渉君炸裂オナニー

只今人気沸騰中の苺みるくちゃん登場です!見知らぬ土地のバーで働くミルクと呼ばれる娘に恋をしてしまった日本人の青年が見事彼女とベットインする事に成功するという物語です。ウエスタンハットに挑発的な赤いミニでのファックは迫力満点で、正直ティッシュが何箱あっても足りないでしょう(笑)。こんなにかわいいみるくちゃんが、アナルが丸見えになるほどの大開脚を披露し、黒光りする巨根を咥え込み悶える様はまさに僕らにとって、天使なのか堕天使か・・・ご自分の眼でご確認ください!そして堂々の3人プレイに挑戦です!Wフェラで彼女の性技に舌鼓を打つのもいいですが、挿入されながらのフェラもなかなかオツなものでしょう?!気になるフィニッシュは・・・ご期待ください!!!
動画:渉君炸裂オナニー

ああ、もっと、もっと泉美さんに触れたい…ううん、もっと、もっと理紗先生を知りたい…つながった口女教師と女生徒の左手が同時に動き、交差して、相手の腹に触れた。相手の行動が自分と同じと知って、二人は腹をへこませて、スカートの間に隙間を作る。
先に手を挿入したのは、また生徒が先だった。
り、左手がスカートの中に潜りこむ。
ブラウスの裾の表面を滑理紗はキスをほどき、そこで、手が止まった。
美の耳にささやいた。
「パンティの中に入って」
行き先を迷っている。
泉泉美が目を見張り、うなずいた。
ありがとうございます、理紗先生スカートの中で指が動く様子が、布の表面に映っている。理紗は気が遠くなるほど陶然とした。
(おかしくなりそう…いえ、もう、わたしはおかしくなっているんだわ。
走っている電車の中で、自分のクラスの女子に、胸とスカートの中を触らせている。わたしも、泉美さんも、おかしくなっている、ああうー)ついにパンティの中に、指が入ってきた。
下腹部の皮膚に、指紋の溝の
一筋一筋が感じられる気がする。まだ恥丘にすら指がとどいていないのに、腹や腰が熱くなり、せつなく溶けていく。

わたしも、泉美さんに触れたい。わたしが触れたら、泉美さんはどんな顔をしてくれるのかしら?理紗も左手を、泉美の制服のスカートの中に滑りこませた。毎日教室で接する樫山学園の制服を相手にしていると思うと、やはり罪深いと感じる。
でも、もう止められない。教師の職業倫理より、教え子の身体を探りたいという欲求がはるかに勝っている。
パンティの中に指を入れるああ、すべすべだわ。若い。
若いわ。
これが女学生のおなかなのね
皮膚を通して、内臓の存在を感じられた。生命の躍動が伝わってくる。
泉美の指は、パンティの中に入ったまま先へ進もうとしない。
わたしを待っているのね。
ここは教師が先に動くべきなのね
理紗はそのまま指を進めた。鋭敏になった指先が、体温の変化を感じ取り、普通の肌とは異なる、湿った狭い隙間に入りこむ。
ああ、泉美さんの中に入ったんだわ指先が泉美の秘密の体温を吸収して、理紗の全身が火のように熱くなっ理紗の指が小さな突起にとどいた。
高熱の中で、「あんっ!」
指先が触れただけで、泉美の全身が悶える。清楚な美貌を赤く染めて、成績優秀なお嬢様は、あこがれの女教師に告げた。
そこ、わたしのク…声が、一段と細くなる。
しかし理紗の耳にはっきりと伝わった。

クリトリスです。
つづきを聞くまでもない。
そこを…泉美の告白に、理紗は内心驚きながらも、ゾクゾクする興奮を覚えた。
求めている。
女の一番敏感なところを、担任にいじってほしいのね…
たった一度の初体験で、泉美は、自分と同じように調教されてしまったのかもしれない。そう思うと、理紗は暗澹たる気持ちになる。それでも泉美の願いをかなえたい。
理紗には慣れた指づかいは無理だ。思いをこめて、皮に包まれた小さな粒を何度もひっかくだけだ。
あひつー人さし指の先で、包り、理紗先生、はうつーんあああ…
泉美の全身が小刻みに震え、濡れた唇から可憐な喜声が連続する。

痴女系女優は生が好き

オイルを塗りまくりのオナニーシーンは、とてもいやらしい!痴女プレイからスレンダーな身体をいじくり回す。帽子をかぶりながらの、痴女プレー顔面にまたがり腰をクネクネくねらせるホテルでラブラブな絡み、クンニでまんこを舐めまわし、お返しの玉まで舐める超変態プレー!お口にもザーメン、まんこにもザーメン!こんなかわいい、桜庭彩ちゃんとのSEXは、チンコがギンギンになりぱなし!!
動画:痴女系女優は生が好き

艶めかしい以上に愛おしさを誘う少女の姿態に、理紗は脳が沸騰した。本当はいけないことだとわかっていても、自分の生徒をもっと鳴かせてみたくなクリトリスの先にあるところを…左右から、粘ついてぷりぷりとしたものがから指をさらに前進させた。
まってくる脳裏に、泉美の女性器の姿が再現された。花びらのような肉襞が、指を出迎えているのだと意識した。あらためて女性器の精密な構造に、深い感銘を受ける。
肉の花弁の中心で、指が穴の縁に触った。
声を出す「ああっ、ち、違います。それは、あの」
尿道口ね。あ、ごめんなさい
泉美があわてて羞恥に満ちたつい正確な名前を声に出してしまい、理紗は急いで指を移動させる。
かし膣口の縁に触れて、急に不安に捕らわれ、指が止まった。
泉美さんは一週間前に処女を失ってから、一度もしていないはずだわ。
を入れて、だいじょうぶなのかしらし指指先から理紗の懸念が伝わったかのように、泉美が微笑んだ「平気です。ああ、早く、理紗先生の指を入れてください」
「いいのね。入れるわよ」
はい、んんっし人さし指が入った途端、泉美はまぶたを固く閉じて、る。今度は泉美のローファーの踵が、床をひっかいた。
全身をつっぱらせ理紗は、人さし指を四方から締めつける膣壁の圧力に驚嘆した。手で強く握られているようだ。
すごい力だわ!それに、なんて熱いの!女の中は驚異だわ、あつ「ううんっ!」
理紗も嬌声をあふれさせた。
泉美の人さし指が、一気に膣に潜入してく女生徒の人さし指は、当然、喜四郎のペニスに比べて短くて細い。それなのに理紗のために創られたようにしっくりと収まり、膣だけでなく全身が充実した指は動いていないのに、それを中心にして、快感の波紋が体内に広がっ
ていく
あああ、泉美さんの指で、わたしの身体がいっぱいになっているわ。あんん、たまらない!
わたしもです、理紗先生。

んぁああ、先生に指を入れてもらって、はじめてわたしの身体が、あふつ、完成した気がします。ああ、理紗先生3「ひぃっ!」
泉美の親指の腹が、いきなり理紗のクリトリスをこすった。同時に膣に埋まった人さし指がくねりはじめる。意図して親指と人さし指を動かしているのではなく、感極まった無意識の行動だ。
膣と陰核という女の二大急所を同時に責められて、理紗は全身を悦楽の大波にどっぷりと浸される。
はひいっ、い、泉美さん、あっ、あうっ、気持ちいいっし自分の生徒から与えられる喜悦に溺れ、同じことを生徒の身体に教える欲望に、抵抗できなくなる
あああ、泉美さんも感じて!先生の指で、もっと気持ちよくなってし親指で幼い肉の真珠を上下左右にこすり、人さし指で膣壁をひっかいた。
さらに今まで泉美のブラジャーに潜らせたまま動きを止めていた右手を再び動かし、左乳首をこねまわす。
三か所を一度に愛撫されて、泉美は理紗によりかかった。
理紗先生、身体中が気持ちよくって、シャボン玉みたいに弾けそうですはぁああっ、いいっ、気持ちいいのっし快楽の訴えを何度もくりかえしながら、泉美も右手の指の動きを再開した。なにも考えずに、勃起乳首を強くひねりあげる
痛い!痛いけど、気持ちいいわ!
理紗の口から、矛盾した言葉が飛び出す。乳首から鋭い痛みが走るがすぐに新たな深い快楽へと変化した。豊乳の内側がぐずぐずに蕩けて、よじれた乳首から母乳となって噴出する幻想に捕らわれる乳房の歓喜に、下半身が反響して、理紗のむっちりした尻たぶの筋肉が強烈に引き締まった。膣壁がさらにきつく、教え子の人さし指を食い締め「あんんんっ、きついです、先生っ!
指がちぎれそうですぅ!」
悲鳴を上げながら、泉美も太腿をこすり合わせ、担任教師の人さし指を締めあげる
はひぃぃ!泉美さんもきついわ!締めつけられて、指まで感じる
互いに乳首とクリトリスと膣の奥を責め合う女教師と女生徒は、ブレキが壊れた超特急となり、終点へ向かって突進していく。相手の快楽を高めれば高めるほど、自分の官能の悦びのスピードが増す
先生、わたし、わたし、あああ、もう、もう、弾ける、弾けちゃいます
わたしもよ!
はっうんんーいっしょに、二人でいっしょに、弾けましょう!-列車が大きく揺れた。ローカル線ならではの古い車両が、これまた古い鉄橋の上に入った。車両の振動が増幅し、走行音のボリュームが高くなる。
理紗と泉美の身体に外からのエネルギーが与えられ、内なる官能の力と共鳴した
あああああああっ、弾けるううう,??????っ!!
ほおおおおおうつ、弾けちゃうぅ,?????うっ!!
どちらが自分の出した絶頂の声なのか、わからなかった。
両手をブラジャーとパンティに入れたまま、合い、朱色に染まった頬と頬を密着させる。
ああああ、んんんん…
はううう、むむむむ…美女と美少女は身体を寄せ息もぴったりに、の余韻に酔いしれながら、二人は唇を求め合い、舌を結び合った。
エクスタシーディープキスを楽しみ、鉄橋が終わった。
悦びを分かち合う。
車両の揺れがおとなしくなりキスが離れると同時に、走行音が静まる
はぁあえ!?-
ふうう…ああっし二人が自分たちだけの世界から出ると、いくつもの顔が映った。
高校生くらいから老人までの男女がクロスシートのまわりに集まりじっと見つめている。

素人カップルがカメラの前でHをやると・・・

スレンダー体型なのにフェロモンはたっぷりの桜庭彩ちゃん!某ファッション雑誌のホンモノ読者モデル!そんな彼女の1)マンコにぬるぬると大量にオイルを塗りたくり、何度も何度も痙攣してイキまくる激淫オイル&バイブオナニー、2)「早く舐めなさいよ」と2人のM男を挑発して責めまくる、痴女風の超腰振り顔面騎乗&淫乱フェラ、3)そして恋人風ラブラブホテルセックスが見れる濃い~~この一本!いろんな彩ちゃんをたっぷり楽しめます! (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと
動画:素人カップルがカメラの前でHをやると・・・

子供がいないのは、良識のある大人が追い払ったからだろう注がれる視線には、好奇、欲情、嘲笑、るが、好意的なものはひとつもなかった。
侮蔑と様々な感情がこもってい理紗と泉美は言葉を失い、あわてて互いの胸とスカートから両手を引き
抜いたが、今さらそんなことをしても、恥が消えるわけがない。
絶頂の叫びは、車両内に轟き渡っていた。
女二人のしかもスカートから出てきた理紗の左手は、泉美の愛液でべっとりと濡れている泉美の左手からも、理紗の淫蜜がぽたぽたと滴り落ち、スカートに染みを作った。
な、なんとかして-制服のプリーツ理紗は救いを求めて、喜四郎を見つめただが二人に恥態をさらさせた真犯人は、まるで野次馬のひとりであるかのように、ニヤニヤと横長の唇を歪めて、残忍な視線を返してくる視線の針の山にかこまれ、どうしようもなく身を縮める二人を乗せて、列車が駅のホームに滑りこんだ。停車した瞬間に、喜四郎が座席から立ち上がり、理紗と泉美の手首を握った。
喜四郎が通路に集まった乗客たちを遠慮なく押しのけ、突き飛ばして開いた扉からホームへ出た。腕をつかまれた理紗と泉美も、キャリーバッグのごとく引きずられて、車外へ降ろされる外に出た理紗たちを見つめる車内の人々から、なにか声が上がったときには、扉が閉まった。
列車は次の駅へと旅立っていく。
理紗と泉美と喜四郎だけが立っていた。
ホームには、がらんとしたホームに立つ白い駅名標には、理紗と泉美が知っている地名はなかった。周囲に見えるのは、のんびりとした田園風景だ。青々とした水田が連なる中に、申しわけのように商店街らしき街並がある喜四郎はまたもピクニックに来たように、陽気な声をホームに流した。

「さて、駅から出て、買物をしよう。理紗先生と泉美くんに、新しいパンティを買ってやる。それからまた別の列車に乗って、愉快な鉄道の旅をつづけるぞ」
理紗も、泉美も、答える言葉を持たなかった。
暗い廊下を、理紗と泉美は横に並んで歩いていた。
廊下は、教師と生徒がともによく見知っている場所だ。
それなのに天井の蛍光灯の光がなく、壁や窓や床の細部が夜の暗がりに溶けこんでいるだけで、日常から切り離された異質な世界に感じてしまう。
ここは樫山学園の校舎の二階の廊下だった。
時間は、理紗と泉美が女同士の快楽に溺れてから半日後の、同日午後九
時だ二人の歩く方向から右側に、二年生の教室の壁があり、左側には校庭に面した窓が並んでいる。二年四組の担任教師と生徒である二人にとって、毎日行き来している場所が、異世界に思えるのは、夜の暗さのせいだけではなかった。
原因は、理紗と泉美自身の境遇にあった。
二人とも下着姿だった。ブラジャーとパンティを身に着けただけのあられもない姿で、暗い廊下を並んで歩いている。
いつも二人が愛用している清楚で飾り気のな純白のものではない。真紅だ。光沢のある赤が、窓の外から射すわずかな光を、ヌラヌラと乱反射している。
サイズは極めて小さい°ジャーに収まっていない。
て露出したデザインだ。
FカップとDカップの乳房は、下半分しかブラ乳首はギリギリ隠せるが、乳球の上半分はすべちょっとでも大きな動作をすれば、乳房全体が肩のストラップもなく、外に転げ出るだろう。
パンティはもっとたいへんなことになっている。真紅の小さな逆三角形を股間と尻に貼りつけて、細い紐で両サイドを結んだしろものだ。
いつもならへその近くまで隠れるパンティを愛用する理紗と泉美が、前は恥丘のふくらみだけが隠れる程度。後ろは尻たぶの三分の一がはみだしているありさまだ。
望んで、セクシーすぎる格好をしているわけではない。喜四郎が用意して、着用させたものだ。これまで理紗には女教師らしいスーツスタイルを求め、泉美には女生徒の制服を強制していた喜四郎が、樫山学園の中では宗旨変えをした。
その喜四郎は、二人の背後につづいて、デジタルカメラをかまえて、蛙顔をニタニタとニヤつかせている。夜でも鮮明に撮影できると自慢した高価なカメラとは対照的に、安っぽい鼠色のスーツとズボンはよれよれだ。