社長秘書のお仕事

スレンダーなボディーにプリプリのオッパイ、長月ラムちゃん!!秘書役ラムちゃんは、朝一から、ノーパン直ストッキングに飛びっ子を常着し、社長の極太チンポを喉の奥まで飲み込むバキュームフェラで精子をいただきます。新製品のプレゼンと称し、顧客を生ハメで接待します。女体盛り、ワカメ酒で、全身を使って御奉仕し、しちゃいます。ホントに、よく出来た社員だ!!会社の売り上げも上がる事、間違いなし!!
動画:社長秘書のお仕事

こんもりとふくらみを持った恥丘は形よく、見るからにふっくらと柔らかそうだ。ほとりにそよぐ恥毛は細くやさしげで、しっとりと濡れたような栗色をしていて綺麗なV字に生え揃っている。密集度合いも長さもほどよいので、その下に恥ずかしげに顔をのぞかせている秘唇がぽっかりと浮きあがって見えるようだ。結婚九年の人妻とは思えない初々しい秘所である。
うーん、実に綺麗なオマンコだねえ、奥さん
「いやア、見ないでえ!”」
熊本が顔を近づけてのぞきこむ気配に、亜紀は白い肌を羞恥で朱に染めて叫んだ。
夫以外の男の目には晒したことのない恥ずかしいところを、こんな屈辱的なかたちでまじまじとのぞき見られるのは耐えがたい痛苦だった。
え!?
なんだこれは?

熊本の中指が秘唇の割れ目をすっとなぞってきた。
なんだァ、濡れてるぞ!?
二、三度割れ目を往復してから、指はグニュと淫裂を割って押し入った。
「あっ、いやア、だめ」
黄色く甲高い悲鳴が響く熊本が、曲げた指先をクニクニ蠢かせると、ニチョッと湿った音がした。
乳房と乳首への攻撃で快感を覚えながら、知らず知らずのうちに子宮の奥がゆるんで、じわっと蜜液が湧きあがってきていたのだ「気持ちよくないやつが、どうしてこんなにマン汁をしたたらせてるんだね、奥さん」
蜜液でぬめぬめと光る指先を亜紀の鼻先に突きつけ、「いやア、知りません、そんなこと!」
熊本は勝ち誇ったような顔をした。
亜紀は泣きそうな声をあげて、いやいやをするように首を横に振った。
快美な気持ちになっていた証拠を突きつけられた恥ずかしさに消え入りたい思いだった心と肉体は別物とはいっても、事実は事実なのだから反論のしようがなかったのである「おとなしい顔して、奥さんもけっこうどスケベな女だよなァ。
ほら、これだもんね」
また指で淫裂を割って、「いやいや…やめてえ熊本はグチョグチョと秘肉を指でかきまぜた。

口と心では激しく拒絶しながら、亜紀の肉体は指の動きに呼応して、また新たな濃蜜をとろっと溢れさせる。思考ではどうにもコントロールできない女の悲しい性である。しかも亜紀はセックスの快楽を知りつくしている人妻だ。それも、野沢のような好色な男に開発されている身体だし、そのうえここ1年ほどもかまってもらっていないのである。一度火をつけられれば勢よく燃えあがっても仕方がなぃ。

「奥さんのマンコは、見た目も綺麗だが、性能もよさそうだねぇ」
熊本は満足げにうなずき、卑猥な笑みを口もとに浮かべた秘肉がマシュマロのように柔らかく、そのくせ指を押しかえすような弾力があるのだ。
押しこんだときの反応が今から愉しみというものである「お願い、もうやめて」
「やめてって言われてもねえ。口はそうでも、オマンコはやってって言ってるようだし、どっちを信用すればいいのか迷っちゃうよ」
肉棒をいったん指を秘裂から抜いて熊本はわざとらしく、困った顔をしてみせた。
「いやア、やめてェ」
「よし、決めた。やっぱりおれは上の口よりも下の口が言ってることを信用するよ」
熊本はまた淫裂に指を挿しこんで秘肉をかきまぜてから、「いやいやツ、それ、だめェ!」
蜜液にまみれた指の腹でクリトリスをグリグリとこすりたてた。
亜紀は、喉に絡まったようなか細い悲鳴をあげ、縛られて不自由な身体を揺すった。
らかな皮が弾けて、人妻とも思えないような初々しいピンクの若芽が顔をのぞかせた。
いやいやって言いながら、どうしてオサネが顔を出すんだビクンビクンと間断なく快美な波が突きあげてくる。
クリトリスの柔蜜液でぬめった指の腹を使い、「あっ、いやー!」
熊本は若芽をニチョニチョと揉みたてたビクッと身体を震わせて、亜紀の悲鳴のトーンがあがった。ツーンと頭のてっぺんまで強烈な刺激が衝きあげてきたのであるいやだいやだと思いながらも、心に逆らって蜜液を溢れさせる肉体を亜紀は呪った。
ふっ、さすがに人妻だぜ。見事に熟れて食べ頃になってる拒絶の言葉を口走りつつも、熟したアケビのようにぱっくりと秘唇を開いていく亜紀の痴態を眺め、熊本は好色心を満足させていた。
すぐにもブチこんでやりたいところだが…。
熊本は、いきり立つ肉棒をかろうじてなだめた。
秘孔がどんなに潤んでいようとも、相手が拒絶の言葉を吐きつづける限り、押しこんだら男の負けになる。女に敗北の台詞を口走らせるときだけが男の勝利なのだ。
オマンコをしたいって、必ず言わせてみせるさ亜紀の強情さに、熊本も意地になった。
「オットットトマン汁がこぼれるよ、奥さん」
熊本はわざとらしい大声をあげて「こぼれるともったいないから、栓をしとこうかね」
ベッドサイドの抽出から異様な物を取りだした。
「なかなか立派なものだろ、乳白色をしたセラミックス製の男根である奥さん」
亜紀の目の前に突きつけて見せる。
「いや、いや!」
悲鳴をあげて、亜紀は激しく頭を振った。熊本の意図を察したとたんに恐怖を感じたのである生身の肉棒よりひとまわりは大きく見えて、陶器のように冷たい光を帯びているこんな異物を押しこまれたら、柔らかな花園は傷つき破壊されてしまうのではないかと思う。
お願い、やめてエ必死の哀願を無視して、熊本は先端を秘唇に押しあてて湿らせてから、

小麦色の美マンギャル!たっぷり中出し

基本的に色白ギャルが好きなあっしですが、たまにこういう小麦色に焼けた素肌の黒ギャルで、シコリたくなるのはなんでしょうね?白い下着と小麦肌が最高に似合う、黒澤エレナちゃんがパーフェクトスレンダーボディをふんだんに使い、淫らに乱れる、淫乱作品!! まずはプールでバイブをおマンコに出し入れしながら野外オナニー。黒ギャルに太陽に野外プレーはなんか健康的!突起したクリトリスとピンク色のマンコを指で刺激されて、昇天しちゃうエレナちゃん!まじ、エロいっす!後半はもっと淫らに乱れる!乞うご期待!
動画:小麦色の美マンギャル!たっぷり中出し

「あう、いや、いや!」
ゆっくりと押しこんだセラミックス製の男根はズブズブと秘肉を押し分けて根元まで埋没した。
ビクッビクッと亜紀の身体がはねる。
「いや?あ、あーっ」
亜紀はホッとしたような吐息をもらした。恐怖感を抱いたほどのことはなかったのである。
ろか、本物の肉棒を挿入されたような満足感さえ覚えていたのだ。
「なっ、見た目とちがって本物に近い感じだろ、奥さん」
硬いのに表面はしっとりと柔らかく、異物感はない。
それどこ根元をつまんで、熊本はゆっくりと出し入れをはじめた。
「ああっ、やめて、やめてえー」
亜紀は身体を震わせ、黄色い悲鳴をあげた。
「気持ちいいだろ、奥さん。そういう顔してるよ」
熊本は興にのって荒々しく出し入れを繰りかえした。
ううっ、気味悪いです!
亜紀の身体が敏感に反応しはじめたことを見てとったのである。
亜紀はどこまでも拒絶の言葉を口にしているが、開いて喘いでいる。
表情には明らかに快美な反応が表われていた。
眉間に縦皺を刻んで眉根を寄せ、小鼻を膨らませ口を半ばまったく強情な女だぜ…
熊本は半ばあきれながらも、亜紀を陥落させたときの喜びを想像して欲望を倍加させていた。
「気味悪いのに、どうしてこんなにマン汁が溢れてくるのかな」
抽送するたびにニチョッと響く淫靡な音に耳をそばだたせ、ニタリと卑猥な笑みを口もとに浮かべる。事実秘孔の奥からトロトロと甘い蜜液が湧きだしては流れだし、秘唇に溢れてきているのだ。亜紀がどうとりつくろおうとも、もはや事実をおおい隠す術はない。
「奥さん、事実を隠して嘘の証言をすると偽証罪に問われることになるよ。正直に言ってしまったほうが気持ちが楽になると思うけどねえ」
荒々しく出し入れしつつ、「あっ、いやーっ、いやよォ熊本は一方の手の指でクリトリスをつまみ、ピンクの芽をグリグリと揉みたてた。
やめて、お願い」
亜紀は泣き叫び激しく身を揉んだ。

秘孔とクリトリスの同時攻撃は、セックスの快楽を知りつくしている人妻には刺激が強すぎた。まして、一年もその快楽から遠のいていたのである。いったん火をつけられたら、乾いていた肌がメラメラと燃えあがったとしても、それは自然の成りゆきというものかもしれな「もう許して許してください」
忘れかけていたセックスの悦びがジワッと全身にひろがってきて、亜紀は次第に自制心を失いつつあった。
ることが怖い。そうなったときの自分に責任を持てないことは、もっと怖いし恥ずかしいこれ以上攻めたてられて、白分が自分でなくなそんなことになる前に、この攻撃を中止してもらわないと「奥さんは偽善者だねぇ気持ちいいのに気味悪いなんて嘘をつくと、神罰があたるよ」
突き入れ、引きだしながら、押しこんだまま円を描くようにニチョニチョと秘肉をかきまぜる「あーっ。それ、やめてえ、いや、いやーっ!」
頭の芯まで快感に貫かれ、見せてしまったのだ。
「ア,アンアアーンッ亜紀はビーンと身体を固くした。
口ではどう拒絶の言葉を吐こうとも身体はそれを受け入れているという、動かぬ証拠を熊本に」
快感を示す喘ぎ声をあげ、亜紀は歯の間からすすり泣きをもらした。
ああっ、気持ちがいい…どうしてこんな抽送され秘肉をかきまぜられるたびに、強烈な快感が全身にひろがってい一年間夫と交渉がな忘れかけていた肉の悦びが、いま鮮烈に甦ってきたのだ。抵抗の糸もここでぷつりと切れてしまった気がする。
「アアン、アアン」
喘ぎながら亜紀はもぞもぞと腰を揺すった。
「気持ちいいんだろ、奥さん」
理性はどこかに消し飛んでしまったらしく、肉欲だけが頭のなかを支配している。
熊本に問いかけられると、亜紀はこっくりとうなずいた。
「本物のチンポが欲しいだろ」
それにも素直にうなずく。もう理性も羞恥も残っていないらしい「だったらはっきりと頼めよ。本物のチンポをわたしのマンコに入れてくださいって」
「いや!」
亜紀は首を横に振った。生まれてから一度も口にしたことがない下品な言葉にはさすがに抵抗がある。
「オマンコしたいんだろ、奥さん」
それでも熊本が荒々しくセラミックス製男根を出し入れすると、亜紀は思わず口走ってしまっ「ああ、オマンコしたい」
「なら、頼むんだよ、奥さん」
あーっ本物のチンポをわたしのマンコに入れてください口走りながら亜紀は敗北を悟っていたしかし、くやしさも屈辱もない。今はただ素直に肉欲に身をゆだねたかっふっ、とうとうやったぜ…。
熊本は心のなかで快哉を叫んでいた。

出会い系サイトで見つけたエスティシャンを別の日のお昼休みに呼び出してまたヤル

出会い系サイトで見つけたエスティシャンを別の日のお昼休みに呼び出してまたヤる!出会い系で知り合った女の子とホテルでエッチ。そして、数日後のお昼に呼び出そうとするが、女の子は仕事中。じゃ、お昼休みに来てと頼んだら、すんなり来てくれてまたエッチをするエッチな子!
動画:出会い系サイトで見つけたエスティシャンを別の日のお昼休みに呼び出してまたヤル

もう抵抗されることもないので両手足のロープを解いてやる。すると亜紀は安堵の声をもらした「髪をおろさせてもらうよ」
アップに結いあげていた髪をほどくと、柔らかくカールされたロングヘアが、はらりと肩の下まで垂れてシーツに散った。
栗色の髪と白い肌がピンクのシーツに色鮮やかな調和を見せている。シルクのスリップを布切れのようにウエストのあたりに巻きつけた姿が男心をそそる。
熊本ははやる心でセラミックスの男根を引き抜いた。ニチョッと卑猥な音がして、蜜液がトロトロと秘唇に溢れてきた。
「あ、はぁ!?
亜紀の口から甘い喘ぎがもれて、本物の肉棒を期待するように腰をくねらせる暴発しちまうとやばいな亜紀を自分の女にするためには、ここは完全にオーガズムに達してやらなければならないが、このまま押しこめば興奮ですぐに射精してしまう恐れがある。
熊本は、模造ペニスとセットで買った、セラミックスのリングを取りだした。周囲に三角形のヒラヒラしたギザギザがいくつもついていて、ちょっといか」
つい感じがする。亀頭の下の溝にはめこむように装着すると、先端が締めつけられて感度が少し鈍るぶんだけ射精を遅らせることができる。
セラミックスで秘肉をこすられるので達するのが早い。これで同時にオーガズムを得ることができるはずだ。
女はギザギザの熊本は秘唇に亀頭を押しあててのしかかり、「あっ、ああ!?」
ゆっくりと腰を突き進めた。
迎え入れるように亜紀が腰を揺するズブズブと、怒張は根元まで埋まった。
「入ったよ、奥さん。
おれのチンポが奥さんのマンコのなかにしっかりと入ったよ!」
亜紀の身体を抱きしめ、熊本はうわずった声で耳もとに囁いた。
「これで亜紀はおれの女になったんだ、いいな」
恋焦がれた美貌の人妻に挿入したことで、純粋に有頂天になっているのだ。
挿入され名前を呼び捨てにされると、熊本の女になったのだという実感が湧いてくるから不思議なものである。

亜紀はおれの女だ。亜紀のマンコはおれだけのものだぞ!
亜紀は素直にうなずいていた。
熊本は腰を揺すってズボズボと出し入れをはじめた。
「あッ、あ-ッ」
亜紀の上半身がビクンッビクンッと揺れるうツ、亜紀のマンコは気持ちいい。柔らかくて締まりがあって最高だ!
真綿でくるまれたような、という表現にぴったりの秘孔である。
キュッと肉棒全体を包みこむようにしっとりと締めつけてくる感触は超A級のものといっ

【調教レイブ..。...蝕まれゆく十七歳】飽きがきて1年以上も抱いていないとはいえ、「くそっ!」
妻を脅しとられた気分は最悪である。
野沢は舌打ちして顔をゆがめた不格好で不細工な熊本にのしかかられて亜紀が貫かれていると思うと、腸が煮えくりかえる思いがする「おらア、もっと気イ入れてしゃぶらんか!」
怒声を浴びせて野沢はぐいっと腰を押しつけた。
「うぐぐッ…」
喉奥まで肉棒を押しこまれた冬美は苦しげに眉を寄せて呻いた。
呼びつけられて、下校時に野沢のマンションに立ち寄った部屋にあがると、いきなりフェラチオを強要されたのである。
野沢は全裸でベッドサイドに腰をおろし、その両腿の間に座りこんで肉棒を頬張らされている冬美はセーラー服姿だ
先っちょをペロペロと舐めてから溝に移って、「あ、はい。わかりました」
その次はネクタイだ。
いいな、冬美
冬美はうなずいて、含んだ肉棒を唇で挟みつけ、チロチロと亀頭に舌を這わせた。
仕方がないんだわ…諦めの気持ちが先に立つ。暴力的に犯されて処女を散らされた事実の前には抵抗も色あせてしまうのだ。
その後も何度となく犯されている。
冬美のように気性の勝った少女は、一度理性が崩れてしまうと、逆に従順になってしまうのも仕方がないことだろう。
舌先で突つくようにして裏側のくびれの部分を舐めまわし、うんその調子だ。なかなかうまいじゃないか
溝を丁寧になぞった。
野沢がぐいぐいと腰を押しつけてくる。
気持ちよさそうに目を細め、「あぐう…」
冬美は苦しげに眉根を寄せた。剛棒の先端が喉奥を圧し、ごわごわした陰毛がジャリッと唇に触れた。
おら、休むんじゃない。つぎは唇で挟みつけてしごきながらしゃぶるんだよ!
髪の毛をわしづかみにして引きつけ、「あッ、ううッ」
ぐいぐいと前後に揺すって野沢が怒声を浴びせる。
熊本に妻を脅しとられた腹立たしさを冬美にぶつけているのだ。
息苦しさにポロポロと涙をこぼしながら冬美は、チロと這わせて肉茎を舐めまわす。
節くれだった太幹を唇で挟みつけた。
顔を前後に揺すって、根元から先端までしごき、その間も舌をチロチュパツチュパッと、卑猥な音が響いた。
大名気分だぜ。やり飽きた古女房なんざ、クソ食らえってとこだよな..教え子の美少女を攻めたてることで野沢は溜飲をさげていた。眼下の光景を眺めていると、亜紀を脅しとられたことなどどうでもよくなってくる宝塚の男役っぽい美少女が、セーラー服姿でひざまずき、全裸でふんぞりかえっている自分の肉棒を深々と頬張っているのだ。泣きながら卑猥に頬をすぼめて口唇奉仕する姿は、まさにエロスの極と言ってもいいすぎではないだろう。
「よし。竿はもういい。つぎは袋だ!」
「ああ、もう許してください、コーチ」
どんどんエスカレートしていく要求に、冬美は泣き声をあげて哀願した。
「何が、もう許してだ。チンポをしゃぶっておいて袋はいやだってのは片手落ちだろ」
ああ、でも…「そんなことじゃ何をやっても大成せんぞ。勉強もテニスもフェラチオも途中で投げだしてはいかんのだ」
ばかげた台詞をもっともらしい顔で言って野沢は、