓迎コンパは、「えーと、亜矢ちゃんだっけ」
大学近くのカフェを貸し切って行われた。
サークルの代表だという三年生が馴れ馴れしく亜矢の肩に手を回して言った。
「飲んでる?」
「いえ、未成年ですから」
亜矢は少し体を固くして言った。
「ジンジャーエールで結構です」
「固いこと言いつこなしだよね」
こっちにビールと彼が言う。
「亜矢ちゃんのお友達は飲んでるよ」
「え…」
亜矢ははっとして、辺りを見回した。新入生はくじ引きでいくつかのテーブルに分けられていた。亜矢は楓とも真美子ともテーブルが一緒にならず、一人でこのテーブルにいた。

素人さん初の風俗面接&体験入店40 デリ面接とAVもついでに面接

宝多城も遂にデリヘル(池袋〜渋谷)始めました!ハメ撮り専門、男優、盗撮師、みんな集結してください。講習と称して本来デリヘルにはないセックスをしてしまう風俗講習係り、女性もすれてないからオマンコ舐められると我慢できなくなるのですね。でもお客様とはしちゃだめですよと言いながら、今時セックしなければ指名取れませんよと矛盾した事を言いながらチンポ挿入してます。AVにもスカウトしましたので、今後は掛け持ちで頑張ってもらいます。
動画:素人さん初の風俗面接&体験入店40 デリ面接とAVもついでに面接

二人は一つ置いた右側のテーブルにいた。楓の前には泡も消えかけたビールが置かれていた。その中途半端な量は楓がすでに飲酒していることを示していた楓つたら2亜矢は立ち上がった。
亜矢ちゃん、いいじゃん。
「よくないわ…っ」
あの子も楽しんでるみたいだし
亜矢は慌てて、「楓っ!」
「亜矢」
楓に駆け寄った。
とろんと目を赤くした楓が亜矢を見上げていた。
「どうしたの?」
どうしたのじゃないわよ?
亜矢は楓の腕を掴んだ。
「痛いっ」
楓、何でお酒なんか飲んでるのよ「亜矢ちゃんだっけ」

だめだってっ
楓と同じテーブルで飲んでいた学生が立ち上がってきた。すらっと背の高い学生だ。Tシャツにジャケットを羽織り、る。長めの前髪が目元にかかり、目鼻立ちの整った、いわゆるイケメン風の顔立ちである。
「え…ええ」
「ほんの一口、乾杯だけだからさ。そんなに怒らないでよ」
「乾杯だからいいっていうの、おかしくないですか」
細身のパンツを履いてい
亜矢は先輩と思われる学生にくってかかる。気の強い亜矢に、「いいじゃない。これ以上は飲ませないからさ」
「当たり前です」
両手を胸の前で立てるようにして、彼は参ったなぁと笑った。
亜矢は楓の肩に腕を回した。
「楓、帰るよ」
「待ってよ」
目の前に立った学生が慌てたように言った。
せっかく来たんだから、もう少しいなよ。ほら、「それは…そうですけど」
新入生としての挨拶もしてないだろ
さすがに先輩学生に正面切って楯突くこともできずに、亜矢は、それでも楓を守るようにそのテーブルに座った。
「OKじゃっと、何飲んでる?」
「ジンジャーエールを」
「了解。誰か、ジンジャーエール追加して」
そう言うと、彼は亜矢の隣にすとんと座った。

「あ、あのっ」
「あ、俺、理学部11年の箭野浩輔ね。覚えといて」
「はい…」
やのこうすけ箭野はにこにこと機嫌良く言い、運ばれてきたジンジャーエールを渡してくれた。
「亜矢ちゃんと楓ちゃんは聖マリアから来たんだって?生粋のお嬢様じゃん」
楓はそうですけど、私はそうじゃありません
きっす亜矢はグラスを受け取って、少しつんとして言った。確かに楓は、規模は大きくないが安定した企業オーナーの娘であり、のサラリーマンだ「そう?何か、亜矢ちゃんもお嬢様って感じだよ。いかにも女子校育ちの,r男なんてそばに寄らないでっ!
って感じ」
亜矢の家はごく普通箭野が言った。
「でも、そういうところもいいなぁって思うけど」
「え?」
亜矢は箭野をまじまじと見た。
”何言ってるんだろう、この人…”楓ちゃんも可愛いけど、亜矢ちゃん、「はい?」
「はい、かんばぁい」
可愛いよね
かちんとグラスをぶつけて、箭野が言った。
「俺、亜矢ちゃんみたいなツンデレっぽい子好きなんだ」
「ツンデレ?」
「あ、ツンデレってね、ツンとしてるのに、実際つき合ったりしてみると甘えてくるようなタイプね」
同じテーブルにした真美子が言った。
亜矢は、彼女に食ってかかる。
「真美子、いるのなら、どうして楓にお酒なんか飲ませるのよ」
「こんなの、お酒になんか入らないよう」
真美子독でに酒を飲んでいるらしく、少しろれつが怪しい。
「でも、確かに亜矢ってツンデレっぽいよねぇ」
「私は甘えたりしないわ」
亜矢は姉1人弟二人を持つ次女だ。
りしなさいと言い続けられてきた。