カリビアンキューティー Vol.7

整った顔に、小麦肌が眩しくて、テニスウェアから覗いてるその美脚も、美しい!まさに美女!今回は、KEIちゃんがテニスウェアを着て汗とマン汁を飛ばして乱れます!!テニスウェアの上着を脱がされ、おっぱいを舐められて、乳首がビンビンのKEIちゃん!パンツの上から男優にベロベロ舐められ気持ちよさげです!ラケットでマンコをグイグイして、ローター入れられ指マンで連続潮吹き!!上手なヤラシイフェラチオで男優のペニスラケットをギンギンにして、マンコにぶち込まれます!プルプルの美尻をフリフリしながら、チンポとマンコのラリーは続き、最後は、KEIちゃんのキツそうなテニスコートにザーメンを注ぎ試合終了!KEI選手は恍惚な表情で息を切らしてます!
動画:カリビアンキューティー Vol.7

涙を見せたアーティスが、一人であの部屋を出て、王の務めを果たしていることを喜ばなくては。
風呂から上がって身体を拭うと、髪を乾かす気にも着替えをする気にもならず、私は裸のままベッドに突っ伏した。
身体一つ。
かわいそうしょうひこれが私の全て。
「いっそ、さっぱりするわ」
素肌にシーツ1つを纏い、私は眠りに落ちた。
悔いはない。
もう一度自分の心をしっかと確かめてから。
夢も見ず、泥のように眠っていた私を起こしたのは、「アイリア様…、アイリア様」
ためらいがちな声だった。
石が詰まったように重たい身体が揺さぶられるディリア様
もう一度呼ばれて目を開けると、何もない手の甲。
一瞬、何が何だかわからなくて、自分の手が見えた。
驚きのまま身体を起こすと、傍らで「まあ」
という驚きの声が聞こえた。
「裸でお眠りになっていたんですか?」
アディーの声だ。
私は慌てて彼女に背を向けた。
二人にしてとお願いしたはずよ。
どうしてここに
だが彼女はそれには答えず、私の背に触れた。
驚いて逃げすさると、まだ残る鈍い痛みが走った。
それはアーティスに捧げた痛みからだったのだが、彼女は何かを誤解した。
「まあ、お怪我をなさっておいでですのね」
「う…、ええ」
お背中が赤くなって手わ。どこかから落ちたのですか?だからお戻りになった時に足元がおぼつかなかったのですね?
けがたやす彼女は夫を持った身、私の身体の変化を感じ取ることは容易いだろう。

「…ええ。でも大丈夫よ」
「お薬は、塗られました?」
「塗ったわ。…だから、乾かしていたの」
誤解してくれているのならば、その方がいい。
背中が赤い?
彼のベッドで擦ったのかしら?
「それでは背中の開いたドレスを着ることはできませんわね」
纏っていたシーツをぐるぐると身体に巻き付け、アディーの方を振り向く彼女は、赤い目をしていた浮かべた笑顔も心なしか強ばっているように見える。
ああ、そうか。
彼女は事実を知ったのだわ。
とばりカーテンを閉めていなかった窓の外は暗く、夜の帳が落ちていた。部屋は燭台の明かりで照らされてはいるが、には適わない。この薄暗さで、彼女は私の変化に気づかなかったのだろう。
「ドレスを着る必要はないわ。ここでおとなしくしているようにあなたの王に命ぜられたのだから」
「その陛下がお呼びでございます」
「アーティス様が?」
「はい」
「でも」
「キーンのことで,イリア様にもご出席いただきたいそうです」
揺らめく炎は幾つあっても太陽アディーはまた力なく微笑んだ。
胸が痛むアーティスを想う時とは違う痛み。
「…ごめんなさい」
まあ、何をお謝りになってらっしゃるんです?
私の力が及ばなくて…「キーンはグレディアの者ですから、キニアスの神様も気づかなかったのでしょう」
「でも」
「まだ何かがあったわけではありません。彼はただ、そちらのお国で足止めされているだけです。悲嘆する必要はありませんわ。こんなことで嘆いていては、アイリア様のご家族もお嘆きでしょうに」
私には家族はいないの「え、」
「巫女になった時に全て縁を切ってしまったので、もしかしたらどこかで生きていらっしゃるのかもしれないけれど、私には両親というものはいない、という扱いなのよ」
ひど自分では当たり前と思っていたことだけれど、彼女は酷く驚いた。
「ずっと、でございますか?」
巫女になった時から。
「ええ。
神に仕える者に身内は必要ないから」
身内がいれば、神よりも優先するかもしれない人の情けとはそういうものだ。
だから巫女に選ばれた時から天涯孤独になる私の側にいるのは、神だけなのだ。

夏の書道教室

こんな書道教室が実際にあったら、大賑わいでしょうねぇ(笑)今回、書道を手取り足取り、チンコ取り教えてくれるのは、アヒル口のかわいい、プニュプニュボディーの書道六段、愛音ゆうちゃんです!!先生いきなりおマンコで筆を取り書道を披露してくれます。そのまま、筆でエッチプレイをしちゃいます。そして、男優の筆!いやいや、チンコを咥えフェラチオしてくれます。自分もクンニ、指マンで潮吹きさせられます。それから、いろいろな体位で突かれまくり、中出しされちゃいます。最後は男優ザーメンを綺麗にお掃除してくれます。
動画:夏の書道教室

でもその神も手放してしまったわね…。
「アーティスが呼んでいたのだったわね。背中、ドレスが着られないほどの痕かしら?」
髪で隠れているのではっきりとはしませんが…、お鏡でご覧になります?
ええ、見てみるわ。…もし、侍女がまだ私のために用意をしてくれるのならば、クリームをたっぷりと落としたお茶をお願いできるかしら?朝から何もお腹に入れていないので
そのように心配をなさらなくても,でも人に会いたくはないでしょう。私が用意いたし手わ。菓子ももらってまいりましょう。暫くお待ちをなかしばら食べていないのは本当だけれど、空腹は感じていなかった。
お茶を頼んだのは、彼女を遠ざけるためだ。
アディーが部屋を出て行くと,私はシーツを巻き付けたままベッドを下り、よろよろと鏡の前に立った。
髪を掻き上げ、背を向ける背中は、アディーが言った通り赤くなっていた。見る限りではかなり大きい。
「これではドレスはやめた方がいいわね」
きっと嫌な顔をされるだろうけど、キニアスの服ならば全てを隠すことができる。胸や腕についた彼の痕も蠟燭の炎に照らされるそれらの薄紅い痕は、まるで花が咲いたようだ。
手の甲の花は失ったけれど、彼に与えられた花に包まれている。そう考えると自然と笑みが浮かんだ。
彼のための花。

彼からの花。
永遠に消えることなく咲き続けてくれればいいのに。
そう願った時、一瞬、夢のような幻が視界いっぱいに広がった。
美しい、私の花。
ああろうそく1ぼろし
私のr#1「アイリア様、お茶の支度ができましたわ」
ドアの向こうから声がかかり、幻の花は消え、「着替えて行きす。そちらで待っていて」
私は慌ててシーツを脱ぎ捨てた。
ドレスではなく、キニアスの衣装に手を伸ばし、白いシャツドレスを纏う。
長い袖の上着を羽織ってしっかりと襟元まで止めると、肌は全て服の下に隠れた。
靴も、キニアスの、ビーズがついた布のものを履いた。足元がおぼつかない今は、これの方が歩き易い。
「待たせてごめんなさい」
隣室では、お茶とサンドイッチとビスケットが用意されていた。
「まあ、ドレスではないのですか?」
「この方がいいの」
「でも」
「皆が何を言っても、私はキニアスの者だから。この姿で出ることが正しいことだわ」
「御髪を梳かしましょう。どうぞお食事をなさってください」
おぐしと諦めたように言うと、彼女はソファに腰を下ろした私の背後に回って髪を梳かし始めた。
「私が呼ばれたのは、アーティスのところ?それとも会議の席?」
「会議の席です」
「そうでは急がなくてはね」
「ゆっくり召し上がってください。もしかしたら長くかかるかもしれませんわ」
「いいえ、きっとすぐに終わるわ」
その甘い紅茶で流し紅茶にはクリームがたっぷり注がれていたが、込むその中に砂糖もたっぷりと入れた。
サンドイッチを急いで口にほうり込み、ビスケットには手を出さなかった。
「アディー、今度こそ約束させて」
「何をです?」
「キーン殿を取り戻すと」
ディリア様
「必ずよ」
彼女は返事をしなかったけれど、返事を強制はしなかった。
「洗ったまま、乾かさずにお休みになったでしょう。少しオイルも付けましょうね」
「それより、手袋を出して」
「手袋ですか?」
「それが正式なの」
「かしこまりました」
正式な装いに必要だったわけではない。
「どうぞ」

放課後Hなアルバイト

若くて張りのある色白の肌にスラリと伸びた手脚吉村美咲ちゃんが放課後にHなアルバイト!男の欲望のままに性欲を処理させられ、従順に抜き取る姿は堪りません!白いパンツを引き裂き、お尻を叩き、アナルまでも丸出しに!湿っちゃったマンコを舐め繰り回され絶叫とともに吹き出す美咲ちゃんの潮〜!学生服姿で男に責められ、感じるがままウットリと快感に夢中ですっ!絶対お見逃しなくっ!
動画:放課後Hなアルバイト

手袋は、失った花を気づかせないために必要なだけだった。
小さな花のついた白いレースの手袋を付けると、私は立ち上がった。
さあ、行きましょう。やるべきことをやらなければ待っているのが楽しいことではないのはわかっているが、だからこそ早く済ませてしまいたかった。
まだ速足で歩くことはできなかったけれど、靴を履き替えたせいで足取りはしっかりした。
闇に包まれた渡り廊下を進み、王城へ入る。
回廊を進み、先日連れて行かれた会議室へと向かう。
アディーは案内としてついて来たが、やはり中には入らなかった。
戸口を守る衛士に彼女が合図を送ると、衛士がドアをノックするえいし「何だ」
中から聞こえた声に、指先がぴりっと震えた。
それがアーティスの声だったから「キニアスのアイリア様です」
「入れ」
「どうぞ」
衛士が扉を開ける。
アディーは礼をして、その場から去った。
ここからは一人だ。
アーティスも味方ではないかもしれない。
「失礼いたします」
覚悟を決めた脚を踏み入れた室内は、張り詰めた空気が漂っていた。
テーブルに着いた、先日と同じ顔触れキニアスの衣装を着た私が部屋に入ると、何も言わなかったが、重臣達は一斉に冷たい目を向けた。
その服で来たのか彼等を代表するようにアーティスが険しい視線で問いかける私はキニアスを代表してこの席に呼ばれたと思ったものですから。
「なるほどな」
この方がよろしいかと
彼は席を立ち、私を迎えに出ると、背に手を添えて自分の座っていた隣の椅子に座らせてくれた。
「大丈夫か?」
ささや小声の囁き気遣われた喜びに頷いて見せるだが視線を合わせる前に列席者から声が飛んだ。
うなず
ご本人がキニアスを代表しているというご自覚があるのなら、如何様にこの始末をつけるのか、お伺いしてはどうです?
私が腰を下ろすや否や、飛んでくるトゲトゲしい言葉。
ご事情は陛下から伺っておられるのでしょう?
敵意、というより苛立ちだろうか。

「キニアスを信じて、この結果です」

あなたを帰せというだけではない。我々に代償を求めるとは何事か「最初からそのつもりでこちらへいらしたわけではないでしょうな?」
「ケルスナー候、口を謹め」
矢継ぎ早に投げ付けられる言葉を、アーティスが制する「彼女に文句を言っても仕方がなぃ。巫女殿はここにいたのだから今回の事態に関与はない」
「…はい」
アーティスは自分の席に戻り、私に背を向けた。
「巫女殿に関与がないにしても全く責任がないというわけではないでしょう。でなければ彼女を人質として呼び入れた理由もなくなります」
大体からして、彼女に人質の価値があったのでしょうか?
「レイノス様を手に掛けた者達を信用したのが間違いだったのです。この上、キーン殿まで失うとなれば…」
耳に痛い言葉「キニアスにこれ以上好き勝手をさせてはなりませんぞ」
責めるように向けられる視線「皆さん今はキーン殿を奪還することを優先させましょう」
キーンの生命は、まだ保証されているのですか?
「もし彼までもが…」
「お止めなさい、コード候。彼等は生命を保証しています。彼女を戻すまでは」
それを信用なさってるのですか?
「するしかないでしょう」
陛下、キーンを取り返すために兵を動かすぉつもりですか?
だつかん何も言わず椅子に身を沈めていた。