帰ってきたダーツで行くナンパの旅パート2

あの人気作品の第2弾!「帰ってきたダーツで行くナンパの旅」をお贈り致します!今回はダーツが当たった江東区でナンパ開始!早速引っかかった女の子は、ぶりっ子な感じでロリっ子の、ゆりちゃんです。バイト代も出すので撮影に協力お願いした所、OK貰いました。こんな可愛いのにスケベな事が大好きなゆりちゃんに色々して貰います!続きは動画を要チェックして下さい!
動画:帰ってきたダーツで行くナンパの旅パート2

口を開けたまゴクリと咽喉を鳴らして飲み込むと、海水に似た淡い塩味が咽喉を焼く”アアーッ、とうとう俺はこんな女のゥゥー畜生島野の心の中で、嘆声が、そして声にならない悲鳴が爆発した。
加速度的に量を増して行く汚水を、懸命に飲み込みながら、再び不覚の涙が目尻を伝う。
”は、はやく、終ってくれ焦れば焦る程、現実の時間は淀み、無限に続くかの様だった。
水流が衰え、やれ嬉しやと思うと、また回復する。
それでも、漸く終った後、舌と唇でクレバスに付着する滴を丁寧に吸い取らされた。
まるで、処女が初めて犯された後の様な惨めさを味わいながら、床からゆっくりと身を起す胃が波打ってゲフッと臭いゲップが咽喉から洩れる。
ゲラゲラ笑いながら覗き込む女達の視線が、ヤケに眩しかった。
少し時間を置いて次の女が、そして、再びトイレの掃除に戻った後、と、しばらくすると三人目の女が、次々と島野の口に汚水を注いで行く。
口惜しさと、怒りに、まるで胸が張り裂ける様な思いをさせその度に島野は、られたやり場の無いその内に、訓練を終えて全員が帰って来る。
一斉に着替えが始まり、シャワー室が満員になった。
残っていた三人が、彼に小水を飲ませた状況を、身振りを交えて解説すると、島野を囲んでワーッと笑いが渦巻く。
下士官の女が、満足そうに頷きながら、四つ這いの姿勢で首を垂れている島野に声を掛けた。
「お前、これで初体験を済ませたんだから、あとは自分から頼んで飲ませて貰うんだよ。…トイレの入口にお前を繋いでおくから、一時間に最低一回の割でね。
忘れちゃダメだよ!」
”エーッ、一時間に一回の割で飲まされるんだって。
あまりのことに、島野は泣くに泣けぬ心境であるクソ
…そうそう、それから、こ>のトイレの紙は全部引き上げるそうだから、これからはお前の踏んだり蹴ったりとはこのことである。

彼の首輪に、やけに長い鎖が付けられ、トイレと寝室の間の柱にその端が固定されたトイレを使う女達は、便器に跨がりながら島野に合図を送って彼の出番を知らせる。
鎖を引きずりながら四つ這いで便器に近付く彼の目は、新たな屈辱に真っ赤に充血していた。
女達は、足元に彼を転がしておいて、その顔の上に股間を据えて舌での清めを要求する。
小水だけの時は未だましだが、褐色の糊がベッタリと付着した菊座を、これ見よがしに女から突き付けられると、情けなくて泣きたくなった。
懸命におぞましさを堪え、吐気を抑えて舌を伸ばすそして、震える唇で菊座を包みこむ様にして、汚れを口腔に吸い取るのだった。
その強烈な味と臭気は、ボトムキスの比ではないしかも、パンティに汚れが付かぬ様にするためには、舌の先を丸めてアヌスの穴に挿入し、積極的に清める必要があった。
女達は、キャーキャーと、派手な嬌声を上げて面白がるその声で、彼の屈辱感が、又ひとしきり煽られるのだった。
民間から入隊して間が無い女達にとって、退屈で死にそうな不慣れな軍隊生活を、暫くの間とは言え、まぎらす絶好の慰みものが手に入ったわけであるそのはしゃぎぷりは、一通りではなかった。

すっぴん素人~すっぴんの方が可愛くね?~

さぁさぁ~やって来ました。大人気シリーズ、すっぴん素人の始まりです。今回、可愛いすっぴん顔を披露してくれるのは、ロリロリのお顔の市井まおちゃんです。早速、メイクを落としてすっぴんを披露してもらうと、メチャクチャ幼くて可愛い素顔が登場してきました。そんな、幼いお顔の、まおちゃんのおまんこを刺激してグチョグチョに濡らして感じさせまくちゃいます。さらには、フェラチオしてもらい大きくなったチンコをおまんこに挿入して、ガンガン突きまくちゃいます。最後は大量の精子をおまんこに注ぎ込んじゃいます。すっぴんでより大胆になった、まおちゃんのSEXは必見です!!!
動画:すっぴん素人~すっぴんの方が可愛くね?~

しかし、彼女等が一番期待していたのは、何と言つても、男の舌を自分達の欲望の処理に使えることである。
寝室の、トイレに一番近い壁に沿って、みの場所となった。
予備のベッドが置かれ、こ>が彼女等の”お楽し女達は、いそいそと集まって、そのベッドのマットレス中央あたりに、穴を開ける。
ベッドの下からその穴に首を差し入れると、女が寝た姿勢で丁度その股の付根に、首がニョッキリと生えたかたちになった。
トイレと寝室の間の柱に繋がれた首の鎖を一杯に伸ばすと、丁度この予備ベッドの所へ来る夕食を終えて寝室でくつろぐ女達は、籤で順番を決めると、島野の首をマットレスの穴に固定して、いよいよ、お待ち兼ねの舌奉仕付オナニーを開始した。
マットレスの穴から首を出した彼の目の前に、床に座らされて、ドカッと身体を投げ出して
ベッドに横たわった女の、むき出しの股が広がる。
女は尻をずらして、クレバスを彼の顔にピッタリと当てがうと、股間から覗く彼の目に、ヤツと意味ありげな笑いを投げ掛けて、毛布で彼の頭ごと下半身を覆うニ毛布の下で女の手が股間をまさぐり、唇に当てがった。
彼の顔に密着する柔肉をかき分け、敏感な部分を彼の続いて、髪を鷲掴みにした手が、グイと彼の首を引き、舌奉仕の開始を命じる。
それから数時間に亘って、入れ代り立ち代り、女達の股が快感を求めて島野の顔を覆い、その舌を酷使したのだった。
舌の付根がだるく腫れ上がり、同がベッドに入る。
咽喉の奥まで女達の粘液に塗れた頃、漸く消灯時間が来て!
やっと開放された島野は、ついた。
柱に繋がれたま”.トイレの前で毛布にくるまって泥の様な眠りnして、短期間とは言え、運悪く報復の生贄となった学生達の苦難の日々が始まった。
そして、そこにまぎれ込んだ島野は、思いも掛けぬとばっちりを受けて、女達の辱めに身も心もズタズタにされて行くのだった。
まるで二年にも感じられた約束の一週間が、明日で終るという日の夕方のことである突然、四つ這いのま>本部の一室に連行された彼の前に、見覚えのある係官が姿を見せた忘れもせぬ、島野が、自分は日本人だと訴えて、日本大使館宛の書簡を託した相手である驚いたことに、漸く今になって、彼の訴えが認められて明日の朝に、彼の身柄を日本大使館引き渡すことになったという。

カーッとなった島野は、二週間の期間が明日で満了する今となっては、全てが手遅れであるラエル政府に厳重に抗議して、その責任者を処罰してもらうことになろう。
のことを、顔を真っ赤にして怒鳴った。
…といった意味予想外の島野の剣幕に驚いた係官は、狼狽して彼を宥めようとしたが、ると、上司と相談すると言ってアタフタと席を外した。
効果の無いことを覚その晩、本部の一室に泊められた島野は、衣服を着けることを許され、しい奉仕からも解放されて、久し振りで自由を満喫する。
女兵士達へのオゾマ翌朝、ひとり、兵員輸送車に乗せられた彼は、埃っぽい未舗装路を一路、日本大使館へ向力1·六所が、もうそろそろテルアビブの街が見えても良いと思われる頃になっても、荒れはてた平原が広がるばかりである。
車の前方には不安に駈られた島野が、運転手に確かめようとしても、ていて、声も届かなかった。
運転席との間のガラス窓は固定されそう言えば、日本大使館に身柄を渡すにしては、如何にも不自然である彼の頚に付けられた首輪も鎖もそのまで自分で首輪を外そうと試みてみたが、鎖共々錠が掛けられていてビクともしなかった。
それに兵員輸送車のコンパートメントは、現金輸送車に似た密室構造である。そして後方のドアは、外からしか開かぬ構造になっていて、脱出も不可能だった。
どうとでもなれちてしまっ「オイ、起きろ!
着いたぞ!
声と同時に身体を揺すられ、眠い目を擦りながら身を起すと、あたりは既に夕闇に包まれて
後で判ったことだが、車は既に国境を越えて、遥かサウジアラビアの領土内に入っていたの六--六車から降り立つと、助手席に座っていた兵士に促されて、殿の前であった。
そこは明々と照明された巨大な宮:僕は日本大使館へ送られる筈なん島野の喚き声には一切とりあわず、入れた兵士は島野の頚の鎖を掴むと強引に宮殿の中へ彼を曳き屈強の警備兵で守られた門を潜ると、そこには多数の篝火で照らされた広大な中庭が広がっている鎖を曳かれながら正面の建物の中に入り、幾つもの扉をこえて、も眩むばかりの豊富な色彩が溢れた大広間だった。
やっと行き着いた先は、目広間の中央には、大きな噴水が照明に照らされて華かに浮き上り、調度品とマッチして、まるで夢の様な雰囲気を醸し出している。
周囲に配置された豪華なそう、それは、あのアラビアンナイトに出て来る宮殿のイメージそっくりだった。

隣のドスケベ奥様に中出し

熟女業界で人気!美しいボディとエロさを兼ね備えた大橋ひとみがカリビアンコム初登場!性的欲求不満が続いて寂しい人妻ひとみは一人エッチ三昧。最近引っ越してきた隣人を食べたくなって、持て余した完熟ボディーで隣人を誘惑!女の本能剥き出し!快楽を求めて亭主の居ぬ間に別の男のチンポで中出し交尾!エッチなお汁を撒き散らしながら快楽に溺れる姿は圧巻です!
動画:隣のドスケベ奥様に中出し

広間に通じる幾つかの小部屋のひとつに入ると、そこは居心地の良さそうな寝室兼居間になっていて、歳の頃、二十代半ばの若い女が島野達を出迎える兵士は、その女に鎖の端を渡すと、島野に向かって服を脱ぐ様に命じた。
事情がさっぱり判らず、胸も潰れんばかりの不安に駈られている島野は、それどころではな第一、見知らぬ若い女性…それもかなりの美人の前で裸になることなど出来る筈もな力1·六兵士の方を振り返って、抗議しかけた時である。
背後でピシッと音がして、途端に背中に焼け火箸を当てられた様な痛みが走った。
びっくりして振り向くと、女が鞭を振りかざしている。
ピシッ、と今度は頚から胸にかけて第二撃が加えられた薄い衣服の上からだが、それは骨身にこたえる痛さである。
女の声が凛と響く。
動転した島野は、慌て衣服を脱ぎ素裸になった。
兵士は、女から渡された革手錠で島野の両手を後手に拘束すると一礼して部屋から出て行っでは、お前の身分は”奴隷”大金を出して買ったんだから、面倒を掛けない様におとなしくするんだよ!」
鞭を片手に下げた女の顔は、ボーッと上気して、うっとりする程なまめかしい。
島野の頭は、文字通り混乱の極に達していた。
「イスラエルの奴隷商人から、正規の手続きを踏んでお前を手に入れたんだから、文句を言われ公文書だから、この国でも有効さ。
奴隷として使うことになるけどね」
…もっとも、この国では重労働の代りに、十年間お前を
女の説明で、島野は、初めて自分が容易ならぬ罠に陥れられたことに気付いた。
あのイスラエルの係官は、島野が、政府に掛け合って責任者を処罰してもらうと言い張ったため、累が身に及ぶことを恐れる余り、としたのに違いなかった。
島野を陥れて十年の懲役刑を課し、その口を封じようそれにしても、この異郷で十年間も奴隷として使われるとは島野は泣くに泣けぬ思いだった。
日本大使館が駄目なら、せめて最寄りの警察に連絡して、冤罪を晴らす機会を与えて欲しいと懇願したが、女は本気でとり合おうともせず、冷たく首を振るばかりである哀れにも島野は、到々この宮殿で奴隷としての生活を送る羽目になってしまった。
サウジアラビアの各地には、今でも昔からの豪族が宮殿を構え、信じられぬ程の豪勢な生活を送っている。
蓄積された巨大な富に飽かせて建てられた宮殿は、文字通り贅の限りを尽くした豪華なもの六--六昔からの一夫多妻制度は未だに健在で、その子息達のために、これ等の宮殿には、必ずサルタンと呼ばれる君主と多数の女達を擁する広大なハーレムが設けられていた。
彼を鞭打った女は、島野が連れ込まれた所は、の第一夫人だったのである。
実は、そのハーレムであり、サルタンの息子老齢のサルタンの後継者である息子の第一夫人と言えば、力者であり、事実上ハーレムを取り仕切る立場にある。

ハーレムでは権勢並ぶ者の無い実島野は、彼女の奴隷として、奴隷に相応しい所作を身に着けるため、彼女自らの調教を受けることとなった鎖の付いた首輪を嵌められた全裸の姿で、依然として彼は、に拘束されている。
両手は革手錠でしっかりと後手犬の様に首の鎖を曳かれ、女主人に裸の背や尻を鞭打たれながらの調教は、スラエルの女兵士に依る辱めに匹敵する苦行であった。
島野にとってイただ苦行と言っても、肉体的な重労働を課せられる訳ではない。
人間性を剥奪して、奴隷に相応しい卑屈さと、下等動物並の賎しさを心の底に植え付けるため、毎日、最初に仕込まれたのが、女主人の尻臭を嗅ぎ分ける芸だった。
多くの女の召使い達の前で、女主人の前に跪き、笑いながら突き出された豊満な尻に自ら進繰り返し繰り返し卑しめられるのである。
んで顔を押し当てる召使いの女達のクスクス笑いを耳にしながら、無念さを押し殺してパンティに包まれた尻割れに鼻を突込み、饐えた尻臭を嗅ぎ、その臭いを頭に刻み込む作業は、彼の男としての誇りを打ち砕き、軽蔑すべき卑しい奴隷としての身分を、痛い程その心に焼き付けたのだったその後で、召使いの女達のひとりひとりに、との違いを覚えねばならない。
土下座して尻臭を嗅がせて貰い、女主人のそれ軽蔑を露わにして尻を向ける女達…そして、時にはガスをまともに吸わされ、手足を震わせて口惜しがる島野に浴びせられる女達の爆笑…それは、彼の心を文字通りズタズタに切り刻んだアラブの女達は一日に一回、就寝前に水浴するが、伝統的に石鹸は使わない。
ただでさえ体臭の強い民族が、高温多湿の環境で過すのであるしかも、永年の習慣で、トイレの後は軽く紙を押し当てて局部の汚れを拭うだけだった。
その饐えた尻臭は、女の性臭とミックスして、思わず頭がクラクラする程強烈である
それだけに、女達の尻臭の個人差を嗅ぎ分けるには、島野にとってかなりの努力と時間を要したしかし、気の遠くなる程の屈辱の繰返しと、べき芸を身に付けたのだった。
鞭の痛さを散々味わった後、彼は漸くこの恥ず客の前で、女主人に強制されてこの芸を披露する彼に、線が突刺さる皆から嘲笑が浴びせられ、軽蔑の視卑しめぬかれた島野の心には、それが、最早自分の身分に当然のことと思える様になっていそして、女主人の調教は、次の段階に進む。
島野が次に命じられたのは、彼女のトイレの後を舌で清めることだった。

カテゴリー: クンニ盗撮