女熱大陸 File.009

今回の女熱大陸は、あっという間にAV業界のTOPまで、駆け上ってきた、椎名りくちゃんにスポットを当てた作品です!普段は見る事ができないAV女優の素顔に迫ったエロドキュメンタリー!2006年にスカウトされたのがきっかけでAVデビュー。スカウトの押しの強さに負け事務所入りしてしまったのだとか。プライベートな内容まで語り、最後まで手抜きなく、見ているファンに伝えようとする気持ちが伝わってくる!しかも最後までサービス精神旺盛の中出しです!ファンを大事にしてきた彼女だから言えるファンに向けたメッセージ!君は感じる事ができたかな?永久保存版!
動画:女熱大陸 File.009

もう一つは、名器に変換され難い女性タイプが、ああ、気持ちいいとつぶやくほどの快感を味わいつつ、「怒涛の如くうねる究極のヴァギナエクスタシーを体験できるかもしれません」というケースですただし、共に、常に体験できるゾーンではありません。ここは、因子がフィットしなければ得難い特異な快楽ゾーンだからです。
「時」
と「心」
と「スイッチ」
いう三つの変動女性が書く性体験からのアドバイスでは、「丁寧に愛撫されると気持ち良くなってイケるようになります」とか「きゅっとしまったアソコは男性と女性のセックス満足度を上げるための嬉しいポイント。感じやすいアソコは膣トレで作れるんです」とか本当に体験談だけで、「時」「心」「スイッチ」と関わる体系的知識が不足気味ですから、万人向けとは言い難い側面が出てきます。男女共、体系的に攻めましょうね。そうすればブレも少なくなるはずです。
9ピストンとローター男性が最も勘違いしていると思われる性行為の一つにピストン運動があります。アダルトビデオの見すぎなのでしょうか、エロ小説の読みすぎなのでしょうか、なぜか高速ピストンを実践する男が多すぎるような気がします。
しんし「スローピストンは絶対」
と確信している真摯に女性のオーガズムを追及するアダルト男優が告白していましたけ
SEXの魔衝uenoyasuhiroど、スローセックスのAVって、その理由らしいのです全く売れないんですって。
男性が見ておかずにならない映像になってしまうのがこの性急でがさつなピストンを嫌う女性は少なくありません。本当は、小刻みにゆっくりとリズミカルに、「の」や「ゆ」の字をゆっくりと書くとか。男性もユックリズムなので疲れず、余裕が出てきます時々イントロゾーンでは、そっと髪を撫でる、そっとささやくなどで女性の気分を盛り上げ、無言のまま、ゆっくりピストンを続けるのがセオリーです。
女性が感じ出したらヨガの性秘儀でも、ユックリズムは大前提なのですが...。実践的にも、はリズミカルでスローなピストン以外からは生まれ難いと思いますヴァギナによる究極のエクスタシささやくように控え目な「とてもかわいい」「肌がすべすべしてる」のような褒め言葉、いとおしく髪をなでてくれる丁寧な仕草。かすかな信頼性を醸成してくれるような「愛の安心感」与えられた後で、ゆっくりとピストンを繰り返されていると、突然、体の奥底からうねるような凄まじい快感が湧き出てくることがあります。
じょうせいこれが、かなりの時間持続する自律外の快楽で、そのうねりに体を委ねているうちに全身が弛緩したような状態になってしまいます。

この快感は麻薬に匹敵するほど大量のドーパミンを分泌させますから、これを越えるオーガズムはあり得ないと断言してもいいほどの衝撃であると確信しています。
ただし、「期待感と安心感のギャップ」や「排卵期か生理期の間近」
現象ですから、「いつでも、どこでも」というわけにはいきません。
などといった諸条件が一致しないと生じない巻末に書籍コードを書いていますが、ださい。
排卵期と生理期における絶好機の狙い方と落とし方は、この書物を参照くこれに準じるのが、①「クリでイッタ」、②「クリと膣の同時攻めが2◯分は続いて、なだらかな快楽に身を委ねられて凄く気持ち良かった」、③「膣が名器に変換されてもぞもぞと表現できないような非日常的な恍惚感を味わえた」などの快楽コースかと思われますと②に関していえば、ローター使いもあり得ます。ただし、最初からローターはおススメできません。始めちょろちょろ中ばっば。始めは唇と舌で丁寧な愛撫は絶対で、これで女性の感度が高くなり、かつ唇·舌でイカないと判断したときにローターを使います。
ローターオンリーによるクリ攻め、めとバリエーションは色々ありますクリへのローターと膣への指攻めの同時戦略、挿入したままでのローター攻ここで注意しておくべきことは、ローターはミニを使いたいということです。振動数の高いローターの時は、タオルなどをあてて衝撃をやわらげたいものです。過激なローター常用は、子宮によろしくなく、子宮筋腫などの原因にもなり得るからです。

ふしだらの虜 Vol.3

大人気のシリーズ『ふしだらの虜』が登場!淫乱痴女が乱れて、悶えて、イキまくって、自分の肉欲を思う存分発散する作品です!今回、変態っぷりを出してくれるのは、麻川麗さんの登場!これは、期待出来ますね!初っ端のフェラチオこれがもう濃厚で目がヤバイ!!こんな痴女にこんなフェラチオや手コキは見た事無いです!まさに、チンコに群がるハイエナ!後半も顔面騎乗位で、相手が圧迫死しちゃうんじゃないのか?ってぐらい、マンコを顔に擦りつける、淫乱っぷり!最高に、淫乱と化した麗さんを見逃すな!!必ず抜ける作品がそこにある!
動画:ふしだらの虜 Vol.3

セックスはワイルドがいいように思われるかもしれないし、ワイルドに攻めて欲しい気分の時もあるかもしれないけど、「愛情を確かめ合いながらのエレガントスローが基本形になる」と覚えておきたいものです。
1◯女性の快楽はどこから生まれるのかいわゆる性感帯と呼ばれるものがあります。
首筋にかけてのラインがよく知られています。
全身の力が抜けちゃう。
唇、陰核クリ、膣の三大ポイント以外では、例えば、耳の下から「息をふきかけられたら、ぞくぞくする」
舐められたら、もうダメしかし、それも興奮モードに入ってからの話になります。その気になっていない通常モードでこれをやられたら「ウザいわね」って激怒するはずです。女性はすぐ勃起できる簡潔明瞭な男性と違って「日常と非日常の色分け」
が極めて明確な生き物ですから、スイッチが入っていないとすべてがお笑いになってしまいます女性の快楽のツボは「非日常に入るスイッチ」
にあるスイッチが入らないと始まらない。そして、スイッチが入りにくい性偏差値の低い女性に限って「私は恋愛モドの雰囲気が好きなの。彼氏が満足してくれたら、それでいいと思ってる」などと、ファンタジー世界の聖処女みたいなことをいいますが、それはただ、何も知らないだけ、無知なだけの話です。
女性のスイッチはどのようにして入るのでしょうか。
するキーワードは何なのでしょうか覚えておかねばならないのがここです。
快楽モードに移行スイッチとキーワード。この二つを知らないと勝負になりません。
ギャップを感じたときですスイッチの入り方は二通りあります。
一つはギャップは「緊張と弛緩」「危険と安全」の落差を感じたときに生じます。
「仕事で疲れたから温泉へ」が平凡な緊張と弛緩の形態です。
平穏な日常に訪れるちょっとした落差。
から生じる典型的なギャップです。
女はギャップ「怖い上司から褒められて頭ぽんぽんされた」
の興奮によって非日常モードに突入します。
は「危険と安全」
もう一つは排卵日と生理日です。
排卵日は、膣が男性の陰茎を求める、月に1度訪れる非日常世界です。

膣が男性器をくわえ込みたいと叫び出します。性偏差値が低いとその実感がわかないから、「なんとなくもやもや」で済んでしまうかもしれないけど、経験者なら、膣壁で男性器をしごいて精子を放出させ、受精卵にまで送り込もうと蠕動運動うんどうが活発化します。
んどうこれがミミズ千匹の正体でもあります。ただし、だけでは、ミミズは数匹ぐらいしか出て来ません。
の快感でしかないのです。
この正体は「卵」でしかないところが恐ろしい。排卵日という「排卵日のセックスは気持ちいいのよ」。でもそれは、卵レベル「排卵日のセックスは気持ちがいい」。これは常識ですが、しようか
それを活かすにはどうすれば良いのでしょうかでは、女性器にどのような変化が起こっているのでが、よく知られていません。
性経験値の低い人はモヤモヤ、それなりの人はムラムラとなるけど、期待度が絡むギャップスイッチが入るとミミズが千匹湧いて出る人もおれば、三百匹や百匹程度の控え目な人もいほす。もちろん、全く湧かない人もいるけど、既に書いたように、それはそれで違う質の快感を楽しめます。
生理日はオリモノ大量放出でセックスに不向きの日です。しかし、を覚えます。この矛盾にこそ、女性名器の秘密が隠されています。
女性はこの時にも激しいモヤモヤとムラムラこれは、排卵日のような生理現象ではなく、ギャップからもたらされる心情の変化です。
出血や生理痛などの錯乱から生じる、自作自演の「危険と安全」
の言い知れぬ恐怖感や苛立ち、不安感から、安全を求める心理的な作用が生じます。不安をやわらげてくれる最強のアイテムが抱擁です。「人肌が恋しい」という可憐系から、「誰でもいいから抱き締めて!」という錯乱系から「何も言わずにぶちこんで」という激情系まで様々です。
最終的には、抱擁の究極形としてのセックス願望に至ります。そして、この時も、され得るのです。それは、ギャップによって名器変換は可能だということです。

クスコ挿入オナニー

クリに電マを当て、十分潤ったところでパンツを脱ぎ、クスコを挿入。引き続き電マを当て、何度も逝きまくる。クスコからは白濁とした液につぶつぶの恥垢が混ざり合いながら滴り落ちる
動画:クスコ挿入オナニー

なぜか、女性器が名器に変換このように、変動性によって女性のセックス感度が著しく異なるということは、接な関係にあることを示唆しさしています女性の快楽が「心理状態」
と密快楽に至る心理のツボ。

午後四時半バスが長崎市内に入ると、生徒たちは一斉に窓に張り付いて街並みを眺めた。私立N学園の二年生百二十名を乗せた二台のバスは、三日目の宿泊地である長崎市の高台にある老舗旅館を目指して進んでいく。生徒たちにとっては久しぶりの「都会」だった。十六、七歳の少年少女に、辛気臭い名所旧跡が楽しいわけがない。自分たちの学校のある町より遥かに都会である四十五万人都市のにぎわいを、生徒たちは流れる車窓がまるでスクのように楽しむのだった。
「なぁ、長崎って国際観光都市なんだろう?中国語とかハングル文字の看板とかあるのかなぁ」
であるか右隣ででかい体を揺すりながら武彦が言う。
それに対して左隣の友人が、度の強いメガネをずりあげた。
雅之という秀才だ「幕末期はたしかに日本でいちばん国際的な街だったらしいな…日本史はとってないから分からんが」
「ここじゃなくて、中華街に行けばそうかもしれないね」
二人の真ん中で、圭介は答えた。二人に比べて特徴のない、さと言うか、気の弱さが、どこか板についている感じであるごく普通のおとなしい高校生という風貌だ。
人の良武彦が鼻を鳴らした「なんだ、二人とも当てにならねぇな。
おーい、バスガイドさーん」
大声で質問をする武彦を、などはどうでもいいのだ。
のだ圭介は半ば呆れて、目的はバスガイドさんの気を引くことで、あとの半分は少しうらやましげに見つめるつにとって質問彼はこのマイクを握った美少女に首ったけなその甲斐あって、白手袋にピンクの制服というガイドさんが、にっこり見返してくれる。武彦はでへへと愛好を崩した。こんな豪快さと言うか、積極性が欲しいなぁと圭介はは思うが、生来の性格はいかんともしがたいこの第二号車に乗車している笑顔の愛らしいバスガイドさんは、武彦だけでなく、ほとんどの男子のハートを初日からがっちり鷲掴みにしていた。実際、高校生の彼らのクラスメイトといってもおかしくないほどの、あどけない童顔が印象的な娘だった。
「はじめまして、谷村静香といいます。今年高校を卒業したばかりの十九歳です。よろしくお願いしますね」
舌足らずの声で彼女が自己紹介したとき、男子の九割はデレデレとなってしまった丸っこい顔はいかにも愛されるバスガイドにふさわしく、こじんまりした印象ながら、ピンク色の制服の胸を持ち上げているふくらみは、意外なほどこんもりと大きい。男子たちはひそかに

「絶対Eカップはあるよな」「いやいや、下手したらありゃGカップだよ」などと囁き合って、女子から軽蔑の目で見られていた。膝丈スカートから伸びるストッキングに包まれた脚や、白手袋に包まれた手の動き。それらは思春期のエネルギーを持て余し気味の男子高校生たちにとって、目の毒以外の何物でもなかった。中には、静香さんが黒いマイクを口元に近づけるだけでなにやら卑猥な妄想に襲われて鼻血を出した男子もいる可愛いガイドさんの気を引くことができて大喜びの武彦を横目に、圭介は全然別の方向を見ていた。
先には、いちばん前の席でちらちらと生徒たちの様子に目を配っている、若い女教師の顔がある。
彼の視線のやや脱色した短めの髪に、健康的に焼けた肌。教師というより活動的な体育大学の女学生といった容貌の彼女はこのクラスの副担任を務める英語の新任教師だった。梨田留美という名の女教師は、今年大学を卒業して配属されたばかりで、その快活で明るい性格のせいか、女生徒からは年上の友達といった感じで人気を博している。しかしまったく隙を見せないが故に、男子からはやや敬遠されていた。
だが圭介は知っていた。留美先生がふとしたときに見せる仕草が妙になまめかしく、瞳の奥にどことなく女の色香を漂わせていることを。それは年下の少年たちに向ける母性的なものではなく、なんというか、何かを待っている女の振る舞いのように思えるのだ。あの元気な留美先生がいったい何を欲しがっているのか、いまだ十七年しか生きておらず、おまけに童貞の身にはさっぱり分からないが。
いつもきっちりとボタンを閉めたシャツの胸は、十七歳男子を惑わすような曲線でこんもりと盛りあがっている静香さんにも劣らぬ大きさだとは思うが、彼女に比べてぎゅっと中身が詰まった、形の良いバストなのだろう、と圭介は思う。きびきびした身のこなしや、ほっそりとした足首、きゅっと締まったウエストがそう連想させるのだ留美先生を意識するようになったのには、きっかけがあった。ある日彼は放課後職員室に呼ばれ、最近英語の成績が落ちてきたことを、教科担任である留美先生から優しくたしなめられたのだ。落ちているといっても急落したわけではないし、なんだか自分だけ難癖を付けられているような気もした。だいたい個人的に呼び出されたのは知る限り自分だけである。しかしまさか教師相手に不平を漏らすわけにもいかない「もう、ダメだぞ、大場圭介くん。ちゃんと先生の話を聞いてくれないと」
そう言って留美先生は立たせた彼の前で、椅子に座った脚を組み替えた。
かっちりとしているが丈の短いスカ大!
圭介は思わず目を反らせた。
トから伸びる脚が、むにゅりと目の前で弾み、感的な太ももの下で、ぎしりと椅子を鳴らす。
例えばね、ここのところだけど!