シーメールな彼女 編

かわいいお顔に、たくましいチンコを兼ね備える、美人ニューハーフのひかるちゃんとマリアちゃんの登場です!!男のツボを完全に熟知した、数々のプレイ!!これでいかない人はいないであろう。男優さん、逆にアナルを責められちゃいます。フェラテクも最高でお口の中にたっぷり精子を、発射します。本当に男の気持ちをよく知り尽くしているで、快感を味わえます。ちょと変わった作品!!中々、面白いです!!
動画:シーメールな彼女 編

額に汗して働くのは嫌いじゃないが、動かずにいても汗をかくのが嫌いなのだぬるい空気に息苦しさを感じながらもペダルを踏み、自転車をこぎ出す。大きなスがあるが、高速道路インターチェンジすぐ傍にある道の駅の前を過ぎると、もう田畑とあぜ道が広がっている。インターチェンジも道の駅も、真雪が高校生の頃には無かった。こちらへ帰って来て一番驚いたのは、自転車で行ける距離にコンビニが出来ていたところだろう。それぐらいに田舎なのだ、ここは。
マーケットの駐車場前はちゃんと整備された広い道路だからこんな田舎を出て行く若者は少なくない。大体の若者が都会、街なかの暮らしを夢見て出ていき、何年後かには挫けて帰って来るほとんどがその繰り返しだ。そして真雪もその一人だった。帰って来て、もう三年か。と、少しばかり遠い目で、まだ夜が降りそうにない空を眼鏡のレンズ越しに一瞬だけ眺めた視線を前に戻すと、空は明るくとも夕刻のこの時間には珍しく、人の姿があった。
犬の名前だけが先に思い浮かぶが、散歩をさせているのは若い男性で、あまり憶えテツは隣の家…畑を挟んでいるので少々距離のあるお隣だが…の、犬だ。自動車修理工場をしている家で、幼馴染がいたが、真雪同見覚えのある白い犬を連れているああ、あの犬はテツがない。
様に大学へ進学の際に田舎から出て行き、真雪が出戻って来た現在いまとなっても帰っては来ていない。
はずだった。
テツを散歩させているその人は、工場に新しく入った従業員だろうかと思ったが。
すれ違う一瞬に、犬の散歩をしていた男性と目が合うその瞬間、真雪は確かに驚愕した。
息が詰まるような感覚が押し寄せ動揺するしながらも、彼女は擦れ違ってややあってから自転車のブレーキを握った。

弾かれたように振り返る。
相手も振り向いていた。
こちらを見て瞳を大きくさせてはいたが、そこには驚きよりも歓喜の色が強く浮かび上がっていた。
「真雪!
真雪だろ!?」
明るい茶髪に陽の光がキラキラ輝き、思わず目を細めた。
真雪を呼ぶ声に聞きおぼえがあり、よく見れば、人懐っこそうな笑顔を浮かべてテッのリードを引っ張っている男の顔にも憶えがあった。
ハッとした。
憶えがあるどころの話ではない。
その人物はまさしく、お隣の自動車工場の一人息子であり、幼馴染の、足立元也あだちもとやその人だった。
だからテツを散歩させていても何もおかしくはない。
駆け寄って来る幼馴染に目を見張る真雪が知っている彼はこんなにも髪が茶色ではなかったし、逞しくなかったからだ。
「よかった、もしかして真雪に会えるかもって思ったから、テツと散歩してたんだ!」
背ももっと低かったし、体格だってこんなにしかし明るい口調に含まれる優しげな声と微笑む目が、ちゃんと知っている元也だと告げているに、真雪は目を瞬かせた。
「え?どういうこと?だってあんた、昨日まで確実に居なかったよね…?」
「うん、まぁ帰って来たの、さっきだしなぁ」
「さ、さっき?昼過ぎに足立のおじさん、うちに散髪に来たけど何も言ってなかったよ?」
ああ、連絡せずに帰って来たからなぁ。急すぎるって、母ちゃんに怒られたぜ!
だけどまだ信じられないものを見たかのよう喋ってみれば、上手く笑えない自分に動揺した。
えっと…もう、中身はあまり変わっていないバカな犬っぽい幼馴染の元也に、真雪は安心する。
その半面で、屈託なくよく笑う元也と比べて、帰らなきゃ。
お母さん、夕飯用意して待ってるし元也も、ほら…何となく、自分の中の気まずさから目をそらすように、真雪は会話をはぐらかしてしまった。
その事に気付いているのかいないのか、元也の笑顔からはわからない。

着ハメキャンディ File.008

着衣SEXの最高峰「着ハメcandy」に国仲○子そっくりな、遥めいちゃんがドドーンと登場!まずは、めいちゃんの可愛い洋服に穴を開けスタート!敏感そうな綺麗な形のおっぱいに可愛い乳首が、ポロリその上に氷を載せて滑らせてみる。なんかセクシーです。穴から覗いたオッパイ、乳首、オマンコがなんとも美味そうでその美味しそうなマンコにローターを突っ込んだり、クリトリスに直当てしたり、マンコからはヨダレがダラダラで我慢できそうにない、めいちゃんにチンコを美味しくフェラチオしてもらい、バックからヌルッと挿入してあげると顔を歪ませて感じちゃうめいちゃん!遥めいの独占動画「着ハメキャンディ」を見れるのは此処だけ!!
動画:着ハメキャンディ File.008

散歩を急かすようにリードを引っ張ってワンワンと鳴くテツに視線を注ぐと、元也は動いた。
そうだな。
じゃあ、また明日な!
テツ、走るぞー2元也の声にテツが「ヒャワン!」
と楽しそうに返した。
走っていく一人と一匹を、真雪は少しの間だけ見送った。
そしてすぐにまた、自転車をこぎ出す。
家へ向かって。
心臓が早く強く打っていた。
何年ぶりかの幼馴染との再会にときめいたわけではない。
どちらかといえば、ざわめきだ。
自分の中の勝手な後ろめたさからの、曇ったざわめきが胸中を渦巻くとは高校生の時に一時的だったが、恋人同士の関係にあったことがある。
誰にも内緒にはしていたが、こんな小さな田舎の中ではどこまで知られているかわかったものではない。
恋に恋していた時期だったのだと、真雪は付き合っていた時に感じていた甘酸っぱさを思い出しながらもそう片付けたノロノロとしたスピードで自転車を走らせていると、あぜ道の先に「足立自動車修理工場」
の看板が畑の向こうに見えた。
数台の自動車が置かれている向こうにある、テツの犬小屋を一瞥し、前を通り過ぎる。
更に畑を挟んだ先に、実家が見えた。
父の車と母のスクーターがある駐車スペースの隅っこに自転車を停める砂利の敷かれたその場所に立つと、何だかやたらと不安定な気がした。
高校生の頃の思い出はくすぐったい甘酸っぱさと、一度の失敗での気まずさから成り立っている。
大人になってみれば、お互いに若さと好奇心が突っ走り過ぎたせいだと頷けるものがあるのだが、別れた原因にもなっているその「失敗」
がどうにも真雪の足を搦め捕る。
高校生の頃の、元也との失敗。
人生で一番最初のセックス。初体験の失敗。
痛くて、泣き叫んだ。見つかれば親や教師、知識も乏しく興味だけが先走り、初めてのキスをした後すぐに及んだ行為は、散々なものだった。
誰かしらに咎められるそれがわかっていたので、元也は真雪の口を手でムリヤリ塞いだ。
そこまでせずに止めていればよかったのだが、若さが男子高校生の精力を暴走させてしまったのだ。

事の後に元也は地面に額を擦り付けて土下座で謝り、真雪はそれを一応許しはした。
が、結局、真雪は元也を避けるようになってしまい、関係は自然消滅したに近い。
にいたるまで顔を合わせずにいそのことに、何となく安堵していた真雪だっ高校生活の途中から関係は曖昧になり、たが…もう何年も経っているというのに、のに。
卒業して現在いままだ過去に気まずさを感じてしまって仕方がない元也は、あんなにも明るく振る舞っているという寝起きではなく夜、ベッドの上に寝転がってしばらくして、欲情が湧いた。
夕食の時に、元也が帰って来たことが話題に出たからかもしれない。
あまり干渉されたくない昔のこと、高校生の頃のことまで母が話し出し
やはり少しの間、付き合っていたことを知られていて嫌な気分になった。
風呂に入って嫌な気分を払拭しようとして、ムリヤリ別のことを考えた結果が、欲情だった。
しかし思い出すのはやはり元也ではない。
山垣だ。
「真雪のカラダは本当に、気持ちが良いね」
そう言って山垣は後ろから柔らかく真雪を抱き締め、大きく実った水蜜桃を手にし、ねっとりとした手つきで感触を楽しんだ。
れる息に、首筋を這う舌に、尾てい骨の辺りに押し当てられる男の熱棒に、真雪はゾクゾクとした恍惚を覚えた。
「エッチに染まった肌が綺麗だよ」
耳に吹きかけらそう言って、山垣は桜色の頬に唇を寄せる。
聴覚を刺激する「あぁ…」
そのまま耳たぶを甘く食み、耳孔に舌を挿し入れる。
ねぷられ、唾液が微かな水音をたて、淫靡にたまらず息を漏らすと、山垣は耳元でクスっと微笑う。
その音さえも真雪の春情を煽った。
感じているのが恥ずかしい。
その姿を眺められ、更に与えられる悦びに羞恥し、身をよじる。

最強マン汁の持ち主、めちゃくちゃ糸引くは、チンポにまとわりついてマジやばい! とどめはマンコカパでフィニッシュ。

長いことこの仕事やってますが、いろいろな形のマンコを見てきました。また、マン汁もサラサラしたものから、膿みたいに粘っこいものとか(これはいやですね)。最近彼氏とSEXをしていないのか、今日の撮影は股間を濡らしながら楽しみにしていたななちゃん、この子のマン汁はすごいです。ある意味最強ですね。 オッパイを責めたりボディタッチをしただけで、すでに股間はしっとり。お兄さんにカパされちゃって、パンティが濡れちゃってるのがばれちゃいました。さらに上からタッチしたら、一気にビッショリ状態。やっぱりSEXしていないからたまっていたんでしょうかね。指マン、手マンをしたら、アソコは無味無臭のきれいなマン汁でグッショリです。指を抜いてみたら、ツツツツツツツとまぁ伸びるわ伸びる。どこまであなたのマン汁は伸びるんですか! まさに究極の天然ローションマン汁です。そんなマンコにズップシいれちゃったら、あまり気持ちよくないんだろうなと思ってたら・・ところが! 極道チンコの滑りがめちゃめちゃいいうえ、チンポにいい感じでまとわりついて乾燥を防いでくれてます。こうなったら、お兄さんの極道ピストンでガンガン突いて突いて twitter! マンコがピーチクツィートしちゃってます。お兄さんの竿はななちゃんのマン汁で真っ白に! 今回もしっかり中出しさせて頂きましたら、ちょっとネットリしていたのでお掃除フェラをしてもらい、皆様への感謝の気持ちを込めて マンコカパでお別れです。
動画:最強マン汁の持ち主、めちゃくちゃ糸引くは、チンポにまとわりついてマジやばい! とどめはマンコカパでフィニッシュ。

「恥ずかしがる真雪は、とても可愛いよ。
さぁ、もっと僕に見せて。
真雪の恥ずかしい姿を、もっと…」
「や、山垣さあわななくと、ひやりとした空気が、つん」
真雪を支えていた腕が身体から放れるどっと前へ倒れ、真雪は四つん這いに、尻を山垣の方へと突き上げている格好になった。
濡れそぼった蜜花を撫でる。
丸見えだよ、真雪の淫乱な牝の穴が…わざと卑猥な言い方で心を揺さぶり、羞恥心をかき乱す山垣
ああ…お願い、意地悪しないで2物欲しげに尻を揺すって涙声を出せば、ニオイを嗅がれ、「どうして欲しいの?真雪の口からちゃんと教えて」
「そんな…」
舌先で花弁をそよがれ、余計に焦らされる望みは叶えられず、更に羞恥を煽るわざとらしい物言いに、絶望したよう心地になるそして打ち震えながらも真雪は息を吸った。
卑猥なお願いをするために。
肩越しに振り返り、濡れた瞳に山垣を映す。
お、お願い、真雪のアソコ弄って「いいよ、弄ってあげる」
唇をわななかせて息を吐く。
懇願の言葉と共にゆっくりと。
山垣の指が11本,真雪の熱いぬかるみに挿し込まれる
ひああ2蜜でいっぱいの柔らかな秘穴は、うねらせてその指を悦んだ。
ああんっ、い、意地悪2何の抵抗も示さずに男の指を咥え込む。
すでに男根を受け入れられるほどにとろけていた真雪の中は、膣壁をわざとネチョグチュと粘っこい水音をたてて指が動かされる欲しかったモノと違うことに、真雪は泣きそうになりながらも喘いだ。
何が違ったの?
真雪が言った通りにちゃんとアソコを弄ってあげてるのに…山垣の指は止まらない。
奥まで挿し込まれ、指先を曲げて快(い)い処を執拗に掻かれる時にはわざと音が鳴るように出し入れし、二本の指を挿し込んだまま開いて、真雪の中を覗き見る脳が灼かれた。
絶頂しきれない快感に、頭がボンヤリする昇りそうになると、落とされる山垣は、真雪の口から確信の言葉が出ない限り、昇らせてくれたりしない。
それがわかっているのにいつも極限まで追い詰められない限りその懇願は出なかった。

「あぁ、真雪…可愛いよ。こんなに濃い蜜を垂れ流してお尻を振り続けるキミは、本当に淫乱で、くれ」
いイカせて2とても綺麗だ。
さあ、もっとお強請りしてみて言葉をしぼり出すも、山垣はやはり思い通りにはくれない。
「こうかな?」
とぼけたように首を傾げ、蜜穴から指を引き抜いて、鋭敏な肉粒をキュッと摘んだ。
「はぁああああああんっ!」
二本の指の腹に挟まれて捏ね繰り回され、一瞬、つま先から電流が疾走ったかのような衝撃を受けて、はあるが短い快感が断続的に送られてくる
あん?ち、ちがうのおっし真雪は背中を弓ならせて叫んだ。
強烈で強烈だが、続かない快美では昇り詰めることが出来ない。真雪は舌っ足らずに喘ぐそれでも続けられる愛撫。決して高く昇ることの出来ない快感は続いた。
まるで拷問だ。快楽の中で揺蕩っていても、イクことが出来なければ、苦痛を与えられるよりも辛い自らの手で尻肉を割り開き、尻を振りたくって啼く真雪は、もう耐えられなかった。
「い、挿れて…っ!
真雪のエッチなアソコに、山垣さんの固くて熱いモノを…あはぁぁぁぁぁツ!」
こうなれば、願いはすぐに叶えられる。
待ち焦がれた男の肉棒に奥まで一気に穿たれ、真雪は焦点の定まらない瞳で天井を仰ぎながら嬌声を上げた。