新入社員のお仕事 Vol.11 鈴木ありさ

人気シリーズの『新入社員のお仕事』第11弾!今回の新入社員は小柄でキュートな鈴木ありさちゃんOLの格好がハマりすぎ!入社したばかりの会社で、ありさちゃんの強力なオマンコが大活躍で会社を救う!?アイデアが沸かない社員に対して、マンコを舐めさせたあとに、フェラ抜きサービス!これは、いいアイデアが浮かぶ!お得意先へだって玩具攻めにあいながらも電話対応したり、3P生ハメ接待など嫌な顔どころか喜んで引き受けて会社の業績アップに貢献!ありさちゃんの体を張った仕事ぶりたっぷりご覧ください!
動画:新入社員のお仕事 Vol.11 鈴木ありさ

「あんな匂いじゃない」
幼い記憶に住み着いている…優しいぬくもりの香り。
箭野から香ってきたのは、い。強く自分を主張する香りだった。
「ああいうがつがつ来る人って嫌い。私はもっと…大人な人がいい」
強いコロンの香りだった。
たぶん安くはないコロンの香りなのだろうが、ふわりと優しく包み込むような香りではな亜矢が知らないことを教えてくれる人。
亜矢の中で、初めて理想が形になった。
そっと導いてくれる人。
「大人の人がいいの」
亜矢はそっと抱きしめるようにつぶやいていた。

小川まで流れている聖蘭のキャンパスは広いキャンパスの中に雑木林や小さな丘、「ここが東京だってこと、たまに忘れるよね」
カフェのテラス席で紅茶を飲みながら、楓が言った。
「まるで、実家のある田舎にいるみたい」
ここから銀座とか渋谷に出るの、なんて言うか知ってる?
真美子がチョコレートケーキをぱくりと食べた。
「東京に行くって言うのよ」
「何それ」
亜矢が笑う
ここだって、「住所はね」
東京じゃない
14三区内に自宅のある真美子が言った。真美子は下り線で通学してくるのだ。
「私たちの認識からいくと、聖蘭は東京の大学じゃないんだなぁ」
真美子は大きなカップに入ったアイスコーヒーをごくりと飲む私なんか、友達に地方の大学に進学するんだねって言われたもん
「そんなことないわ」
楓が両手をぎゅっと握りしめて言った。
「私、すごく思い切って、東京の大学に行くんだって思って来たのに」
「そっか。亜矢と楓ちゃんはエスカレーターのお嬢様学校だったっけ」
真美子は都立の高校を出ている
何で、聖蘭に来たの?
「私は亜矢と一緒にいたかったから」
楓が即座に言う。
「亜矢とは幼稚園からずつと一緒だったの」
「うわぁ、楓ちゃん、本当に亜矢にラブラブなのねぇ」
楓は私と違って、ほんとのお嬢様だから
埼玉にある農学部の農場から直送の卵とバ亜矢の前には、アイスティーとミルクレープがある。
ターを使っているのだ「私は…」
ミルクレープは聖蘭カフェの名物メニューだ。
その時、風に乗ってふわっと甘い花の香りがした「あれ?百合が咲いてるの?」
真美子が言った。
「これ、百合の香りだよね」
「百合?」
亜矢は顔を上げた。
「あ…」
目を閉じて、香りを確かめる甘く懐かしい花の香り。亜矢ははっとして立ち上がった。
「これ…百合の香りなの?」
「うん…あ、でもこれ」
真美子が目を閉じて、香りを確かめている
コロンか何かの香りだわ。いい香り…亜矢はさっと辺りを見回した。カフェのテラス席には、もう一組の客がいた。亜矢たちのテーブルから二つほど離れたところに、男性客が来て座ったところだった。下げていたバッグから小型のノートパソコンを取り出して開き、何かを打ち始める。タッチタイピングの軽快な仕草だ。
「ね、あの人じゃない?」
「うん…」
私…馬鹿みたいそれほど、亜矢はあの香りが好きだった。
真美子が小さな声で言う。
亜矢はすとんと席に座った。ふいに立ち上がってしまったことが急に恥ずかしくなったのだ。
この香り。今、風に乗って香ってきたのは、亜矢の記憶の中にある甘い花の香りとよく似ていた。
いや、似ていると思いたいだけかもしれない。

あの香りに包まれていた、あの幼い記憶の時間が好きだったのだ。
目に入ってくるのは、少し前屈みになってパソコンのキーを打つ男性の横顔顔を上げ、「ねぇ…」
亜矢は香りが流れてくる方を見た。
真美子がまたそっと声をかけてくる。
あの人、かっこよくない?
真美子がこっそりと指さしたのは、その男性客だった。
繊細に整ったきれいな横顔に、縁なしのメガまたキーを叩く。思考を楽しんでいるような、白いシャツにゆったりとした薄手のカーディガンを羽織ったその人は、端整な顔立ちをしていた。
ネがよく似合う。ほっそりとした指でパソコンのキーを叩き、首をかしげて少し何かを考えてから、穏やかな横顔だった。
かっこいいっていうより…楓もこそっと言う。
亜矢は黙ったまま、じっとその横顔を見ていた。
どきりと胸が音を立てたような気がした。額が熱くなって、楓がのぞき込んでくる。
「何か…きれいって感じ」
”あの人頬が熱くなった。
自分が真っ赤になっているような気がして、思わず頬を押さえる。
亜矢?
「どうしたの?」

え…え?
ぼんやりと振り向いた亜矢の腕を、楓が軽く掴む「どうしたの?ぼーっとしちやって」
「あ…うん」
「あ、ねえねえ」
ちょうどテーブルの横を通ったウェイトレスを真美子が捕まえた。
「ねえ、あの人」
同級生のアルバイトだ。
そっとこちらに横顔を見せている男性を指さす。
「誰かわかる?」
「あ、うん。数学科の准教授の先生だよ」
彼女はあっさりと答えた。
「この時間によく来てるいつもあの席」
数学科の先生か…学生じゃないんだありがとうと言って、真美子はウェイトレスに手を振った。
「そうだよね。あの落ち着き方とかって、学生じゃないよね」
数学の先生ふと、彼が顔を上げた。視線に気づいたように、亜矢たちの方を振り返る。メガネの奥の優しげな瞳が亜矢たちを見た。少し栗色がかった髪と瞳が明るい陽の光に溶けてしまいそうだった。彼は柔らかい笑みを浮かべて、まぶしそうに亜矢たちを見ているつられたように、真美子と楓が会釈した。しかし、亜矢はまるで魅入られてしまったように、じっと彼を見つめていた。

エロ様ゲーム

王様だ~れ?ならぬ、エロ様だ~れ?エロ様ゲームの始まりです!!今回、エロ様ゲームに出演するのは、綺麗なお顔に爆乳を持つ、MECUMIちゃんで~す!!さつそくゲームの始まり始まり。MECUMIちゃん、初めから、Wフェラさせられちゃいます。おマンコもいじくり回され、すでに、グチュグチュに濡れちゃいます。いくらゲームとは言え、本気で感じる彼女に、怒り、エッチなお仕置きをしちゃいます。ガンガン突かれ、中出しでお仕置きされちゃいます。
動画:エロ様ゲーム

そして、彼もまた、少し不自然なくらいに長く、亜矢たちを見ていた。
甘い香りの風がふわりと流れ、まるでリボンのように、亜矢と彼を結びつけたようだった。
ドアを開けると、ピアノの音色がした。
「おかえりなさい」
リビングに入ると、ピアノの音が止み、姉の真理のおっとりとした声が迎えてくれた。
「お姉ちゃん、帰ってたの」
「ええ、今日はレッスンが早めに終わったの」
ピアノのふたを閉じ、真理はキッチンに向かった。
亜矢ちゃん、お夕飯何がいい?
「うーん…パスタがいいな」
二人で暮らしているが、家事はほとんど真理が担っている。
事に慣れているのだ。
「そうじゃあ、ペペロンチーノにしましょうか」
時間が自由になる仕事をしているせいもあるし、何より一人暮らしが長いため、家真理は食事の支度を始めた。
にっこりして答えると、「ねえ、お姉ちゃん」
一緒にキッチンに入り、亜矢は冷蔵庫を開けて、「百合って、うちにあったっけ」
「百合の花?」
トマトやレタスを取り出した。
サラダを作るつもりだ。
さすがにこのくらいならできる。
パスタを取り出し、鍋に湯を沸かしながら、真理が振り向いた。
「今はないけど。どうかした?」
「うん…百合の花って、どんな香りだったっけって思って」
「甘い香りね。ちょっと重くて、すごく甘い香りよ」
「やっぱり…」
レタスをばりばりと剥きながら、亜矢は頷いた。
百合の香りがどうかしたの?
うん…いい香りがしたの。だから、何の香りかと思ったら、「まだ百合には少し早いわね。切り花かしら」
「ううん。コロンかなんかだと思う」
「あら、すてきね」
友達が百合の香りだって
真理が微笑んだ。
「百合のコロンが似合うなんて、どんな人かしら」
「うん…まだよくわからない」
「わからない?」
「香りを感じたっていうだけで、どの人かよくわからない」
「そう…すてきな人だといいわね」
フライパンを出して、真理はオリーブオイルでニンニクを炒め始めた。食欲をそそる匂いが立ちのぼる。
「そういえば…亜矢ちゃんは子供の頃からいい香りが好きだったわね」
え?
「ええ。幼稚園の頃だったかしら…よく出かける支度をしたお母さんに抱きついて、お花の匂いがするって言ってたわ。
る時にはいつもローズの香りのトワレをつけていたから」

そう?
ほら、お母さん、出かけ亜矢はまるでそのことを覚えていなかった。
そうだったっけ…「そうよ。幼稚園の頃は、よくお花の匂いをかいでいたわね。
これはいい匂い、これはあんまり匂いがしないって」
楓の家に行こうとして迷子になったあの日。亜矢はとても甘くてすてきな花の香りを知った。
花の香り。亜矢はその香りをずっと探していたのだ
そうだった…亜矢の手を優しく引いてくれた人から香っていたこ。
思い出してきた。
「ひまわりとか朝顔の匂いまでかいでいた…」
「そうね」
真理がくすくすと笑う。
「薔薇の香りが好きだったみたいね。
うちには、お父さんが育てている薔薇がたくさんあったからかしら」
実家の庭には、ほとんど薔薇園と言っていいほどの薔薇があった。しかし、百合の花はなかったような気がする香りだろうなとは思ったが、すぐにこの香りとぴんとこなかったのもそのせいかもしれない。
「お姉ちゃん、ニンニク焦げちゃうよ」
「あら、大変っ!」
百合の香りと言われて、いい真理が慌ててガスを止めるそして、亜矢の手元を見て言った。
「亜矢ちゃん、そんなにたくさんのレタス、どうするの?」
「亜矢」
一般教養である文学概論の講義が終わった講義室で、「おはよう、真美子。いたの」
「おはよ。ねぇ、亜矢。この前の…情報入ったよ」
「この前?」
亜矢は後ろから肩を叩かれた。
席から立ち上がって、亜矢はファイルノートをまとめた。

Mom

郁美はいったいどんな下着を着けていただろう?)と考えても、まるで思い浮かばなかった。郁美とは今でも同じ寝室で寝ているし、週に1度くらいはセックスもする。だが、妻の体を引き寄せるのは布団に入ったあとで、一から服を脱がせることなどない。パンティー1枚になった有希子がバスルームに向かった。俊治も急いで服を脱いであとを追った。俊治が浴室のドアを開けたとき、有希子は備えつけのタオルで肩まである髪を器用にまとめ、ちょうどシャワーの栓をひねったところだった。ジャクジーバス、試してみる?いいよ。時間がもったいない。俊治は有希子の手からシャワーノズルを奪い取ると、彼女の首筋から胸、そして股間へとシャワーを向けた。
動画:Mom

「何だっけ」
「この前の、ほら、カフェのイケメン准教授」
ぐるりと机を回って、真美子が亜矢の隣に並んだ。
二人は並んで歩き出す。
講義が別の楓とは、この後、カフェで待ち合わせることになってい「アクアの先輩に聞いたの。
数学科じゃないけど、理学部の先輩がいて」
真美子はバッグからスマホを取り出した。
「えーと…あ、これこれ」
ラインの画面を出す。
画面をのぞき込む
数学科の准教授でイケメンと言ったら、「貴城先生…」
たぶん貴城さんだと思う…だって
亜矢はその名前をそっと繰り返した。
「んで、ここで終わらないのが、真美子ちゃんなんだな」
真美子が得意そうに言う。
たかあき「フルネームは貴城誉明年齢はたぶん三十代初めくらい。
専門は関数解析学。
何だか、わからないや」
講義棟を出て、右に進むとカフェがある今日は少し雨混じりなので、テラス席は開けていないようだった。
椅子が屋根の下に片づけられているそれを見て、真美子がきょろきょろとテラスを見回した。
「楓、どこかな」
「中にいるでしょ」
いつもはテラスにあるテーブルと亜矢はさっさとカフェの中に入った。
「楓」
しとしとと降る霧雨の中、傘も差さずに来たので、髪が少し濡れている窓際の席に楓がぽつんと座っているのが見えた。
カフェの中を見回すと、「あ、いたいた」
真美子も楓を見つけて、二人は楓が座っていたテーブルについた。
「遅いよ!」
「ごめんごめん。講義が終わったところで、真美子の秘密情報を聞かされてたの」
限りある昼休みだ。オーダーを待っていた楓の分も含めて三人分のランチをオーダーして、亜矢は楓に謝る。
でも、楓。外で待っているんじゃなくて、テーブルについているあたり、楓もだいぶ進化したじゃない
お嬢様の楓だ。地元にいる頃は、とても一人でカフェに入ることなどできなかった。ここは普通のカフェではなく、大学関係者しか入ってこない特殊な施設ではあるが、それでも、楓が一人でこういうところに入れることができるようになったのだ。これは進化と言うべきだろう。
「ねぇ、亜矢も真美ちゃんの情報聞いたんでしょ」
「ええ。数学科の貴城准教授について。しっかり聞かされた」
「亜矢、箭野先輩のこと、子供だって言ったんだって?」
フォークを取ってつつきながら、真美子が言い出した。
ランチのサラダが運ばれてきた。
で、もっと大人がいいんだって?

「楓」
亜矢がぽつりと自分の理想を話したのは、「しゃべったのね」
楓だけだ楓はいい子なのだが、こんな風に少し口が軽いところがある。悪気があるわけではなく、ただ言っていいことと悪いことの垣根がひどく低いのだ。友達だと思ったら、何でも話してしまうところがあるきゅっと亜矢ににらまれて、楓は首をすくめた。
「…ごめんね」
楓がこういう子だと知っていて、亜矢はつき合っているのだ。
「…いいけど」
「じゃあさ、亜矢、貴城先生なんて、好みど真ん中じゃないの?」
今日のランチはツナとチーズのホットサンドだった。
「あの通り、イケメンだし、大人だし」
「何か…イケメンっていう言い方、違うと思う」
冷めないうちに早速頬張る。
亜矢は首をかしげた。貴城の端正なルックスは繊細で知的で、おっとりと落ち着いた
そういうんじゃなくて…「あ、噂をすれば」
イケメンという簡単な言葉で片づけてはいけない気がした。
もっと繊細で優しいイメージだ。
真美子がはしゃいだ声をあげた。
「え?」
真美子の視線の先を追うと、ちょうど傘を畳んで、カフェに入ってくる貴城准教授の姿があった。立ち上がると、彼はすらりとした長身だった。
ゆったりと長い足を運んで、彼は、店内の真ん中にあるオーバルテーブルに座った。顔見知りになっているらしい学生バイトのウェイトレスにコーヒーをオーダーする穏やかな声が聞こえる。低くてまろやかな、大人の男性の声だ。

亜矢、やっぱりかっこよくない?