美乳・生中出し

本当に美人すぎる、アイドルでも全然いけちゃいます。大人気美顔美乳女優、叶志穂ちゃん!!こんな綺麗な人と町ですれ違ったら思わず二度見しちゃいます!!そんな、志穂ちゃんが、おまたおっぴろげて、オナニー見せてくれます。それだけで抜けそうだけど、フェラやアナル調教、そして、ガチファックまで余すことなく見せてくれます。おマンコからあふれ出す、精子がめちゃくちゃエロいんですょ!!いい物、見せてもらいましたょ、大満足の作品です!!
動画:美乳・生中出し

母の裸身が戻ってきた次の瞬間、グチュ
という音がしたかと思うと、栗の実のような亀頭がズボッと女性器にはまっ「ぁぁぁっ!あぁああああ」
母の顔が大きく上を向き、口もとから絶叫がもれる。しかし、その叫びは決して苦痛や恐怖から出ているのでは性器と性器がドッキングしたまま父が何度か腰を振る。それから母の太腿に手をかけてペニスを引き抜くと、また割れ目を恥ずかしげもなくさらした女体Jとは、正木にもわかっを突き離し、振り子のように揺らす。
ニスを引き抜き、母の身体を揺する。
裸身が戻ってくると、ペニスの割れ目がドッキングする。
父が腰を振り、母が股を揺すって悶える。
そしてまた父がペそれを何度も何度も繰りかえす。赤黒い亀頭をもったペニスは、「あっ!あああ!いつ、いいいいっ!」
そのつど見事にズボズボと肉壷にはまり、母を狂わせた。
母の口もとから、「そうか、ひっきりなしに、とろけるようなよがり声がもれだしてきた。
身悶えながら丸めた背を必死で反らせようとする。
そんなにブランコが好きか」
母の身体がいっそう大きく振られた。
えった肉棒が膣道を貫き、また同じように亀頭にキャッチされたかと思うと、今度はズブリと、一気に肉棒が根元までもぐりこんだ。
反りか奥まで届いたのだろう。
おこりにあったように裸身が震えた。
乳房が揺れて波打えぐり抜く行為に耽っているまるでキャッチボールを楽しんでいるかのように、「あっいいっいいの!」
「どこがどんなにいいんだ?」
父はペニスを肉壷にはめこみ、父がうれしそうに問いつめる。
「オ·オマ×コがジンジンして、いやらしい言葉で答えるオマ×コたまらないんです」
母も負けじと、「よーし、じゃあこれはどうだ!」
父はそう言うと、キャッチした母の腰をがっちりと両手で押さえた。一物は根元までしっかりおさまっている。
思いきり突きあげ、そのままグルグルと回転させはじめた。膣壁を撹拌し、子宮までえぐるような勢いい。連結部では、無毛のヴァギナが陰毛で擦られていた。
あっ、あああああっ!すごいの!ああっ、オマ×コオマ×コがとろける手で剥きだしの股間を固定し、自らの腰をその撹拌も激し身体が宙に浮いているぶんだもはや正木の目にその連結部は見えていないが、いるのだということはわかった。
状況と成り行きからして、あの野太くて長い一物が、母の股間にある穴をピッチリ塞いで、かきまわしてしかも母は明らかに悦んでいた。

何度も何度も、淫らな四文字言葉を口にしたまだ小学二年生の正木には、どう考えても両親の行為は異常だった。身の毛のよだつようないやらしさが、糊のように背中にはりついてきた「母さんのオマ×コさんのオマ×コ..。...」
口のなかで呪文のように繰りかえしながら、その光景を見つめていた。
オナニーという手段を知らないことで、体がおかしくなってきた。
やり場のない熱い思い、憤り、そしてとてつもない悲しみに包まれ、大粒の涙がこぼれてしまう。
やがて、もう両親の異常な光景を見つづけることができなくなり、這うようにしてその場から逃げだし、正木はその夜から三日ほどして、祖母にあらためてぉ菊虫のことを聞い祖母の寝ている部屋へ戻ってい
番町皿屋敷
の怪談話である。
子供ながらに、後ろ手に縛られた女が苦しに腰を突きだしている姿の、お菊虫というのを理解した。
それから後も、以来、正木は、何度かあのお菊虫の声は蔵から聞こえてきた。けれども覗いたのは、後にも先にもあのとき限りお菊虫という名前を思いだすたびに、父が母にしていたサディスチッセックスと、無毛の母の女性器を脳裏に描いてしまうようなった正木はてのひらにのせたお菊虫を投げ捨てると、廃屋から再び外に出た脳裏には、さっき見た女の性器と母の性器が二つ、並んで浮かんでいた。
邪念を打ち払うかのように、正木はごろりと草原に大の字で寝転がって大空を見つめた天空には、竹箒で掃き流したような絹雲がひろがり、はるか彼方にある台風の存在を知らせてい八月も半ばをすぎた頃のカギ状絹雲は、大空に浮く怪しい土用波なのである。
絹雲は青空のなかを、ゆっくりと絹層雲へと姿を変えてい明日は台風になるな正木はまた蝶のことを思いかえし、むっくりと上半身を起こした。
腕時計を見ると、時半だった。腹が鳴り、昼食を抜いているのを思いだした女がいた別荘へ行く途中に、山小屋風のレストランがあったのを思いだした。立ちあがり、途中まで戻ると、前方に、同じ方向に進む女の後ろ姿が見えてきた。
女は白い日傘をさし、純白のブラウスに白いセミロングのスカートをはいてい草原を走る一本道を戻りはじめた。
真夏とはいえ、何もかも白ずくめの姿が、清楚で知的な美人という印象を与えた。
正木は意識的に歩幅をひろげ、女との距離を縮めていった。
十メートル、五メートルと距離をつめても、女はいっこうに後ろを振りかえらなかっ日傘の端から、肩にかかるふわりとしたの黒髪がのぞき、横顔が見えてきた追い越しざま、チラリと横顔を見た。

熱血アスリート伝説

スポーツをテーマにした作品です!!いきなり、いぶきちゃんのブルマ姿でランニングするSEXアスリート!!そして、スクール水着に着替えたのですが、水着を部分カットされ、刺激させられまくる。お次のシーンでは、たくさんのチンコをペロペロ舐めまわしお口で受け止めます!最後はエロコーチ教室で本番生SEX、コーチのチンコを大きくして、いぶきのちゃんのパイパンおマンコにドーンと挿入いろいろな体位で突かれちゃいます。ブルマ、スクール水着、制服と盛りだくさん!!是非ご覧あれ!!
動画:熱血アスリート伝説

女は、降り注ぐ陽射しを日傘に受け、さらにもう少し先まで追い越し、ほどよい距離をとって振りかえっ逆光のなかで美しい象牙色の顔を向けてい正木の視線と視線が合うと、顔をうっ向かせた正木の脳裏に閃光のように、清楚で気品高いマダラチョウの名がきらめいどうしてこのあたりには美人が多いのだろう。さつき別荘にいたオナニー女といら日傘をさした女とい銀座や六本木あたりを歩いていても、滅多にはお目にかかれないほどの美貌である。
この女が優美なリュウキュウアサギマダラなら、別荘のオナニー女は華麗で妖艶なアオタテハモドキだ正木は勝手に二人を執心の蝶に置き換え、目的のレストランへと向かってい店はちょうど暇な時間帯なのか、客はなく、静まりかえっていた正木は大きなブルに一人で腰をおろし、奥から人が出てくるのを待冷房が効きすぎていて、全身の汗がみるみる冷えていった。
やがて四すぎのマスターが、暇そうにパイプをくゆらせながら現われた。正木はコーヒーを注文したマスターがパイプを咥えたままコーヒーをいれはじめる。正木は何を食べようかとブルの上に置かれた目を移した「お客さんは東京からですか?」
マスターがカウンター越しに声をかけてきた。
「ええ、四日前から来ているんですけど、まだお目当ての獲物が捕まえられなくてね」
「獲物?」
「ええ、蝶ですよ。
蝶々」
正木は横の壁に立てかけておいたネットを手にとって見せ、少し照れたように笑いながら応えた。
「へえ。わざわざ東京からこのあたりの蝶々には、珍しいのがいるんですか?」
「ええ、まあね…」
マスターの質問に、またかという失望を感じながら、適当に言葉を濁した。大抵の人間は、正木のような蝶屋の話をニヤニヤと嘲笑を浮かべながら聞く。
いい大人が、何が蝶々だと小馬鹿にしたような目で見るのである。今も正木は、マスターの言った「わざわざ東京から…」という言葉にそれを感じた。
それで、どんな蝶々を?
「まあ、いろいろですが、とくに亜熱帯産の蝶をね」
「大変ですね。この暑いなかを」
でも太陽の下で、健康的といえば健康的だし…お茶を濁したような返事をしながら、何か別の話題はないかと頭を巡らせた。

「それで、蝶の研究か何かを?」
ええ、まあ…それよりマスター、ここに来る途中で、ものすごい美人と会いましたよ。
「すごい美人?....。.髪長姫のことかな」
「カミナガヒメ?」
「そう。髪が長くて腰のところまである人じゃなかったですか」
別荘に遊びに来ている人なのかな
女のしなやかな裸身が、マスターの言葉にドキリとした髪が腰のあたりまである美人といえば、しても脳裏にくっきりと浮かびあがってきた。
「そんなに長くはなかったな」
まさしくそれは、別荘の窓から覗き見た女である。
また正木は心の片隅に澱む犯罪者意識から、別荘の女から話をそらせようとした。
そうですか。じゃあお客さんは、姉さんのほうを見かけたんだ。ここらで絶世の美人を見かけたとなれば、「へーえ、美人姉妹」
どちらかですからね
正木は適当に相槌を打ちながら、二人は姉妹だったかと納得したようにうなずいた。
「それに、妹さんの髪長姫のほうは、まだ独身ですしね」
「ところで、そのカミナガヒメって、あだ名なの?」
「ええ、昔この地方に、諸県君牛諸という豪族がおりましてね。その娘が髪の長い絶世の美人で、髪長姫と呼ばれていたんですよ」
「それで、美人で髪の長いその妹が、その髪長姫の再来ってわけですか。さすがここは、天孫降臨の地といわれるだけのことはありますねえ。あだ名の付け方まで洒落ているじゃないですか」
「お客さんが姉さんのほうに会ったのは、きっと病院からの帰りですよ」
「病院?」
「ええ、あの人は吉村ていう大学教授の奥さんなんですけどね、先日、旦那さんが倒れて、入院しているんです。お見舞いの帰りですよ。毎日お見舞いにいってらっしゃるようですから」
マスターはこのあたりの主でもあるかのように、別荘にいる人たちのことをよく知っていて、ペラペラとしゃべった。
その話によると、吉村夫妻は二十も歳が違い、彼女は二十七歳、妹は二十五歳で、二人はこの店に宝く顔を出すということだった。
「そうですか。もう一度あの美人に会ってみたいな。二人はいつ頃、このお店にやってくるんですか?」
「毎晩のように二人で一緒に来ていますよ。よかったらお客さんもいらしたらいかがですか。紹介してあげますよ」
「本当ですか。そりゃあ、うれしいな。一人で暇をもてあましていたところを、しかもあんな美人ともう一度会えるなんて」
正木はホテルに戻り、夜に出直してこようと思った。あの美人姉妹と一緒に語り合えると思うと、日の暮れるのがたまらなく待ち遠しくなった。ましてや妹のほうは、オナニーしていた現場を盗み見ているのだ。その本人を前に、妖艶な裸身を思い浮かべながら語り合えるなどは、最高の趣向のように思えてきた

ノーパンノーブラ晴れ着Fuck

某アイドル似の可愛らしいフェイス、プルプルとさわり心地のよさそうな美巨乳、その上スレンダーな色白ボディーと、まさに完璧!と言っても過言ではない椎名ひかるちゃん。ゴージャスボディーは見る者を引きつけ、その無垢な可愛らしいお顔とは裏腹にエッチな事が大好き!そんなひかるちゃんの体にローションを満遍なく塗りたくりってみました。濡れたシャツとパンツから透けた乳首とオマ○コはイヤらしさMAX!!エロエロなひかるちゃんですが、晴れ着を着れば、瞬く間に清楚な和風美人に早変わり。でもエッチ大好きなひかるちゃん、晴れ着の下はノーパン・ノーブラと準備万端な状態!少しずつ晴れ着から開放される美味しそうな美巨乳としなやかなスレンダーボディー。ぐっちょり濡れたオマ○コに「入れてください」と恥ずかしがりながら言っている表情はまさにエロカワ!見逃せません!
動画:ノーパンノーブラ晴れ着Fuck

「じゃあ、今夜また来ます」
約束をすると、当店の自慢料理となっているステーキを奮発して注文した。
アバンチュールの夢が、勝手に正木の頭のなかでどんどん膨らんでいた。

【美姉妹·採集解剖計画】正木が再びレストランに顔を出したのは、まだ外が明るい六時半だっホテルに戻り、その日に捕った蝶を標本にした。
それからシャワーで汗を流し、服を着替えてやってきたのである奥のテーブルに二人、
昼間はどうも…老夫婦らしき先客が座っていた。
正木はカウンターに腰かけると、落ち着きなく煙草に火をつけた。
声をかけると、マスターが奥から顔を出した。
「きっと七時すぎにはみえますよ」
カウンター越しに内緒話のような小声で言って笑う「じゃあ、ビールでも飲んでいようかな」
「おいでになったら、すぐに紹介してあげますから」
マスターはうれしそうに言いつつ、ビールを取りだして栓を抜く。
正木はそわそわして、まるで恋人を待っているような気分だった。
美人姉妹はどんな性格をしているのだろう。妹はちょっと気が強そうだが、姉は清楚でおとなしそうなタイプだった。
身体も妹のほうが細身だな。
スリムだけれど、見事な乳房をしていた。
こんがりと焼いた肌からして、水泳でもしてシブアッブに怠のだろう姉は日焼けしておらず、丸みのある、女らしい身体つきだった。
スリムな女も悪くはないが、ほどよく肉がついているのは抱き心地がい乳房も妹に負けず劣らず大きそうだし、お尻も格好がよかった。
そんな美人姉妹をはべらせて酒が飲めるとは、きっと最高の気分だろうと思うそれにしても、姉のいない慴守にオナニーをしているとは驚いた。

普段、姉夫婦にあてつけられているのだろうか。
中なのだ。だったら読んでいたのがポルノチックな本で、それに刺激されたのか。
いや、ここしばらくは、姉の夫は入院まさか、そんな…でも、世間でよく言うように、美人すぎるとかえって男が近寄りがたくて、寂しい思いをしているってことも考えられるぞ。
ば、スマートに口説けば思いのほか簡単に落ちるかもな。へへっ、蝶屋と別荘地の美女のひと夏の恋か。オナニーで白分を慰めていたんだから、じゃなさそうだぞ。和気あいあいとなったところで、思いきってデートにでも誘ってみるかだとすれ決して夢正木はあれこれと好き勝手な空想を膨らませ、いまや遅しと胸をはずませて美姉妹の現われるのを待ってい二人が現われたのは、マスターの予告よりも1時間ほど遅れた、八時を少しまわった頃だスがパッと明るくなったのではと思えるような華やかさが、彼女たちにはあった。
姉の服装は、昼間見かけたときと同じ純白のままで、妹は身体にぴっそんな服装も浮きあがってはいない。一人でもすごいのに、こうして美姉妹が二人揃うと、とした、黒いサマードレスを着ていた。
高原の洒落たレストランだから華麗という言葉がぴったりだっ品のいいオーデコロンの香りと、二人の長い髪から発散されているセクシーな匂いだ。
一人が席につくと、女の甘い香りが漂ってきた。
「葉子ちゃん、ここでいいかしら」
あら、可愛らしいお花ね姉妹は、カウンターの後ろにある大型のテーブルに座ったテーブルの中央には、電灯がぶらさがり、丸い光を投げかけている。窓にかかったツートーンカラーのカ一輪挿しで桔梗が生けられていた。
天井からは円錐形の傘を模した吊りのセンスもよく、ムードは満点だった。
焦ってはいけない正木は自らにそう言い聞かせるのだが、どうしても視線がチラチラと姉妹のほうへ向いてしまう。
一人は仲よく顔を寄せ合って、一つのメニューをのぞきこんでいた。
タイプは少し違うが、どちらも甲乙つけがたい美貌だ妹の顔を見ているうちに、白い水着の跡を残した裸身が思いだされてきた。釣鐘型の乳房が、うっすらと肋の浮きだした贅肉のかけらもない肢体が、ぼってりと秘唇をはみださせた恥毛のふさふさとした股間が、脳裏にはっきりと蘇ってきた。そんないやらしい目で見てはいけないと思うのだが、浮かんできてしまうものはどうしようもない。
あげくに正木は、姉妹を見較べながら姉の裸身までも空想してしまう始末だやはりどことなく似ている。しかし妹のような、見るからにセクシーという派手ュという派手な髪形をしていても、どことなくおっとりとして整った顔立ちに均整のとれた肢体は、姉は、さはない見える妹ほど背は高くないものの、上品でシックで、いかにもつつましやかな清純な若奥さんという感じ正木はこっそり二人を見較べつつ、心の内で、やはり姉がエレガントなリュウキュウアサギマダラで、