元・制○コレ一期生裏デビュー 後編

メチャカワで相当綺麗な女優さんで、パイオツもかなりのものです!橘いずみちゃんは元芸能人で、撮影会までしてるんですが、縛られて、ぶっかけられて、ファンのザーメンをたっぷりかけてもらい、お礼に潮をファンにかけちゃいます!後半は、本番の絡みでも集まった素人撮影者のチンポを次々連続フェラ、そして巨乳をいかしたパイズリっ!!生チン挿入されて中出し、ぶっかけられ放題のいずみちゃん!キラキラ輝いてるね!
動画:元・制○コレ一期生裏デビュー 後編

真美子の声の高さにびっくりしながら、亜矢は慌てて首を振る真美子の声は高くてよく響く。店内の視線が亜矢たちのテーブルに集まったはっと顔を上げると、ちょうどこちらを見た貴城と目が合ってしまった。
栗色をしたきれいな瞳だった。メガネの奥から、優しく亜矢を見つめている。
「真美子ったら…っ」
こ。
「もうっ」
いつも微笑んでいるような優しい口元も印象的だ。
彼がにこりと微笑んだ。この前と同じように、亜矢たちを眩しそうに見ている「あの…っ」
「あの…数学科の貴城先生ですか」
と、真美子がふいにぴょこんと立ち上がった。
亜矢が止める間もなかった。
真美子はぱっと頭を下げて、貴城に二、三歩近づく。
突然話しかけられて、貴城はびっくりしたように目を見開いた。ハーフのように色素の薄い栗色の瞳が、自分が溶けてしまいそうな気がしていた。恥ずかしくて仕方がなぃ。
「ええ。貴城ですが」
じっと亜矢たちを見る。
亜矢は今にも落ち着いた低い声だった。滑らかな柔らかい声だ。
君たちは、僕のところの学生ではありませんね?
「はい。私たち、文学部と教育学部なんです」
物怖じせずに、真美子が言った。
よくここに来るんです。先生のことも「ああ、そうですか」
よくお見かけしていて
知らない学生に声をかけられても、彼はおっとりと優しく応じてくれている。
僕は文系学部は教えていないから。そうか、ここなら確かに毎日のように来てい「いつも先生のことかっこいいなって言っていたんです」
「真美子っ、失礼よっ!
すからね」
亜矢は赤くなったり青くなったり忙しい。
楓のこと、言えない:東京の共学を出た女の子は、「それはありがとう」
ここまで積極的なのだろうか。
亜矢の周りに、こんな風に男性に声をかける女の子はいない。
彼はくすっと笑って、少し気恥ずかしげに首をかしげた。
でも、僕程度ならいくらでもいるでしょう?僕なんか、背が高いだけですよ
柔らかい優しい言い方だった。
「数学しか興味のない理系オタクです」
そして、彼は軽く会釈すると、ちょうどコーヒーを運んできたウェイトレスに軽く頷いた。
美子もぺこんと頭を下げて、席に戻った。
「真美子、何やってるのよ…っ」
席に着き、いつものようにパソコンを取り出す。
真声を潜めて、亜矢は真美子に強く囁いた。
失礼じゃない2
何で?かっこいいから、かっこいいって
真美ちゃん、すごい楓が目をまん丸くしている。
先生に声かけるなんて…

「へへ。優しい先生だっていうから」
どうやら、真美子は情報を小出しにしていたらしい。大急ぎでホットサンドを食べ終えて、真美子は亜矢たちの方にぐっと顔を寄せた。
「理学部の子からの情報。研究者っぽい、すごく優しい先生なんだって。もちろん研究には厳しいけど、怒ったり、いらいらしたりしてるのは見たことないって」
「だからって」
モラリストの亜矢には、真美子の行動が信じられない。
「先生にいきなり失礼じゃない」
「怒ってないみたいだから、いいじゃん」
真美子はにこにこしている。
あ、名乗っておけばよかった。今からでも…「もう、真美子1、行くわよっ」
彼がこちらを見ている気がした。
て、当たり前だ。
自分のことを言われているのだから。
亜矢は耳まで真っ赤になって、真美子を引っ張るようにしカフェを出た。
温かく、柔らかな視線を背中に感じながら

しらかばまるで高原のリゾートのようだ。
聖蘭のキャンパスは自然が豊かだ。
「軽井沢」
白樺が風に揺れているところは、ゆっくりと流れていテニスの合宿で何度も行った軽井沢の高原を思い出した。
く。さらさらと吹く風が気持ちよかった。
「また行きたいな…」
亜矢は青く晴れ上がった空を見上げる。
白い雲がちぎれながら、結局、サークルはテニスすることもなくやめてしまった。

ニューハーフ旅館:女将と娘 第2話

話題沸騰?・・・『ニューハーフ旅館:女将と娘』第2話の登場です。美人女将?亭主?役にはスレンダーの身体に爆乳を持つニューハーフちゃん、七瀬舞ちゃんの登場です。旅館に泊まった、お客さんを接待していると、酒に酔ったお客にセクハラ受けちゃいます。そして、混浴温泉に一緒に入り、フェラチオやら、アナルファックで、ガンガン突かれ、アナル中出し !そして、ラストは温泉で、過激オナニーで豪快に発射!!
動画:ニューハーフ旅館:女将と娘 第2話

ルックスのいい亜矢をサークルの先輩たちは手放したがらなかったが、亜矢の決心の方が固く、ようやく先輩たちもあきらめてくれたようだった。しかし、楓はサークルに残った真美子に引っ張られる形で、やはりサークルに残っ「まぁ…おかげで、こうして一人にもなれるんだし」
子犬のように、亜矢にくっついてくる楓。うっとうしいと思うことはなかったけど、さすがに大学生にもなると、はさっき真美子が呼びに来て、一緒にサークルの活動に出て行った。今日は初めてコートに入るのだという。
一人の時間もほしくなる。
楓でも飲み会がメインのサークルでするつもりにはなれなかった。
いずれ、どこかのサークルかテニススクールにでも入ろうテニスは好きだ。
と思っていた。
遠くにボールの弾む音と歓声が聞こえる。
「…え」
テニスコートから風に乗って聞こえてくるようだ亜矢は微かな違和感を感じた。
楽しげなテニスの音ではない音が聞こえてくる。
その音の中に、「どこ?」
亜矢は耳がいい子供の頃から姉の真理とピアノをやっていて、中でも調音が得意だった。どんな和音を鳴らされても、かわかった。ピアノは手が小さすぎてうまく弾けなくて、結局やめてしまったけれど、耳の良さは生まれつきだ。
「ピアノの音」
すぐにそれがどんな音風に乗って聞こえてきたのは、「何の曲かな…」
間違いなくピアノの音色だった。
リズミックで歯切れのいいメロディが軽やかに響いてくる。
どこかから聞こえてくるピアノの音色。
「きれいな音」
それは聞いたことのない曲だった。
しかし、その揺らめきがまた妙に美しかった。
音は揺らめいても決ピアノの調律はきちんとしていないようだった。ふらふらと音が揺れる。
して濁ることはない。それだけ、弾き手の腕が確かだということだ。
誰が弾いているの?
この大学に音楽学部はない。音楽に関わる学部といえば、教育学部の音楽専攻だが、きちんと防音がされているはずだ。こんな風に聞こえてくることはないだろう。
「どこかな…」
その校舎はここから離れている。
それに、レッスン室ならピアノの音色は亜矢を誘う。
白樺亜矢は立ち上がった。不思議と心惹かれる音色だった。
の木立を抜けて、芝を踏み、校舎に近づいていく。

自分の耳を信じて歩き出す。
ふわふわと風に乗って、亜矢が足を踏み入れたことのない工学部の講義棟だった。
「まさか、ここから聞こえてくるの?」
出入りしているのは男子学生がほとんどだ。さすがに活発な亜矢も二の足を踏む。
ちに、亜矢は回れ右して逃げ出したくなるのを感じていた。
”どうしよう…“可愛らしい亜矢を見ながら、横を通り過ぎていく男子学生たでも、このピアノの音色は魅惑的だ。
軽やかなのに、タッチは深く音色はよく響く。
とぎれとぎれだが、すくい取れるメロディは華やかに美し「あの」
立ち止まっている亜矢に、「工学部に何か…」
「いえっ」
思い切ったように通りかかった男子学生が声をかけてくる。
亜矢ははっと我に返った。
ここは工学部の学部棟で、亜矢のような教養課程の学生が来るところではない。
それどころか、教育学部の学生が通りかかる場所ですらないのだ。
「あの、もしよかったら、コーヒーでも…」
少し勇気のある学生が声をかけてくる。
亜矢は慌てて、ぺこんと頭を下げた「ごめんなさい…っ」
いつの間にか、ピアノの音色は聞こえなくなっていた。
やはりピアノの音色が聞こえた。
聞き慣れたスタインウェイのグランドピアノの音色だ。
ドアを開けると、

村井 修吾

だから別れました。だけど、今回バイブを挿れられたときみたいに、それで感じてたんじゃないのか?わたし、そんな痛いことで気持ちよくなったりしません!彼女自身はマゾというわけではないらしい。だが、相手のサディズムを大いに刺激するのは間違いない。うことをしたくなったのも無理はないと、富田は大いに共感した。彼氏がそうい自らの性質を、マリ子はもちろん自覚していないのだろう。
動画:村井 修吾

「お帰りなさい」
リストの「愛の夢」に混じって、姉の声が聞こえた。姉のタッチは柔らかく軽い。
のピアニストだ。美しく最後の音を響かせて、ぱたりとピアノの音が止んだ。
「早かったのね」
「うん…」
どちらかというとパワーよりもテクニックで聞かせるタイプ亜矢はキッチンに入って、冷蔵庫からコーヒーのボトルを取り出した。
「お姉ちゃんもアイスカフェオレにする?」
「あら、すてき」
少し考えてから、冷たいミルクのボトルも取り出す。
真理もキッチンに入ってきた。
「ねえ、お姉ちゃん」
亜矢はグラスを二つテーブルに置いた。
溶けている。
「この曲知ってる?」
中は白とコーヒー色のきれいなグラデーションになっている二つの色の境目がとろりとべ-ジュ色に亜矢は今日耳にした曲の断片をハミングで歌ってみた。
これでも耳はいい方だし、音程も確かだ。
姉の折り紙付きである。
「あらジャズね」
さすがにピアノ教師である。すぐにわかったらしい。
ジャズ?
「ええ。私が弾くとクラシック風になっちゃうけど」
真理はくすっと笑って、リビングに戻り、ピアノの前に座った。すぐに亜矢がハミングした曲を弾き始める。確かに、あのとき耳にしたメロディと同じ曲だ。タッチは少し違っていて、あのピアノよりもメロディラインがしっかりして、いかにもクラシカルだったが「…なんていう曲?」
真理が弾き終わるのを待って、亜矢は尋ねた。
「バド·パウエルの名曲rクレオパトラの夢よ」
クレオパトラの夢
タイトルと中身はあんまり関係ないみたいだけど。
でも、おしゃれですてきな曲よね。
私、ジャズはうまく弾けないんだけど、聞くのは大好き「ジャズピアノ」
確かに、こうして改めて聞いてみると、あのピアノはもっと軽快で、「亜矢ちゃん、ジャズを聞くの?」
「ううん、そうじゃなくて、大学で聞いたの」
「大学で?亜矢ちゃんの大学、音楽学部あったかしら」
「ないわ」
自由にメロディを遊んでいた。
ジャズだと聞いてみると、納得できた。
亜矢はキッチンに戻って,グラスを手にした。コーヒーの香ばしさとミルクの甘さがとろりと溶け合って、ヒーは抜群だ。

「聞こえたのは、工学部の講義棟の近くだったの」
「工学部?」
とてもおいしい。
やはり、姉のコ真理はきょとんとしている。
「あらあらCDか何カかしら」
「あ、そうかCDか…そういう考え方もあるわね」
亜矢は頷いた。そして、小さく笑う。
「お姉ちゃんのピアノ聞き慣れてるからかな。ピアノ聞いたら、でも、何処ともなく聞こえてくるピアノなんて、すてきね」
すぐ生だって思っちゃうCDなんて考えもしなかった
真理の口癖は「すてき」。日常生活の中で幸せを探すのが、真理はとても上手だ。
「ねぇ、亜矢ちゃん、そのピアノ、もし、生で弾いている人がいるとしたら、すてきだと思わない?」
「うん…」
いろいろなことが亜矢の頭の中を駆けめぐっている。
ふと風に乗ってきた百合の香り。
ふと風に乗ってきた妙に爽やかな顔を見せる箭野浩輔。
「クレオパトラの夢」。
穏やかな笑みの貴城准教授。
奪われたファーストキス。
「…お姉ちゃん」
亜矢はぽろりと言った。
「何だかわからないことばっかり」
「え?」
亜矢はアイスカフェオレをそっと飲んだ。
わからないことばっかり「亜矢ちゃん」
真理が優しい声で言った。
「わからないことがあるから楽しいんじゃないかしら」
「お姉ちゃん」
「わからないことが1つずつわかっていくから楽しいんじゃないかしら」
真理らしい言葉だった。亜矢は少し首をかしげてから、「…そういうことにしとく」
こくりと頷く「あっつい…」
陽射しが真上から射し込み、頭の上が熱い。
まだ梅雨の時期なのに、雨が降らないとすでに真夏の暑さだ。
風が止まっていた。
「亜矢」
楓が後ろから追いついてきた「やっと同じ講義だね」
「うん…」
ここ数日、亜矢と楓の講義は重なっていなかった。
楓、一人でもちゃんと大学生活してるじゃない
「え!」
楓がサークル活動を始めたために、会うことも数日ぶりだ。
楓が照れたように笑う。