スレンダー&エロ小尻ちゃんフェラテク披露&ヌードグラビアSP-さおり

AVに応募してきたギャルを面接して、そのまま感度チェックからハメ倒していきます!今回応募して来たのはカラオケBOXでバイトしているりんかちゃん21才。ローターで弄られて、剥き出しお豆のドアップ、お次はのどの奥までディープスロート!バック、騎乗位、正常位でガン突きされちゃいます!ザーメンをお腹に浴びて、お金が欲しいから頑張りますだって!
動画:スレンダー&エロ小尻ちゃんフェラテク披露&ヌードグラビアSP-さおり

まだ耐えられ理紗の苦悩に応えるかのように、膣をえぐられる痛みと、女芯を愛撫される快楽の境界が、急速に曖昧になっていった。自分でも気づかないまま苦痛は快感をともない、快感が苦痛に寄り添う。
理紗の前で喜四郎が会心の下卑た笑みをあらわにしている。
の目に映っていたが、その意味を探る余裕はない。
「そらっ!」
笑顔は理紗喜四郎がかけ声を上げて、「ひんっ!」
理紗の上体を前へ押した。
バランスが崩れて、理紗は膣の奥深くに肉棒を挿入されたまま、背後へ身体を傾けた。両腕を拘束されて、なにかにつかまることも、バランスを取ることもできない。視界が斜めになり、トイレの天井が目に映る。
倒れる!このまま背後に倒れれば、便器から落ちる。受け身を取れないまま、後頭部をコンクリートの床か木の仕切りに激突させるのは確実だ。悪くすれば致命傷になるかもしれない。
倒れるうつ-理紗は全身の筋肉をふりしぼり、腹筋運動の要領で上体を前に振った。
学生時代に鍛え、今もアスレチックジムに通って維持している筋力が、斜めになった身体を支え、勢いをつけて前へ投げ出させる。
「んんんんっ!」
まるで恋人の胸に飛びこむ少女のように、にぶつかっていった。
理紗は自分から喜四郎の身体喜四郎はあきらかに、理紗の反応を予見していた。飛びこんでくる恋人を受け止めるように、両腕で理紗の身体を強く抱きしめる。
理紗の口が、自分から求めるように突き出された。すかさず、蛙に似た幅広い唇が、美人教師の唇に押しつけられる。
「んんぷっ!」
喜四郎の前歯の間に布を噛まされている理紗の口の中へ、さらに喜四郎のぬめつく舌が侵入してきた。ジャムの瓶の内側にこびりついたかすを舐め取るように、痴漢教師の舌先が、布の隙間から口の中を舐めまわす。口蓋をこすられ、歯列の裏をなぞられ、舌同士をからめられる。
むんんんううっ!
汚された!

理紗は頭の中で悲鳴を上げた。
ファーストキスではない。大学生のときに、キスをするまでになった男がいた。理紗が大学の研究に熱中したために自然に別れたが、キスは幸せな思い出として残っている。処女膜を破られたこと以上に、自分を汚された屈辱を大きく感じてしまう。
喜四郎凌辱キスの嵐のなかで、再びクリトリスの快感が跳ね上がった。
に強く舌を吸われながら、指で官能の肉真珠を揉みこまれる。
うんんっ、んぉああ!
同時に、膣を貫く肉棒も、より激しく理紗を責めたててくる。今までほとんど動いていなかった喜四郎の腰が、便器を揺らして、理紗の股間を突き上げはじめた。
痛みの波が大きくなり、クリトリスからあふれる喜悦の波とぶつかり大きな渦を作る。
あああ、おかしくなる、おかしくなる、痛くて、気持ちよくて、身体が破裂しそう!ああっひぃぃぃ-正反対のものが混ざり合い、理紗の内側で大汚辱と快感、苦痛と悦楽、きな混沌が充満した。
そこへ最後の凌辱の矢が撃ちこまれる。喜四郎が理紗の舌を吐き出しわざと声に出して宣告した。
理紗先生、出すぞ!柳沢喜四郎の精液を喰らえっ!
「んんっ!」
射精される!わたしに射精される!だめっ!やめてぇっ、ひいクリトリスを強くひねられて、わずかな抵抗も封じられる。理紗の全身がビクと痙攣すると同時に、膣の奥深くに亀頭が傲然と突き入れられた「おおんっ!」
直後に、身体の中心で、爆発が起きた。亀頭の先端から、熱く、濃い粘液が猛烈な勢いで吐き出され、理紗の体内を強酸のように焼いていく。
本当に射精をされたのだと気づく前に、ショックを受けた理紗の意識が、肉体が誘爆した。
ふんんんんんんんっ!!
昨日のクリトリスの絶頂とも、ついさっきの乳房の絶頂とも全然違う。
苦痛の業火と快感の電撃がひとつになり、想像したことのないエクスタ
シーと化して、理紗の全身を揺るがし、打ちのめした。
意識は純白の閃光に焼きつくされ、思考はすべて蒸発した。ただ苦痛を包みこみ、苦痛を超えた快楽の頂点だけが、理紗のすべてを呑みこんでい喜四郎の腕に抱かれ、男根に貫かれたまま、理紗は失神した気がつくと、理紗は便器の蓋に腰かけていた。口の布と手錠はつけられたまま、下半身も露出したままだ。股間は自身の体液だけでなく、喜四郎の精液で汚れている目の前では、喜四郎がズボンを穿きかけていた。
理紗が流した破瓜の血はついていない。
同じ鼠色のズボンだがそのかわりに、喜四郎の足もとにある紙バッグから、赤い染みが散らばる同色のズボンの裾が覗いている。電車から持ってきた紙バッグには、着替えが入っていたらしい。

私の家で 愛川香織

可愛い八重歯がチャームポイントで、お椀型の可愛いおっぱいは見る人は全てを魅了します!今回AVに出演したいと、応募してきた女の子の家にイキナリ訪問!名前は香織ちゃん!突然のことに「え???!なに、今ですか??!」とかなり戸惑っていますが、取り敢えず家に入れてくれました。フェラするときも「ほんとにやるの?」なんて可愛く言ってますが、エッチな事が始まれば、エロい瞳でチンコを凝視しながら舐めてくれます!足コキはぎこちなさが堪んないっす!どんどんエッチなイイ顔つきになってきますね!準備運動は終わり!さぁ本物の男優さんともパコパコカラんでもらいましょう!!彼のことも、自分の家ということも忘れて、騎乗位で一心不乱に腰を振りまくって男優のデカチンをしっカリ堪能!!この娘の笑顔はチンコもハートも癒してくれます!
動画:私の家で 愛川香織

「気がついたか。今から布と手錠をはずしてやるから、騒ぐなよ。わかってるな、理紗先生理紗はうめき声も出せず、ただうなずくしかなかった。今は抵抗する気力など、かけらも残っていない。絶頂とともに、エネルギーをすべて持つていかれた。
トイレを出ると、すぐにホテルがあるから、そこで身体をきれいにするんだ。着替えも用意してあるから、安心しろ」
喜四郎が紙バッグに手をつっこんで、透明なビニール袋を出してみせた。
中には折りたたまれた女性用のスーツが見える
ボディコンや超ミニスカートやスケスケのパンティなんかじゃないぞ。
ちゃんと理紗先生が毎日着てるデザインの服を、選んで買ったんだ。理紗先生に変な噂がたつのは困るからな自分のしたことを棚に上げた身勝手な言い草にも、理紗は反応できな力一.喜四郎が紙バッグから、さらに白いタオルを出した。
便器の蓋に乗った理紗の下腹部に、布を押しつけてくる
んうっ!
いやらしく笑うと、理紗ははじめて反応をみせた。身体がピクンッとすくんでしまう。絶頂を迎えたばかりの肉体はまだ鋭敏で、ほんの小さな刺激も、大きく体内に反響した
喜四郎の手で、太腿や股間をふかれる。敏感な部分で布が動くたびに、大きな息があふれ、尻たぶや腹の筋肉が引きつった。その動きが、喜四郎を楽しませるとわかっていても、止めることはできない。
下半身をふき終えると、口をふさぐ布をほどかれ、手錠の鍵をはずされ理紗は見られながら、自分のパンティとスカートを穿き、少なくとも外を歩いても怪しまれない外見にはなった。
服を整える。
しかし、中身は違う。
身体がおかしい…具体的に表現できないが、自分の身体が別のものなってしまったようだ。
友人たちから初体験の話をいろいろと聞かされたが、そのどれとも比べようがない「さあ、帰ろうか」
喜四郎が個室のドアをいきなり開けた。
「あ」
と、理紗は声を上げそうになって、あわてて手で口をふさいだ。
「心配するな。トイレには誰もいない」
ずかずかと個室から出ていく喜四郎の後を追って、足を踏み出した。
理紗は恐る恐る外へ

グリーン車で恥をさらす午前八時ぴったりに、樫山学園の職員室に、理紗は入った。
髪はさりげなく見えるように、ていねいにとかした。顔はいつもと同じように、女教師らしい自然な化粧にした。衣服はダークブルーのスーツに膝下までのスカート、白いストッキングに黒いローファー。生徒の誰かがからかって言った、白木理紗のテンプレートだ。
他の教師たちと朝の挨拶を交わしながら、職員室をツカツカと横ぎり自分の椅子に腰かける。と同時に、背後から柳沢喜四郎が声をかけてきた。
「おはよう、理紗先生」
いつもの朝と変わらない挨拶だが、つづく言葉は小さく低められた。
「ひどいな、理紗先生。目の前に立っているぼくを無視して、黙って椅子に座っちゃうなんて」
理紗はデスクに置いた両手の指を、関節が鳴るほど握りしめた。
浮き上がった自分の拳をにらむ。
ぶん殴ってやりたい。できることなら血管が視線が拳から、その先にある大理石の文鎮に移動する。生徒が海外旅行のお土産にプレゼントしてくれたものだ。脳裏に、文鎮の先端を喜四郎の眉間にたたきつける幻想が浮かぶ。

そんなことはできない理紗はふりかえり、自分の処女を強奪した男へ顔を向けた。
「おはよぅございます、柳沢先生」
努力して、平静な声を出した。
他の教師に異変を悟られてはならない。
喜四郎がまわりの同僚たちに聞こえないように注意しながら、言葉をつづける「昨日の今日で、登校してくるとは思わなかったな。理紗先生が休んでもぼくは文句をつけないよ」
理紗も、どうしてもトゲトゲしくなる声を低くした。
「仕事を休んだら、柳沢先生に負けたことになるわ。そんな情けない自分の姿など、見たくもない」
昨夜はひとりでマンションにもどってから、ショックで泣くこともできなかった。明け方まで、畳の上にじっと座りこんで、呆然としていた。このまま自分という人間が空っぽになるのかと思った。
いつの間にか、魂を失ったように11時間弱だけ眠って、朝の七時に自然と目を覚ました。いつもの日々と変わらず、定時に身体が起きたことで、理紗は自分が変わっていないと自信を持てた。
ようやく気力が回復すると、冷蔵庫にあるもので朝食を作り、いつもより多くの量を腹につめこんで、登校してきたのだ。
「すばらしいぞ、理紗先生。それでこそ、ぼくの女神だ。男女の関係になっても、校舎の中では、ぼくと理紗先生は今まで通りのただの同僚だから注意してくれよ」
つまり、黙っていろ、「それは、わたしの」
と釘を刺したのだ。
理紗の言葉を無視して、喜四郎は自分のデスクへ向かって歩きだした。
そのままふりかえることもなく、椅子に腰を下ろして、数学の専門雑誌を読みはじめる。確かにいつもと変わらない柳沢喜四郎だ。

あの大人気美人妻に裸でエプロンを着せました

AVに出演したいと応募してきた女の子の家をイキナリ訪問!名前は香織ちゃんといって、ケーキ屋さんでバイトしているとぉっても可愛い普通の女の子!え!彼氏もいるのに、AV出演なんていいんですか?!突然のことに「え???!なに、今ですか??!」とかなり戸惑っていますが、お構いなしに早速どんなもんかハメ撮りでフェラしてもらいます!「ほんとにやるの?」なんて今更言ってますが、大きな瞳で見つめてくれながらぎこちなく開始!やったことのない足コキにも挑戦してもらいました。だんだん顔つきがエロくなってきてますね~。そしたら本物の男優さんともカラんでもらいましょう!慣れてきたのか、もう目はさっきと違ってエロ女の目です!こんな感じでカレともこの部屋でえっちしてるんでしょうか?!我を忘れて騎乗位で腰を振りまくって超堪能!初AV体験、恥ずかしかったけど、気持ちよかったよね~!? (ドリームルーム社提供配信:カリビアンでないと)
動画:あの大人気美人妻に裸でエプロンを着せました

理紗は口から出かかった言葉を呑みこみ、ホームルームで報告する事項の確認をはじめた。本当のところ、自分がなにを言うつもりだったのか、わからなかった。
今は新たな懸念が、頭の中を占めている。処女を失って、はじめて生徒たちの前に立つのだ。立ち居ふるまいの変化を読み取られないかが心配だった。
月曜日に処女を奪われてから、一週間は何事もなく過ぎた。
理紗は警戒していたが、本当に喜四郎は樫山学園の中でも、放課後もなにもしてこなかった。
は接触してこない。
職員室で顔を会わせれば挨拶はするが、それ以上一度やってしまったら、それで満足なのかもしれない、ようになり、安堵しかけていた。
と理紗は考えるしかし、このままでは痴漢グループを探り、という目的も果たせない、と心配にもなった。
を奪われたのか、わからなくなる。
生徒たちの映像を処分するそれではなんのために処女二度とあんなひどい目にあわないですむのなら、そのほうがいい、思いかけている自分に気づき、自分を責めることもある。
とも葛藤と矛盾を抱えた日々が過ぎて、朝食を終えて、迎えた日曜日の朝に、電話が鳴った。
新聞を読んでいた理紗は、電車の走行音だ。
なにも考えずに取った。
最初に聞こえたのは、ホームに入ってきて停車する音
だろうか。
それだけで、心臓の鼓動のスピードが倍になった。
予想通りに、つづいて喜四郎の声が、「理紗先生、おはよう」
「な、なに!?」
耳の穴に流れこんでくる。
と、言ったきり、理紗は言葉をつまらせた。
逆に喜四郎の言葉が、よどみなく受話器から出てくる。
「今から電車に乗って、西岡駅の北口改札へ来るんだ。ぼくはもう待っているからな。女の外出の準備を考えて、一時間以内に来ないと、理紗先生以外の女の子が困ったことになるぞ。どんな格好で来るのか、楽しみにしてるよ」
一方的に用件を押しつけて、最後に電車の発車音を残して、電話は切れ複数の路非日常の路線へ乗酉岡駅は、理紗のマンショの最寄りの牧坂駅の近くにある、線が交わる駅だ。理紗の日常である通学用の路線から、り換えられる駅ということになる。
理紗は深い不安に沈みながら、着替えをはじめた。
酉岡駅の構内は大勢の人々が行き交っていた。

それでもどこかゆったりした空気があるのは、日曜日なので通勤通学に急ぐ人たちがいないからだろう休日らしく様々な年齢の男女が出入りする自動改札機の列の脇に、ち顔で立っている柳沢喜四郎を、理紗は見つけた。
「やあ。よく、来てくれたね、理紗先生」
人待職場の同僚をはじめてデートに誘った男という雰囲気で、らかな蛙顔で右手を上げる。
喜四郎がほがしかしファッションはいつも職員室で見るのとまったく同じ。鼠色のスーツ、ズボく通勤用の黒い靴だ。髪も適当に手でならし、顔もとくに手入れなどしていない。
さえないサラリーマンという注文でアニメのキャラクターデザインをすれば、今の喜四郎そっくりになるだろう。同じ服しか持っていないのかと聞けば、同じ服でそろえれば、毎日悩まなくてもいいと答えるに違い左手には、月曜と同じく青い紙バッグを下げている。ただサイズが以前のときよりも小さいので、着替えの服が入っているとは見えない。
理紗は顔つきが自然とけわしいものになり、無意識のうちに足の動きが挑戦的に速まる。つかつかと迫る女教師の全身を測量するように、喜四郎の視線が動いた。
理紗が選んだのも、いつも樫山学園に着ていくのと同じダークブルーのスーツとスカートと白いブラウス、そして黒いローファーだ。もっとフォーマルな服も、遊びのためのカジュアルな服も、いろいろ持っているが、喜四郎に教師以外の日常を披露してやる気にはならない。
だが喜四郎は、女教師らしいいでたちの理紗を歓迎した。
「指定しなかったのに、わざわざ授業のときと同じ服で来てくれて、うれしいな。その姿の理紗先生が一番好きなんだ」
柳沢先生に、他の姿は見せたことはないはずよ
「見る必要なんかないさ。さあ、目的の列車がくる。もう切符は買ってあるんだ」
どこへ行くつもりなの「特に目的地はない。ぼくたちにとっては、鉄道に乗ることそのものが目的だからな」
喜四郎は先に立ってすたすたと歩きだした。理紗が必ず自分についてくると確信しているようだ。事実、理紗は少し後ろをついて歩いた。横に並んで、恋人のように思われるのだけは御免だった。
喜四郎に先導されて、階段を上り下りして到着したのは、長距離の特急や急行が止まるホームだった。ちょうど停車している車両が、陽光を浴びて、キラキラと青く輝いている。喜四郎の手が、はじめて理紗の右手をつかんだ。
もう発車しそうだ。急げ
引っぱらないで!