巨乳とバイブと浣腸と私 はるか悠

「巨乳とバイブと浣腸と私」このタイトルだけで、勃起しちゃう」変態は僕だけでしょうか?まだ、チンチンオッキしてない人は、女優を見てビンビンにしちゃって下さい!あのGカップ爆乳美女、はるか悠ちゃんが自慢のおっぱいをブルンブルン揺らしながらイきまくり!目隠しに猿轡で手足拘束状態で網タイツを秘部の所だけ曝け出してのバイブとディルドー2穴攻めでは悶えながらも感じまくって何度もイきまくり!ドMの変態が本領発揮!ローションたっぷり塗りたくって乳首をコリコリ!爆乳っ娘の溢れすぎるおっぱいが見たい人には最高の作品!!
動画:巨乳とバイブと浣腸と私 はるか悠

こだわるのは、ただの感傷だ。
亜矢の理性はそう言っているのに、亜矢の感でも、初めてなのに。
初めては一度しかないのに。
心の中はずっと嵐が吹き荒れているようで、頭がまともに働かない。
「…別に」
でも、亜矢ちゃん、コンパから帰ってからおかしいわよ?楓ちゃんが訪ねてきてくれても、「だから」
会わないし
亜矢はスプーンを置いた。やっぱり食欲がない。
三日間引きこもっている間、楓には、きっとあのキスを見られている。楓はいい子だが、「風邪ひいたの。
うつすといけないから会わなかったの」
楓が二回ほど訪ねてきたが、亜矢は真理に頼んで、寝ていると言ってもらっていたのだ。
ラインもメールも来ていたが、その一切を無視した。
少し世間知らずなところがある人が触れられたくないと思っていることに、無邪気に触れてしまうことがある。亜矢にとって、だから、楓には会いたくなかった。できたら、「…ごちそうさま」
あのキスは触れてほしくないことだったが、楓にとっては、きっといちばん聞きたいことだろう。
今日だって会いたくないが、そういうわけにもいかないだろう。
ヨーグルトを半分残し、コーヒーだけを飲み干して、亜矢は立ち上がる。
「亜矢ちゃん…」
何か言いたそうな真理をキッチンに残して、亜矢は身支度をするために自分の部屋に戻っていった。
髪は決まらないし、ファンデもよく乗らない。
三日間、自室に引きこもっていた影響は亜矢自身にわかる形で跳ね返ってきた。
”もうっ今日は何としても大学に行くという強い意志がなけたった三日、されど三日。
れば、さっさと回れ右して、「あ、亜矢」
お風呂に入っただけで、手入れをさぼっていた髪と肌は正直だ。
マンションに戻っていたところだった。
後ろのドアから講義室に入ると、すぐに声をかけてきたのは真美子だった。
「久しぶりって感じ。どうしたの?」
「ちょっと風邪ひいてたの」
真美子の方を見ないようにして、亜矢は言った。
「夜、薄着で出かけたりしたから」
「ああ、コンパの日ね。わりと寒かったよね」
真美子はのんびりと言った。

「亜矢、もしかして、まだ怒ってる?」
真美子がちらっと上目遣いになった。
楓ちゃんにお酒飲ませたから「別に。大した量じゃなかったみたいだし。
ちゃんと歩いて帰れたくらいだから」
亜矢は早口に言った。
でも、今後はああいうコンパには行かないから
「行かないって…そういうわけにはいかないよ、亜矢」
真美子が笑いながら言った。
言ったじゃないああいう同好会系のサークルは、「じゃあ、私やめる」
「亜矢、来てたんだ」
テニスよりも飲み会が主なんだって。
飲み会パスしたら、サークルにいる意味ないよ
明るい声がして、楓が駆け寄ってきた。亜矢が何か言うよりも先に、「楓ちゃん、亜矢に言ってよ。サークルやめるなんて言わないでって」
「え…」
真美子が言った。
楓が立ち止まる「亜矢」
少し迷ってから、楓は亜矢の隣に座った。
まつげの長い大きな目が亜矢を見つめた。
「サークル、やめちやうの?」
「やめるも何も、まだほとんど入ってないようなものだし」
亜矢はことさらあっさりと言った。
「テニスしないテニスサークルなんて、つまらないし」
でも亜矢、箭野先輩、亜矢のこと気に入ったみたいじゃない
真美子が内緒話をするような声で言った。
「亜矢が帰った後も、亜矢のこと、私に聞きまくりだったよー」
亜矢は半ばにらむように真美子を見た。
「…勝手に私のライン、教えないでくれる?」
「あ、来た?だって、どうしてもっていいじゃん、”かっこいい?どこが?”箭野先輩、かっこいいし」
亜矢はじっと真美子を見た。そして、ゆっくりと首を振る。

キャンギャル買収

みなさんもキャンギャルを見ると股間が、熱くなる事ありませんかぁ?今回は、そんな、現役レースクィーンでド変態女優・合沢萌ちゃんの登場です!!最初は悩殺ポーズで、誘惑して、おマンコを舐めさして感じちゃい、目隠しされながれ、二本のチンコを咥えさせられ、お顔に発射されちゃいます。そして、場所を変えて、濃厚3Pに発展、マンコもアナルもガンガン責められちゃいます。連続中出しで終わりかと思いきや、最後の最後で二人の男優に、おしっこぶっかけられちゃいま~す。最高の肉便器ですょ!!
動画:キャンギャル買収

「ごめん。あの人のどこがかっこいいのか、私にはわからない」
「えーっ!」
もうじき講義が始まるのに、真美子は静まりつつある講義室で大きな声をあげた。楓が真っ赤になって下を向く。
「真美ちゃん…」
「箭野先輩、かっこいいじゃん。超イケメンだし、優しいし。あのレベルって、なかなかいないよ」
「真美子、とりあえずその話は後にしよう」
講師が入ってきた。
亜矢は前を向く。
世間知らずらしいけど…ほんとだわ
その背中に、真美子の声が聞こえた。
女子校育ちって、振り向いて怒鳴りつけてやりたいのを、亜矢はようやくこらえた。
うまくブローできなかった髪が顔に吹きつけるのに苛二限の講義を終えて、亜矢は楓と並んで、キャンパスを歩いていた。
立って、亜矢は手首にしていたシュシュで髪をまとめてしまった。
「亜矢、髪まとめると、マリアの園にいるみたい」
今日は風が強い。
ポニーテールは許されず、楓が笑った。聖マリアは校則が厳しく、ショートカットではない亜矢も楓も長い髪をまとめていた。
分けた髪を結ぶ。リボンは細いもので紺か黒だけが許されていた。
「…マリアの園の方が気楽だったかも」
肩の上で二つに亜矢は楓を急かして、講義室を出てしまった。
真美子亜矢はため息をついて言った。講義が終わると、真美子は話しかけたそうにしていたが、には悪いと思ったが、あれ以上箭野の話をしたくなかったのだ。
”あんな失礼な人…どこがいいっていうのよ「イケメン」
亜矢には、真美子の言う「かっこいい」も「イケメン」も「優しい」もわからない。
箭野は一つも当てはまらなかった。亜矢にとっての箭野は、ただの「失礼な男」だ。
「ねぇ、亜矢」
亜矢の思う「かっこいい」
「優しい」
の尺度に、楓がそっと言った。
「サークルやめるって…ほんと?」
今日のランチはカフェか学食かと考えている亜矢に、「さっき、真美ちゃんが言ってたけど…」
「うん、そのつもり」
楓が言う。
亜矢は学食の方に歩きながら言った。
「まだ入ってないようなものだし。あのコンパで何か合わないなって思ったの」
亜矢、それってもしかして…楓が亜矢がいちばん聞きたくないことを言おうとした、「あれぇ、亜矢ちゃんじゃない」
その時だった。
いやでも聞こえてしまう声。
今いちばん聞きたくない声であることを知った。
よく響く声がした。

「あ箭野さん」
うっとうしいくらいよく響く声。
楓の小さな声で、亜矢は後ろから聞こえたその声が、「待ってよ。
逃げなくたっていいじゃない」
後ろから軽く腕を掴まれた。ひっと声をあげそうになるのを何とかこらえる。
「放してください」
「放したら、逃げちゃうでしょ?おびえたうさちゃんみたいに」
そして、身体の震えも
箭野は一人だった。少し離れたところに友人たちらしい男子学生が何人かこちらを見ているそこから抜けてきたようだった。
「もしかして、真美子ちゃんにライン聞き出したの、怒ってる?既読ついたけど、返事くれなかったでしょ」
「返事をする必要を感じませんでしたから」
亜矢は切り口上で言った。
もうラインで話しかけてこないでください。
「亜矢ちゃん」
返事はしませんから
箭野が笑いながら言った。
じゃあ、直に話しかけるよ。
「私、サークルやめ手から」
「え?」
俺だって、ラインでちまちま話すより、こっちの方がずっといい
亜矢は左手で箭野の手を自分の右手から離した。そして、区切るようにはっきりと言った。
私はテニスをしたいからサークルに入ることにしたんです。テニスより飲み会が主だというなら、「待ってよ」
サークルをやめ手
箭野が少し慌てたように亜矢の腕を掴み直す。
テニスしないなんて言ってないじゃない。テニスはするよ。
「箭野さんはどうなんですか?」
合宿だってちゃんとやるし、トーナメントなんかに出る奴だっている
思わぬ亜矢の逆襲に、箭野は少し笑って言った。
俺は飲む方専門だけど「お話は以上です」
亜矢は再び箭野の手を振り払った。少し離れたところにいた箭野の友人たちが笑っているのが見えた。
のかわからなくて、無性にいらいらした。楓が心配そうに、そっと亜矢のそばに寄り添ってくる。
「亜矢」
「亜矢ちゃん」
亜矢は真面目なのに、どうして笑われる箭野は亜矢の拒絶にも余裕でにこにこしている。まるで、可愛いペットを見ているような目だと亜矢は思った。
”何なの、この人「アクアのポリシーが気に入らないんだったら、サークルの方はやめてもいいけどさ、俺とはつき合おうよ」
「え?」
「あの時も言ったでしょ?俺、亜矢ちゃんのこと気に入ったんだ。気の強い女の子って可愛いよね」
「何言ってるんですか?」
亜矢はきっと目を上げた。箭野がまた笑う。確かに整った顔立ちで、なのは。
”もっと…優しくて、おっとりした大人の人がいいわ「いいじゃん。せっかく…キスもしたんだし」
日に焼けた精悍な顔立ちだが、亜矢が好きなタイプではない。
亜矢が好きその言葉を聞いた瞬間、亜矢の中で何かが弾けた。
わ…2亜矢の手が飛んだ。
思い切り箭野の頬を引っぱたいたのだ。
亜矢

Love Japan Julia

大きな瞳、真っ白な歯、綺麗なブロンド髪に小麦色の柔肌…しかもスタイルは超抜群!全てがパーフェクトなジュリアちゃん18歳!手の使い方と口内全体で吸い付くフェラは指折りの実力!憧れの浴衣を着て日本人とのスケベなセックスに狂う。最高に気持ちい美人のオマンコに我慢出来ず中出し!
動画:Love Japan Julia

「安く2見ないで」
亜矢は唇を震わせながら言った。
「馬鹿にしないで…っ」
楓の手を引っ張ると足早にその場を離れた。
そして、亜矢の手を引いて、楓が息も絶え絶えに言った。
「少し休ませて…」
「あ…ごめん」
すでに大学の構内は出て、亜矢のマンションの近くまで来ていた。
亜矢は固まったように楓の手を掴んでいた自分の指を開いた。まだ指は小さく震えている。
が怒りなのか、恥じらいなのか、他のものなのか、亜矢にはわからなかった。
指だけではない。
身体全体が震えている。
その震えカフェかどこかに入りたいところだったが、ここまで来てしまったら、家に帰った方が早い。
楓を休ませるには、「うん」
楓が頷いた。
「亜矢んちのアイスコーヒー飲みたい」
「いいわよ」
亜矢の家で真理が作るアイスコーヒーは水出しのものだ。
お姉ちゃんはいないと思うけど「お姉さん、レッスン?」
「たぶんね」
コーヒーがあまり得意ではない楓も以前からこれだけはおいしいと言って飲む特定の教室には所属せず、フリーランスで出張タイプのピアノ教師をしている。
そのレッスンに出かけている真理の職業はピアノ教師であるのだ。
「ただいま」
鍵を開けて、マンションに入る。やはり、真理はいなかった。広いリビングにはセミコンタイプのピアノが置いてある。このマンションは防音がしっかりしている。広さからすると家賃はかなり高いのだが、それも防音の良さ故だ。近くにある音大の学生も数多くいるらしい。
…お邪魔しまぁす楓が入ってきた。亜矢に招かれるままにリビングに入り、「あいかわらず、すてきなお部屋」
ソファに座る。
きょろきょろと部屋を見回している。
ばら微かな薔薇の香りがしている真理はピアノ教師の他に、フラワー·アレンジメントの資格も持っている。
室内には花がいっぱいに生けられ、実家にいる頃から、花を生けたり、「お姉ちゃんの趣味よ」
育てたりするのが好きだった。
亜矢はキッチンでコーヒーのボトルを冷蔵庫から取り出した。
グラスに氷を入れ、コーヒーを注ぐ。
戸棚を探すと、やはり真理が焼いたクッ
キーがあった。
「ありがとう」
お皿に並べて、リビングに運ぶ。
楓がにこっとした。
「亜矢のところに来ると、実家に戻ったみたいな気がする」
「実家って言うほど、まだ離れてないじゃない」
東京にきて、「まだ二ヶ月にもならない。
その間に実家に帰ったこともあるのだから、まだ懐かしむほどではない。
いただきまぁす」
水出しのアイスコーヒーは香りが高い。
「おいしい」
「お姉ちゃん自慢のコーヒーだからね」
その香りを楽しむように、楓はゆっくりとコーヒーを飲んだ。
亜矢もひとくち、

「…ねぇ、亜矢」
コーヒーを飲み、やっと少し落ち着いて、ふうっと息を吐いた。
楓が上目遣いでそっと言った。
「ほんとに…箭野さんとつき合わないの?」
「楓」
亜矢は信じられないものを見る目で言った。
あんな…あんな人とつき合うわけないじゃない2「だって、箭野さん、かっこいいし…」
「どこがいいのよ」
何かリアル大学生って感じじゃない?ハンサムで、「楓」
おしゃべり上手で.....。
亜矢はグラスをテーブルに置いた。
「私はああいう子供っぽい人は嫌いなの」
「子供っぽい?」
「そうよ」
亜矢はいらいらと言う。
人のことなんて考えずに、「亜矢」
自分のことばっかり。
私のことなんて、何も考えてない私が…どう思うかなんて
初めてのキスを勝手に奪った男を、亜矢は許せない。
「でも、亜矢…キスしたんだし」
「だからどうだって言うの」
絶対に許せない。
亜矢はぴしゃりと言った。
「あんなのキスのうちに入らない」
好きな人としたのではないキス。無理矢理に、「楓、私はね、もっと大人な人がいいの」
「大人…?」
自分勝手に奪われたキス。
あんなの、キスじゃない。
グラスを両手で持って、楓が首をかしげる「ねぇ、亜矢が言う大人って、どんな人?あんまり、亜矢の理想とかって聞いたことないけど」
高校時代、友達同士が集まると、よく理想の恋人について話したものだった。楓の理想は引っ込み思案の自分を引っ張っていってくれるような恋人がいいと言っていた。しかし、そんな時でも、亜矢はあまり理想を口にすることがなかった。正直、まだ考えられなかったからだ。
”恋人なんて…まだ考えられないもの中学、高校時代の亜矢は、テニスに打ち込んでいた。あまりスポーツが盛んではない聖マリアでもテニスだけは別で、軽井沢にテニスコート付きの合宿施設まで持っているほどだった。さすがに、テニスだけはお嬢様のスポーツとして認められていたということか。とにかく、亜矢は日焼けして、コートを走り回る青春を過ごしていた。亜矢が生粋の聖マリア育ちでありながら、あまりお嬢様っぽく見えないのはそのせいかもしれない。一昨年の夏まで真っ黒に日焼けしていた。ようやく肌の色があせてきたのは、外部受験を決めた去年の春のことだ。
「…いい香りのする人」
亜矢はぽつりと言った。楓がえ?と聞き返す。
「いい香り?」
「優しくていい香りのする人がいい」
亜矢の記憶にふわりと住み着いている甘い花の香り。
「箭野さんだって、いい匂いしたよ」