女熱大陸 File.025

日本人離れした美しい顔と最高のスタイルで人気爆発の白咲舞ちゃん。今回はそんな彼女に密着取材!普段は見れないスーパーAV女優のプライベートSEXを教えてくれたり、プライベートオナニーのやり方も実践しながら見せて頂きました!しかも、学校という最高のシチュエーションがメチャそそる、白咲舞ちゃんの超極上のセックスも見れちゃう!美しい脚がガクガクと震えるほどの激しい突きは圧巻の一言!マンコを限界まで突かれて見せる彼女の素顔。ハッキリした顔立ちがクシャクシャになってよがりまくる、最高のエロっ娘!!万人にオススメしたい一本です!
動画:女熱大陸 File.025

「これを着ろ」
先生が牢獄のような部屋に来てくれました。
白いワンピースを渡されました。
ああ、こんな服をまた着ることができるなんてここは監獄のようですが、鍵はありません。自由に出入りできます。
とはいえ、ゲダたちはみな刺青をされ、服も持っていませんので、外に出ればすぐにバレてしまうでしょう。
見張りがいるので、建物から出ることは基本的にできませんが、実際には中庭は自由に出られます。
この四角く中庭を囲む建物は、庭に出るのは簡単ですが、外に出るところにも見張りがいるので、そこを突破するのは容易ではなさそうです。
四角い建物の一辺だけがゲダの棟となっていて、ほかの三辺には拷問官などが住んでいますから、すぐ追われて捕まってしまうでしょう。
わたしは逃げたとしても行くあてもなく、言葉も通じませんから、のたれ死にするだけでしょうけど。
それに、とうとう、体にいっぱい穴をあけられ、そこに金属の輪をぶら下げられる身となったのです。
だけど、ワンピースを着ると以前の自分に戻れそうな気がします。
なんという肌触り。懐かしいにおい。涙が出てしまうのです。
サンダルを履くことも許されました。汚い足のまほなのは残念ですが、人間らしい気持ちが戻ってくるようです。
ヲウッフ、すごくきれい。
お姫様みたい
ベッチェは上品な柔らかな布で身をまとっています。
通訳としての仕事のときだけ許されるようで、彼女はそれをとても気に入っているようです。
それなのに、このワンピースはあまりにも美しすぎるのです。彼女は布に触る勇気もないようです「いいな、ブウッフは。ホンモノのゲダじゃないんだものね。いつか日本に帰るんだものね」
ベッチェの言葉に、わたしはなにも返せません。
ずつと一緒だ、とウソをつきたい衝動にかられます。
そんなことは言えないのです。
どんなに酷い目にあっても、わたしはゲダとして扱われているだけで、ゲダではありません。
内心ではすごくホッとしています。
いつかこの苦痛には終わりがくるのです。
日本に戻り
大学に復帰し、剛介たちと学生としての日々を送ることができるかもしれません必ずできると思いたいのです。
中庭を通り抜け、兵士のいる入り口までいくと、古い銀色のドイツの高級車が止まっていました。
銃は持っていませんが兵士が運転してくれるようです。
わたしたちは後部に乗りました。
ほこりを巻き上げて走り出します。
エアコンがとてもよく効いています「いいところへ連れて行こう」
それははじめてここへ来たときに通りすがりに見えたリゾート地のような大学でした。
王立大学です。
その正面で止まり、わたしたちは校内へ歩いていきました。白人の学生もいてアメリカの大学のような雰囲気があります。
受け取ったときはステキなワンピースに思えたのですが、こういうところに来ると、むしろ質素すぎます。

そんな不釣り合いなわたしとベッチェのことは、無関心というか、無視されています「設備は最高クラスだよ。
これだけのものは日本の大学にもあまりない」
鼻輪、そこから鉄の輪がぶら下がっていても、誰も気にしなぃようです。
もっとも、日本の大学に比べても、学生は少なく、お休みのように見えます。
宇辻先生に案内されて、講堂、教室、図書館などを見ていきます。その都度、写真を宇辻先生が撮ります。
わずかな期間しか通えていない日本の大学を思い出してしまいます。
しく、最先端のようです。
「すごいわね。こういうところで勉強がしたかったわ」
そこよりはすべてに新ベッチェは大学を見るのさえ初めてだそうです。
「一応、おまえはここに在籍してるんだからね」
宇辻先生は写真の入った学生証を見せてくれました。いつ撮影されたものかわかりませんがゲー研による撮影がはじまった最初の頃の写真でしょう。明らかになにか痛いことをされて苦悶の表情を浮かべています。
「これブゥッフなの!ブタみたいに太ってたのね!」
ベッチェが笑います。
ついこの間の自分ですが、たしかにふっくらしているのです。
「懐かしいだろう」
もう、あの頃の自分とは違うのです「といっても、まだ1か月も経っていないんだけどな」
思い出すこともできないほどです。
くらくらしてしまいます「あっちは研究棟だ。
普通は入れないが、今日は特別に通行できる許可を得ている」
銀色に輝く四角い箱のような研究棟。
「だめ、怖い」
ベッチェは脅えています「大丈夫だ。
おまえは通訳として来ているだけだから、なにもしない」
見学用の入り口が別にあり、そこの通行証を持っているそうで、外からそのままのかっこうで入ることができます。それでも、入り口に自動小銃を持った兵士がいて、学生でも簡単には入れないそうです。
「ここでは、世界中から特殊な実験の依頼を受けているんだ。パルダ王国は、ほとんどの国際条約を批准していない。パルダ王国には秘密警察があるし、拷問もあるし、人体実験もある」
息が止まりそうになります。
ベッチェはガタガタと震えているので、手をつなぎました。
白衣を着た男性たちに囲まれて、狭い廊下を歩いていくと、ガラス張りの区間に来ました。

僕のあずみん Part 1 春咲あずみ

キラキラに輝くあずみんの瞳に、僕らはトキメキ、はじける笑顔で、僕らは癒される。あずみんが恥ずかしそうに、上着をめくり、ふわふわおっぱいが見えたら僕らの金玉袋はパンパンに膨れる!だけど、そんなあずみんは相当などスケベ!ローターとバイブでマンクリを責めまくり、ピンクのマンコがビクンとするほど強制絶頂!じゃあ次はチンコ舐めてもらおうか、あずみん。そんなに嬉しそうにこっち見ながら舐められたら、口に出しちゃうよ!ふわぽわおっぱいも綺麗なお顔も大量ぶっかけでザーメンでべっちょり、そして遂にはどろマンにぶち込む!挿入中にも自らマンコをびろーんと広げて、見せて、悶えるエロあずみん!とにかく最高です!!
動画:僕のあずみん Part 1 春咲あずみ

「いやー」
ベッチェが叫び、わたしの手を振り払って逃げようとしました。
背後にいた兵士が彼女をつかまえます。
一階から入ったのですが、この研究棟は地下に深くなっているようで、一段低い部屋を見下ろすことができました。
広い工場のようですが、天井も床も白っぽく、清潔そうです。
そんな部屋の中央には、ベッチェが目撃した物体がありました。
あれは、シャベェイで燃えさかる柱に串刺しにされた女性です。
何本ものベルトで、うつ伏せに宙吊りにされています。焼けただれた肛門を剥き出しにされています。
この白い部屋では、浅黒い彼女の体は生々しく、不衛生な物体に見えます泣き叫んでいますが、それも当然でしょう。
治療されているのかと思ったら、焼けただれた肛門になにかを塗りつけられているのです。
治療しているんじゃないんですか?
治療はいずれする。いまはああいう症状でなければ実験できない薬剤を塗布して、焼けた粘膜がどう変化するか見ているわけだ。欧米の薬品会社も、密かにここに持ち込んで試験をしてたりするそうだ。これが、この国にとってはバカにならない収益になる。それによって、大学や大学病院が維持されているんだそうだ
治療はするんですよね?

「おまえが知る必要はないよ。なんのために、あんな風に火傷をさせたと思ってるんだ。実験に
必要だからだ」
息苦しくてしょうがありませんシャベェイは伝統的な拷問祭り、生贄を捧げる儀式と思っていました。いかにも土着の風習のように見せていても、そこには、お金に絡む現実的な理由があったのです。
「すごいもんだな。ここを撮影したら高値でマニアに売れそうだが、あいにく、ここは完全非公開だ。撮影もできないんだよ」
宇辻先生は銃を持った兵士をチラッと見ます。
ベッチエを捕まえていた兵士は鋭い目で先生を睨みます。
許可を得ている人でも、厳しく監視しているのです。
お腹の大きな妊婦のようです。
水槽に入お尻の焼けた女性の隣には、れられています。
「あっ」
別のゲダがいました。
びっくりしたことに、お腹から巨大なうなぎのような生物が出てきたのです。
白衣を着た男がなにかを早口でしゃべりました。
青ざめたベッチェは、なかなか訳してくれません
なんて言ったの?
彼女は、お腹の中で、ウナギの一種の魚の卵を産み付けて孵化させる実験をさせられていま「どうして、そんなことを…」
卵を産み付けるのに最適な環境にお腹の中が調整され、を吸収して…
孵化した稚魚は、彼女の体から栄養源兵士とわたしで支えなければ、ベッチェは倒れてしまったことでしょう。
これまで、わたしの受けた苦痛など比べものにならないほどの苦痛を味わってきた彼女でもこの研究棟はショックだったようです。
顔見知りのゲダたちが実験台にされているからでしょう。
そして、彼女自身、いつあちら側に行かされてもおかしくはないのです。
妊娠しているゲダはいても、年配のゲダがいない理由は、この実験施設のせいかもしれませんゲダたちは、長生きできないようになっているのです。
このサイクルから抜け出すためには、妊娠するしかないのですが、それでも、命を保証されるわけではありません。
しばらくなにも見えない壁だけの廊下を通り、階段を降りていきます「もういいです」
わたしは思わず宇辻先生にお願いしていました。
「怖すぎます」
「こんな機会はめったにないんだ。
それに王室の招待なんだ。
断ったらもっと怖いことになるかもしれないぞ」
見ると、さすがの宇辻先生も青ざめているようでした。
パルダ王国と剛介たちとの関係は、緊張感のあるものなのでしょう。

舞島 弓佳

大阪流”ありえへん”マッサージ店に通う患者達 Part16
動画:舞島 弓佳

白衣を着た男がさらに話をしています。
「この先には、最先端技術が詰まっているので、すべてを見せるわけにはいかないが、をお見せするようにと言われている、とのことです」
一部だけ気を取り直したベッチェが、なんとか通訳しました。
「英語でも話せるんだけど、そうすると、そこの兵士に意味がわからないだろうから…」
と白衣の男はボソボソと言い訳をしています。
お互いに見張るような社会のようです。
薄暗い廊下です。
行き止まりの廊下で、窓は小さいものが一つ、あるだけでした。
宇辻先生がそこをふさいで、しばらくなにも見えませんでした。
「ほら、見ておきなさい」
腕を引っ張られて、窓のところに行かされました。
最初はなにが行われているのかわかりませんでした。
全裸で刺青の入ったゲダが111人、台の上にうつ伏せに拘束されていました。
全員がお尻をこちらに向けていて、そこに装置がついているのです。
研究員がスイッチを押すと、女たちがもだえ苦しみます
ここではあらゆる生物の生殖器を生体保存し、バイオによってその部分だけ生存させています。
生殖機能についての研究をしながら、人間の快楽中枢の研究などのデータも取っているそうでベッチェは、ゆっくり丁寧に通訳してくれました。
動きを止めた装置が自動的に外れていきます。
すると、その先端には、赤黒いペニスが…。
「右から、犬、イルカ、ポニーのペニスが…」
またしてもベッチェは気絶しそうになっています。
女たちから装置が外れていくと、見たこともないおぞましいペニスが現れるのです「こ、ここには、現在、百六十種類ほどの哺乳類、爬虫類のペニスが生体保存され、いつでも使用できる状態になっています」
悪夢のようです。
「ぜひ、一度、試してみてほしいですね」
白衣の男がニッコリとわたしに微笑んだのです。
返事ができません研究棟では、ほかにも見ることのできない恐ろしい人体実験が行われているようなのです。
知らないでおいたほうがいいのかもしれません。
「男の被験者はいないのかな」
と宇辻先生は言い、英語で研究者に質問しました。
兵士が緊張するのがわかります。
研究者は現地の言葉で応えます「いますよ、もちろん。
たいがいは罪人です。
ボランティアを募っても、さすがに手を上げる人はいませんからね」
外に出ても、気分はあまりよくなりませんでした。
「どうだ。
おまえ、発情したんじゃないのか」
宇辻先生にからかわれたのですが、それどころではありません。
「さっきの人は罪人を使うとか言っていたが、昨日、王族の関係者たちと少し話をしたけど、ゲダが男子を産んだ場合に、たいがいは実験用だそうだ。召使いとか使役用にしていた時代もあったらしいが、最近はゲダは貴重だから実験用に引っ張りだこなんだな」

「えっ」
どこまで地獄なのでしょう。
ゲダは妊娠することで最悪の事態を逃れることができると思っていましたが、そんなことはないのです。
生まれてくる子にも男女を問わず、苛酷な運命しかないのです。
ヲウッフ、わたしもあなたも、まだ運がいい方なのよ
ベッチェが呟きました。
いいな、ブゥッフは。
日本に戻れるんだから…嘆いている彼女。
その目は少し怖いのです。
思い詰めているようです。
わたしはベッチェの手を握りました。
すごく冷たい手でした。
ある事件何時だかわからないのですが、寝ぼけていたと思います。
大騒ぎになって、薄暗い建物なのに、ちゃんと廊下を照らす明かりがあったことを知りまし真昼のように明るくなっていて、そこを大勢の人たちが行き来しています。
なにを言っているかわかりませんが、拷問官や兵士たちが、わたしたちを部屋から追い出し一階に集めました。
劣悪な環境なので、体がだるいのです。
大学や研究棟を見学したあと、わたしはいかにも留学して勉強をしているかのようなシーンを撮影されました。
その後、宇辻先生、ベッチェと王国の一部を見せてもらいました。
車の中からでしたが。
午後はわたしだけ、パルダ語の基礎を大学で実際に学びました。英語の上手な若い教授がやさしく教えてくれました。これまで耳にしたパルダ語のいくつかの意味がわかるようになって、少しうれしくなりました。宇辻先生によれば週に何回か、教わることになりそうです。これはすごくうれしいことでした。
夕食後は体を休めることができました。
退屈ですが、わたしは宇辻先生のところで日記を書いたりできるので、まだ少しは気が紛れました。
そして就寝したのです。そこから起こされるまでは記憶がありません。
兵士たちが現地語でなにかをしきりに叫んでいます。怒鳴っています。
わたしたちになにかを強い口調で尋ねているのです。でも、わかりません。
ベッチェを探したいのですが、下手に動くと怒られそうで足がすくんでいます。
そのうち、拷問官がわたしの前にやってきました。
「聞きたいことがある」
彼は英語でしたので、わたしも少しはわかりました。
わたしだけが拷問官に連れられて同じ建物の中にあるものの、行ったことのない棟へ連れていかれました生ぬるい夜の熱風の中、広場を横切って、薄暗い建物に連れていかれました。