夫とのマンネリ脱出、午後H!

ロリフェイスのあゆちゃん、旦那さんがいるけど、最近エッチをしていなく、欲求不満の様なのでたっぷりエッチな事をしてあげちゃいます。早速、あゆちゃんに服を脱いでもらい、身体を弄繰り回しちゃいます。そして、シャワーを浴びて身体を綺麗に洗い、クンニや指マンで、あゆちゃんのおまんこをグチョグチョに濡らし感じさせまくちゃいます。お返しのフェラチオでチンコをギンギンに起たせ、いざぁ挿入次々に体位を変えて激しく突きまくちゃいます。最後はもちろん中出しフィニッシュ!!久しぶりのSEXにイキまくりの、あゆちゃんを得とご覧あれ!!
動画:夫とのマンネリ脱出、午後H!

「ああっ!」
アキちゃんのクリトリス·リングを引っ張った。
不意打ちに、アキちゃんのからだがくずれる。佐久間はそれを受け止めながら「だけど、ミュウちゃんが、おなかにはいっているものを出すのを見てからだな」
と、胸元に飛び込んできた白い耳にささやいた。

夜が一番深くなったころ、僕とミュウはベッドの中にいた。
海に向かって開いた窓からは白く冷えた月の光が射し込み、闇の底を洗う単調な潮騒が聞こえてきた。
ミュウは焦点のないまなざしを、ぼんやりと壁に向けていた。
僕はミュウの細いからだを、背中からゆるく抱いていた。
ミュウがいった。
久我さん意地悪だった「そんなことないだろ?いつもの僕だよ」
そういって少し笑うと、ミュウはけだる気に首を振る「いつも少し意地悪だけど、今日はもっとそうだった」
「その意地悪なところが、ミュウは好きなんだろ?」
からかうようにそう言うと、ミュウは
久我さんは好きだし、意地悪なとこも好きだけど、「もう、奴隷は嫌になったか」
「そうじゃなくてー!
怖いのはいや…久我さんが遠くなる気がする」
ミュウは、もどかしげに僕をふりかえった。
私のこと好き?
「奴隷」
ミュウはそういうと、ふりむけた頭を、また力なく枕にもどした。そして、「やっぱり私って、奴隷なだけなのよね。そういうことでしかないんだ」
「SMの主従関係は、それで充分なはずだろ?
僕の言葉に、ミュウは一瞬からだをこわばらせた。だが、すぐに力を抜いて、ぞうそうよね…私は、いい奴隷にならなくちゃいけないのよね。もっと、もっといい奴隷にならなくちゃ」
と、つぶやいた。
「ミュウは、今でもいい奴隷だよ」
と、僕はいってやった。だが、ミュウはむこうを向いたまま首を振り、それきり黙った。
波の音が、二人の間の時間を規則正しく区切ってゆく。その一つ一つが、今夜はいやに重かった。
僕は、その重さが面倒になってきて、結局本音をいうことにした。
アキちゃんのペニスにも感じているの
さっき、佐久間のものをしゃぶっているミュウは、すごくイヤラシかった。
がありありと分かって、いつもより余計にいじめたくなった「そうなの?」
そして、嫉妬をほのめかした僕を、「ホントに?」
ミュウはパッと振り返った。
と、もう一度確かめた。
僕は「ホント」
と言ってミュウから腕を離し、上を向いた。
奴隷の心身すべてに責任をもつ主は、常に感情の安定した存在である必要がある。
しかしミュウが相手だと、僕はそれほどクールに割り切れなくなる自分を感じていた。
「しあわせ…」
ミュウはからだの向きをかえ、僕の胸に頬を寄せてきた。
僕は、そんな彼女の背中を深く抱き込むと「ミュウだったら、さっきのロウソクでもそれを感じて欲しかったな」
といって、ミュウの鼻をつまんだ。
ミュウは

「やぁ」と甘えた声でいって逃げる素振りを見せたが、ふと真顔になって、でも…ちょっと、しあわせだったかもしれない
と、僕の顔を見た「あのね、しあわせっていうのとは、ちょっと違うかもしれないんだけど…なんていうか、ここからはどうしても逃れられない、ご主人様のなすがままになるしかないって思うと、もういろんなことがどうでもいいって気持ちになるの。自分を、放り出す感じ」
己.tjoそれが、快感と言えなくもなかったと、ミュウはいった。
「前は、その無力な自分を想像する事で、気持ちよくなっていたんだろ?」
そう。たしかにそうだったんだけど…昔のあれは、自己破壊なんだと思う。無力なまんま、だ見ていたの。でも今は、壊れたくないの。ご主人様と一緒にいろいろ楽しみたい。だから、気持ちが通じなくなると、淋しいの「通じていれば、ああいうのも楽しめそう?」
壊れてゆく自分をたご主人様にミュウのぼくの問いかけに、ミュウは少し考えて、「きっと楽しめると思う」
といって、また少し考えた。
「…たぶん、あれが、すべてをご主人様にゆだねる感覚なんじゃないかと思うの。
こう…自分を手放す感じ。もう考える事もやめて、悲しいとかつらいとか、そういうのが一切なくなって、ミュウの全部がご主人様で出来ているような、そんな感じ」
ミュウは、月光を映した瞳で僕を見つめながらねえ、アキちゃんは、もうその感覚を持っているんでしょ?
「おそらくね」
佐久間さんにロウソク責めされるアキちゃん見てて、なんてしあわせそうなんだろうって思った。アキちゃんはすっかり佐久間さんに身をゆだねて
あの二人は、どういうプレイをするとかしないとかの前に、強い信頼関係がもうしっかりとできあがっているんだよ。アキちゃんは佐久間を絶対的に信じているし、佐久間はアキちゃんが悦ぶことなら何でもしてやろうと思ってるアキちゃんのほうに、あらかじめちゃんとしたSMのイメージがあったから、なんとかなっているんだろうな「ミュウは、まだいろいろ足りないのね。こんなにご主人様が好きなのに…」
「ミュウのせいばかりじゃないよ」
まだテクニック不足の佐久間でもそういった僕の言葉を、どう受け取ったのか、ミュウはすっかり機嫌のなおった顔で、そのうちアキちゃんみたいに、ロウソクも好きになれると思うのだから、もうちょっと待ってて
僕は、ほろ苦いものと一緒にミュウを抱きしめた。

あの素晴らしいセーラー服をもう一度

今回はコスプレ好きには堪らない作品です!コスプレ願望がある素人娘、麗華ちゃんが出演してくれます。彼女は仙台で見つけたメチャ可愛い素人娘です。早速、セーラー服に着替えて貰い、セーラー服とミニスカ、ニーハイソックスまで装着!オナニーを見せて貰い、チンポを差し出すと美味しそうにチンポをフェラチオ!最後は、チンポをぶち込みまくって、イキまくる麗華ちゃん。マジエロすぎ!
動画:あの素晴らしいセーラー服をもう一度

今日は、僕のおしっこがちゃんと飲めたから、許してあげようそうなのだ。アキちゃんのロウソク責めが終ったあと、「久我、一緒にご褒美をやらないか」
佐久間はムチで彼女の股間のロウをはじきとばしと、誘ってきた。
聞けば、アキちゃんへのご褒美は、いつも「ご主人様の聖水」
なのだという。
「いいね」
と僕は乗り、互いの奴隷にひざまずかせて、その口へ放尿した。
ミュウはアキちゃんのロウソク責めでひどく興奮していた。だから、いつもなら半分も飲めないのに、ゆうべは全部を飲み干したのである勢いでできたとはいえ、成果は成果である。僕はミュウをほめ、明日もそうすることを誓わせたのだった。
気がつけば、ミュウは僕の腕の中で寝息をたてはじめていた。
僕は、月に半分照らされたなめらかな額にキスすると、ため息を一つだけつき、すぐに眠りに落ちていった。
ミュウの様子がおかしいと気づいたのは、葉山から帰って間もなくのことだった。
何か言いたげに僕を見ては、視線をそらす「なに?」と訊いても、「ううん」といって笑い、視線をはずしてうつむく。
一つだけ思い当たる事があった。
ミュウは時々、僕のノートパソコンを使う。特に環境を分けてないので、フリーメールやブログなども、僕が使っているものをユーザーとして書いたり読んだりできるたぶんミュウは、あのメールを読んだのだろうと思った。
だが、他人のものを盗み見たことで気が咎め、訊くに訊けないでいるのだろう。
ある朝の食卓で、僕は、か、僕に訊きたい事があるんじゃないか?
と、ミュウにいった。
それでもためらう彼女に、重ねて、「メール、見たんだろう?」
いってやった。
と、ハッとしたように顔を上げ、ミュウに見られて困るようなものは入ってないから。
ちょっと唇を引き結んで「ごめんなさい」
とあやまった。
ミュウには気になる事があったんだろう?
ミュウは、
いいよ。
でも、ミュウはしばらく黙っていたが、やがて、
美鈴さんって誰?
と、訊いてきた僕は、本当の事を答えた。

「前の奴隷だよ。
まだ完全に切れたわけじゃないから、今も、と言った方がいいかな」
僕を見つめるミュウの顔がこわばった。
そんなこと…言ってなかった「言う必要も無いだろう?一人の主が複数の奴隷を所有するのは、この世界では常識だよ」
奴隷は主に忠誠をつくすが、主は節操を求められるわけではない。一人で何人もの奴隷の面倒を見る、いわゆる”多頭飼いは珍しくなかった。
「だって、だって初めて会った時、今パートナーはいないって!」
「美鈴とは、お互いが気の向いたときにプレイするだけだからね。パートナーとまではいかない。SM仲間みたいな感じだよ」
でもそれでも、イヤ!
ミュウは何度も首を横にふった。
「もう、会わないで!
奴隷はミュウだけにして!」
奴隷にあるまじきわがままを言い始めたミュウに、僕は、「その約束は、できないよ」
これは恋愛とは違うのだということを、ミュウばかりでなく僕自身にも確認するつもりで、そういった。
ミュウは、一瞬顔をゆがめると、立ち上がって玄関のドアから走り出ていった。
僕は椅子に深くもたれかかった。
美鈴とは、ここ五年ほど気まぐれにプレイするだけの関係だ。だから別れてしまってもかまわなかったが、僕は迷っていた。
葉山の別荘で、つい冷静さを失ってしまったことが、思いのほか引っかかっていた。
一度取り戻す意味で、美鈴の存在は必要かもしれないと思ったのだ。
支配者としての自分をもう僕は、だが、あえてミュウを追わなかった。これで壊れてしまう関係なら、それでもしょうがないと思ったのだ。
その一方で、ミュウを失う事など少しも想定していない自分に気づき、もうさめてしまったカフェ·オレを一口だけ飲んだ。
ミュウは、その夜遅くなって帰ってきた。
ずっとうつむいたまま、僕の顔を見ようともせず
ミュウを、またご主人様の奴隷として、ここに置いてくださいとだけいう。
「他の奴隷がいてもいいのか?
小さくうなずいた。
と訊くと、僕はでは、ミュウの気持ちをあらわしなさい」
と命じた。
ミュウは、やはり僕の顔を見ないまま、玄関のたたきに膝をついて僕のモノを取り出し、しゃぶりはじめた。
その晩のミュウは、ひどく従順だった。あんなに嫌がっていたロウソクを、性器へ直接かけるといっても拒まず震えながら自ら足を開いた。
試しに、美鈴を呼んで3Pをするというと、目を大きく見開いて涙をいっぱいためたが、「終ったら、ミュウが美鈴のアソコをなめて、きれいにしてやるんだ。いいね」
嫌だとは言わなかった。
そう言ったときは、さすがにためらっていた。
だが、結局、と、僕が言ったとおりの言葉をくりかえし、声を出さずに泣いた。

ダイナマイト 美神あや

クリをクリクリされるのが好き!膣内を突かれるのも好きなんですぅ!とドスケベフェイスでインタビューに答える美神あやちゃんに複数の男達があやちゃんのカラダを弄り始める。沢山の指があやちゃんのクリや膣内をグイグイ刺激をするとあやちゃんの表情は一変して快楽の目つきに。フェラチオを一生懸命に頑張るあやちゃんにお次は電マを押し付けると眉間にシワを寄せて「ザーメンちょうだいぃ〜」と連呼しまくり!
動画:ダイナマイト 美神あや

ミュウが傷ついた結果そうなっているとわかっていたが、それはそれでSにはたまらない快感だった。
嫌だと思Mの醍醐味耐えている奴隷の姿を見ると、ますます無理を言いたくなる。
それはまた、う事を主のために我慢し、でもあるはずだった。
実際、耐えながらミュウは濡れていたし、も物足りなかった。
感じて声をあげもした。
だが、一度も笑わないミュウというは、どうプレイが終って現実の生活にもどってもミュウの笑顔はもどらず、心の無い人形のようにただ動いているだけだった。僕たちは言葉で会話する事をしなくなり、携帯のメールで「ご主人様」と「奴隷」のやりとりをした。
「ご主人様、おしっこをしてもよろしいでしょうか」
「よろしい」
ありがとうございばす。ではミュウの恥ずかしい姿をみてください同じ部屋にいるのに、机の下と上で、僕らはメールを打ち合った。
日に二回くらいは一緒にテーブルでしていたお茶や食事も、ミュウはすべて机の下でするようになった。
そうなると僕も、つくった料理をだまってミュウの「便器」に入れてやるだけになった。
ミュウの食欲は、次第に落ちていった。それはもう主の威厳だのなんだのという問題ではなく、ただの意地の張り合いだった。
目に見えてやせてきた彼女が、こっそり薬を飲んでいるところを見つけた僕は、
ミュウ、もうよそう。いいから、そこから出ておいでとうとう音をあげた。
机の下にいたがるミュウを、むりやり引っ張りだそうとすると「イヤです!ここがミュウの居場所です。ここにいさせてください!
ミュウの場所にいさせて…」
ミュウは、そういってクッションを抱えたままからだを丸め、大きな声で泣き出した。
「いやぁミュウはここにいるのここが、ミュウの場所なのなんでもするから、ここに置いて…」
切れ切れに聞こえてくるミュウの訴えは、僕に大きなため息をつかせた。
「ミュウを追い出したりしないよ。そこも、ずっとミュウの場所だ」
そういってやると、ミュウはクッションから顔を上げ、僕たちは、久しぶりに視線を合わせた。
ミュウがしゃくり上げながら訊いた。
僕を見上げた。

「ほんとう?」
とうなずき、僕は、
だから、と、はっきり「ああ」
出ておいでもう一度いった。
ミュウはまだ、じっと僕の顔をみていたが、やがてごそごそと起き上がると机の下から這い出てきた。
僕は、柔らかくて小さなミュウを膝の上に抱き上げた。
僕に他の奴隷がいるのは、そんなにイヤか?
ミュウは涙でびしょびしょのまま、「うん」とうなずいた。
「…でも、しょうがない。奴隷ってそういうものだから。我慢しなくちゃいけないんだとおもった。.....ミュウが帰るところは、ここだから」
「我慢できそう?」
ミュウはしばらく黙っていたが、やがて首を横にふった。そして、「でも…できないけど、がまんするから、ここに置いて!」
僕の首に腕を回すと、といって、また泣き出した。
僕はミュウの背中を強く抱きしめると、自分の甘さに苦笑しながら負けを認めた。
また笑って、ミュウ
もう泣かないで。
おそるおそるという感じに顔をあげ、「美鈴と別れるよ。
奴隷は、ミュウ1人にする。
だから、ミュウは、一瞬固まったように動かなくなったが、僕を見た僕は、さらそこで見てて」
彼女にメールを書くから、ミュウの目がモニターに向いた事を確かめると、僕はフリーメールの画面を呼び出し、美鈴のアドレスを入れた。
そして、rパートナーができた。美鈴とはもう会えない。このメールのアカウントも抹消するから、元気で。今ま「今、で楽しかった」と本文を記入した。
「ほら、ミュウが送信ボタンを押すんだよ」
そういって、マウスの上に右手を持っていってやるミュウは僕をみて、ちょっと申し訳なさそうな顔をしてからボタンをクリックした。
それから僕はアカウントを抹消し、美鈴との関係を完全に切った。
ミュウはしばらく、僕の膝の上で放心したように抹消完了の画面をみていた。

まるっきり元通りというわけにはいかなかったが、どうやら普通の日々がもどってきた。
ミュウは、僕の記憶の中にある美鈴にときどき嫉妬した。そして、それとはまた別に、主の僕にむりやり奴隷と一人で考え込んでいる事もあった。
以前の朗らかなミュウがもどりつつあるのも確かな事だったので、別れさせたという負い目もあるらしく、僕はあまり気にしていなかった。
だが、いう事は、ただ、こうやがて時間が解決してくれるものだ。
夏バテのせいかミュウの体重がなかなかもどらなくて、それが一番僕を心配させた。
ミュウはいつものつまらなそうな顔で僕に8月最後の週末、恒例の里帰りの日、「じゃあ行ってくるね」
といった。
「どうせ、一晩で帰ってくるじゃないか。
明日は、また会えるよ」
と、これも恒例の僕のセリフを言ってやるうん
ミュウは泣きそうな顔で僕にしがみつき、深いキスをねだった。
しばらくそうやって、いつものように別れを惜しんだあと、ミュウはうしろを振り返りながらマンションのエレベーターへ消えていった。
アキちゃんから電話がかかってきたのは、ミュウが帰ってくる日の夕方だった。
ミュウ、戻ってる?

カテゴリー: クンニ処女