制服素人のわりきりバイト~萌えっ娘JKのアナル調教~

今時の女の子はみんなこんなにエロイのでしょうかぁ?今回のロリロリ娘は、宮崎由麻ちゃんです。由麻ちゃんの可愛いお顔には、似合わないFカップの持ち主なんです!!さらには、制服姿でエッチな事をたくさんしちゃいます。身体を弄繰り回し、アナルも玩具で刺激しまくり調教してしまいます。本番の絡みではアナルもおまんこも両方にチンコを挿入されて、激しく突かれまくちゃいます。可愛いロリフェイスが、歪みぱなっしの由麻ちゃんの顔は、最高にエロイです!!しかも、最後は由麻ちゃんの綺麗なおまんこに大量のザーメンを注ぎ込んじゃいます!!
動画:制服素人のわりきりバイト~萌えっ娘JKのアナル調教~

「んっ、はぁっ…もう、先生ったらあっ妊娠した男の娘のお腹を見て、勃起するなんて…ホントに、しょうがない旦那様なんだから」
「それは、お前がそんな格好で誘ってくるから…はあ…」
俺の上にまたがり、はしたなく股を開いて感じている巡だいたいそんな格好で、俺の股間にお尻を擦りつけながら「出したいでしょ?」
なんて囁かれたら…「くうう耐えられるわけがないだろ!!
って、聞いただけよ…その後、抜いてもらわないと我慢できないくらいオチホ?
勃起しちゃったのは…先生の方じゃない」
「だって、仕方ないだろ…その男の娘のお腹をみせつけられると、俺だって…」
足を大きく広げている巡の、膨らんだお腹…そこには、新しい生命が…俺と巡の、結晶が詰まっている。
「くうそんなお腹、見せられたらっ…もう、我慢なんてっ!」
んっ、はぁっ…’愛のああっ自然と、腰がっ…’
んんっぁぁぁっ!はっ、はぁっあっ、ああつー先生っ、激しいいいっああ、繋いだ手をそんなにギュッと握りしめてくるなんて巡…お前も感じているんだ「そんなに激しくオチ·ホ突いたらああっ!
お腹の子がつ、ビックリしちゃううっ…」
くぅう!
そ、そんな事言われてもっ…気持ち良すぎて、我慢なんてっ…
だめえ今射精されたらあっ、赤ちゃんが特濃ザーメンの味覚えちゃうぅっ…そんなの赤ちゃんにはまだ早すぎぃっだから、先生っそんなっ、あっ、ああっし
そ、そんな事言ったって巡だって、腰振ってるじゃないかっああっし
だってぇ、オチ·ホ気持ち良いからあっ腰が勝手に動いちゃうのおはああっ!!オチ·ホを-えたお尻マ●コがあっ離したくないって、エッチなオスマ·コキスしちゃううつ
ぐうつもう、何百回と巡のここを味わっているはずなのに?衰えるどころか、回を重ねるごとに圧迫感が増している気がする…
ああ?先生、もっと、もっと感じてぇっオチ·ホ気持ち良くなってぇっオスマ·
ちょっ!め、巡っ、そんなに腰を振ったらっ
ああっ振ったらあっ振ったら、なにいつ
す、すぐにつ、出てっあああっ!
「んんっ…だって、私は男の娘のお嫁さんだから..!

旦那様のオチ·ホを、気持ち良くするの
めのが…私の仕事なの」
そうは、言っても妊娠してるのに…くうか、身体は、大丈夫なのか「ふふっ…心配しないで、先生私は、普通のお嫁さんじゃなくて…男の娘のお嫁さんだからはっ、あっ…だから、たとえ妊娠しても、旦那様のオチ·ホはいつでも気持ち良くできるの男の娘の身体は、そういう風に作られているの…あっ、ああっ…」

そ、そうなのか?
でも考えてみれば、男の娘が妊娠する事自体が、本来ならあり得ない事なんだよな…それが今、目の前で起こってるって事は…今更、何があっても不思議じゃない…
さあ、先生もっともっと、男の娘オマ●コに、夢中にさせてあげる…先生専用のお嫁さ
くつ、ううっ..脛カが、またゆっくりと動き出して?
んぁぁっはっ、はぁっ1
うぁあっ竿の根本まで、丸ごと飲み込まれていくうつ私の、一番深赤ちゃんまで届いちゃうぅっいところおっ
め、巡っ
先生えっ1今、気持ち良くしてあげるからあっ男の娘のお嫁さん本気セックスぅっ!
「ぅぁあああっ!?」
し、締め付けも腰つきも、突然激しくううっ!?
ああつー先生、先生?
でオスマ●コ喜んじゃってるぅううっ!!
ん、んあっ、ああっ!!
オチ·ホイイっー先生のオチ·ホくっそっ…!俺だって、されてばっかりじゃ!
んぁぁぁぁぁぁっ!?あっ、はぁあっ、ああっ、んあああっ!!
巡に負けじと、俺も全力で腰を突き上げるっ…
やぁぁんっ!だ、ダメぇっ、先生ええっ!オチホ押し込まないでえええっ!!
そんなにオスマ·コメロメロになっちゃうぅぅっ!!
うあっ!-め、巡の締め付けが、さらにキツくっ、絡みついてえっ!
お嫁さんマ●コが甘えちゃうからああっ!!オチ·ホ激しくされてえっ、ちやうからあああっ!!
それでいいっ….
んんああああっ!!で、でもおつ!あっ、はっ、はぁああっ!
もっと欲しくなっもっと、もっと欲してくれっ!
俺だって、巡と同じ気持ちなんだ!
はぁああんっ!あっ、ああっ、はっ、んあぁっそんな事言われたらあっ!!ケツマ●コもっとキュンキュンしちゃうぅぅっ!!
んマ·コになっちゃぅぅぅぅうっ!!
はぁっ、あっはぁぁぁっ…!
そ完全にお嫁さなんて、格好いいこと言ったはいいが…
くうぅぅっ!!
っこ、これ以上激しくしたら、もうっ!
「んんっ!わ、私だってするのぉっ!先生とラブラブセックスするのおおっ!!
娶った旦那様チ·ポにいっ!オマ·コでご奉仕したいのおおおおおっ!!」
「うぁああっ!」
男の娘をだ、ダメだっ、我慢出来ないっ!
んはぁぁぁぁっ!!イクぅっ!イッちゃうぅぅぅぅっ!!旦那様チ·ポに貫かれてイッちゃぅぅぅぅぅっ!!赤ちゃんいるのに中出しされちゃうのおおっ!!中出しされて頭真っ白になるぅぅぅぅぅっ!!旦那様ザーメンでえええっ!!お嫁さんマ·コ絶頂しちゃうのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!

地方ナンパ~岡山編~

今回の地方ナンパでは岡山県まで遠征してナンパしちゃいます。名前は、なのちゃんピチピチ20歳で、弾けるボディが弄りたくなること、間違いない素人娘です。まだまだロリっぽさが残っており、笑顔が可愛らしいですね。見ているあなたの荒んだ心とチンポをギンギンにしてくれる、女の子です。色々弄って、最後は中出しまでしちゃいます。岡山娘はみんなこんなにエロいのか!!?
動画:地方ナンパ~岡山編~

ドクンッドクンツードクンツ!
ドクンツードクンッ!
ドクンツードクンツードクンツ!ドクンツ!ドクンツ!
イクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅうううううううううううううううううぅっ!!
「ぅぁあああっ!!」
ドクンッ!
ドクンツー全身が震えてっ…股間が、熱くっ
んあああああああああっ!はっ、!
ああっ…あああああっ…巡の中にっ…俺の、精液がっ!
な、なんだっ…今のっ…^「んんっはっ、はああっ!
一瞬、何かが見えたような…あっ、あぁ?」
同時にイッた巡の精液が、俺の腹に飛んで来てっ…まるで、俺が中に注いだ精液が、「んっ、はぁっ…はぁっ…」
巡の身体を通して外に飛び出しているみたいだ荒い息を吐きながら…巡は、俺の中出しにうっとりしている
はぁっん、んあっねえ、先生満足できた^ち良かった…?
「ああ…」
男の娘の、孕みマ·コ気持...。..?
これはもう、気持ち良いなんてもんじゃない
こんな快感を与えられたら毎日だって、可愛がってやりたくなるよ…
ふふっ…先生ってば、ケダモノなんだからでもお嫁さんとしては、かも…その方が嬉しい嬉しそうに笑う巡を見て、「ねえ、先生…」
俺も自然と笑みをこぼす。
私ね…実は今、ちょっとだけ見えちゃったの
見えた「私達が、たくさんの子供に囲まれて幸せそうに、何がだ?」
暮らしている未来が
それは、ひょっとして…俺の頭にも一瞬流れ込んできた、
その未来ってのは巡の勘なのか?
そう、私の勘先生は、信じる?
ああ…当たり前だろ!

「ふふっ…」
あの光景か?
きっと、巡が見た未来は正しいのだろう。
俺達はここでたくさん子供を産んで幸せに暮らして、そして、俺達の子供もまた、この島で誰かと出会って歳を取っていく。
恋に落ちていくんだろう。
でも大丈夫かしら…
「何が?」
私達の子供ってことは…多分、男の娘だと思うの
「まあ、そうかもな」
「そうなると、先生が溺愛しちゃいそうで…彼氏とか連れてきた時が、ちょっと心配か叉っとそれは…」
怒鳴り散らしている自分
ウチの大切な男の娘を、を想像してみるお前のようなヤツにはやれん!!
なんて、うん…あり得ない話では、ないかもしれない「な…なんとか、我慢してみるよ」
「ふふっ頑張ってね、パパ」
ノノ微笑む巡を前にして、胸の中が温かくなっていくような気がした。
そう、俺達の物語は…まだ、これから
転落のアリバイこは都心の一流ホテル。
食堂で軽い昼食を済ませて、何時ものセミスイートの客室にチェックインした萩原浩一は、携帯用のワープロを机の上にセットすると、大きく深呼吸をして、おもむろにスイッチを入れ雑誌の原稿締切りを1週間後に控え、まったのである。
流行作家の萩原にとっては恒例の、ホテル篭リが始もっとも、二年前に妻を亡くして以来独り暮しの萩原にとって、という理由だけなら、必ずしもホテルに篭る必要はない。
外部と隔絶した環境を作る電話は録音テープで応答させれば良いし、ば、しつこい訪問客も撃退出来る筈だった。
アパートのドアには旅行中とでも貼紙をしておけしかし、彼の様に締切りに追われる作家の、ナイーブな神経にとっては、圧迫感から解放されるための何らかの気分転換が必要だし、何時でもルームサービスが利用出来る居心地の良いホテルは、食事を用意するわずらわしさも無く、ゆったりとした気分に浸れる点、全く理想的であるその時、突然、部屋の電話のべ,が鳴った。
甘ったるい若い女の声が、受話器の中からたみかける様に零れて来る萩原浩一の姉の娘、つまり姪に当る藤島京子だった。
ところだぜ!
萩原の声が、明るく弾んだ。
お部屋で、ゆっくりお話しするわ
エレベーターが混んでいるらしく、彼女がその屈託の無い笑顔を見せるまで、十分程掛かっ彼女も考えてみれば、私立K女子大の三年生である。
八つ年上の姉が学生結婚をして京子を生んだ時、浩一は十二才だったから、浩一と京子との年齢差も十二才、つまり、ひと回り年が違うことになる。
しかし、小さい頃から所謂おませだった京子は、よく面倒を見てくれる浩一が、大のお気に入りだった。

放課後に、仕込んでください 〜おっぱいもマンコも発育途上の女子校生〜

華奢なカラダにちいさなオマンコにちっぱいの藤井ななちゃんがカリビアンコム初登場!優等生のななは一度抱いてやったらエッチの楽しさを覚えちゃって、通りがかりのおっさんを捕まえてエッチな事を教えてくださいと調教懇願!一度見境をなくした優等生は恐ろしいねぇ。さっそくあの手この手で調教開始。始めは緊張のせいか声を出すのを抑えていたななちゃんですが、リラックスして気持ちよくなっていくにつれ、エッチな喘ぎ声を出して感じまくり!エッチなお汁も出まくりです!駅弁ファックは華奢ななちゃんが軽々と持ち上がり、抱っこされながらガンガン激しく挿れられてまるでお父さんが子供を抱っこしているような光景。ロリ好きのあなたにお勧めな1本。
動画:放課後に、仕込んでください 〜おっぱいもマンコも発育途上の女子校生〜

そして、高校生の頃から萩原の前で、次第にコケティッシュな態度を見せる様になり、彼の前で大胆に胸を大きく開いて見せたり、わざとショートスカートの裾を乱して、ピンクのパンティをちらつかせ、彼を大いに悩ませたものである。
京子が女子大に入ったころのこと、て来たバレンタインデーにチョコレートが萩原の自宅に贈られ紙で出来たピンクのブラジャーとパンティを付けていた。
女性のヌードのチョコレートで、そして、それには「ブラジャーとパンティは、おじさまが脱がして下さい。......そっと優しくね!」
という京子の自筆のメッセージが添えられていた。
当時、既に病床にあった萩原の妻がこれを見て、大いに腹を立てたこれは、所謂”義理チョコ”とは思えない。自分自身をチョコレートに見立て>、自分の身体をプレゼントする意思表示だと言うのである萩原は、二人の間に入ってとりなすのに苦労したが、い出だった。
それも、今となってみれば、懐しい想ドアのノックに応えて京子を招じ入れた萩原浩一は、何時ものジーンズ姿と異り、真赤なブラウスにプリーツの入った長目の白のスカートで、艶やかにドレスアップした彼女を見て、目を見張った
今日は大学の学園祭なの。夕方からパーティーがあるのよ。…この衣装、どう?
京子は、問わず語りに説明しながら、作ってグルリと身体を一回転してみせた部屋の中央で、ファッションモデルの様に、しなをやや長身の、均斉のとれたプロポーションだが、があり、外人なみのグラマーな姿態である。
腰からヒップのかけて圧倒的なボリュームどちらかと言えば面長だが、目鼻立ちのハッキリした美人顔で、官能的なムードを醸し出していた。
厚い唇と濃い眉が南国風のムーツと女の匂いが立ちこめ、男やもめの萩原にとっては、
そうだわ、叔父さまo大変なニュースがあるの悩ましさに頭がクラクラする。
ソファーにくつろぎ、手土産の果物を二人で食べながら、京子は勢い込んで言葉を続けた。
この前、連れてっていただいた、叔父様の行きつけの銀座のバーで会った、ホステスのマリさん…あの人、叔父様のお馴染みでしょう?
「ウム、ま、そういったところかな」
父様は気付かなかったでしょうけど、昨日の芸能新聞には、写真入りで出てたので、私にも京子は、バッグの中から折り畳んだ新聞を取り出すそれを拡げる、萩原の手が思わず震えた無理もない。マリとはこの1年の交際だが、このところ、頻繁に会っている仲だったのである記事を読みながら、彼の顔は傍目にもそれと判るほど、青ざめて行った。

警察は、犯人を、バーの馴染み客のひとりとみて、彼女の男関係を徹底的に洗っているとある早晩、萩原浩一にも警察の調査の手が伸びることは免れまい。
いや、今日にでも、警察官が尋問に来ることだって考えられた新聞によると、死亡推定時刻は一昨日の午後九時。
彼女のマンションの管理人の話から、その日の夕刻、たまたま非番で家に居た彼女を訪ねて来た客があったことが確認されている。
ただし、訪問客は、外部から直接インターホンで各部屋に連絡し、マンション入口のドアを解錠して貰うシステムのため、管理人室では、解錠スイッチを入れた部屋番号のランプが点灯するのを見て、訪問客の行先を知ることが出来た。
叔父様、随分真剣なのね。…さては、彼女は、叔父様の愛人だったのかな?
幾分おどけてみせる京子に調子を合わせる余裕すら無い。
しかし、萩原には、
口篭る萩原の顔を、京子は不審気にジッと見つめた
実は、マリとは少しばかり付合ったことがあるんだ。
が…警察から、痛くもない腹を探られるのも嫌だし…もし、出来たらこのマリが殺された時間に、僕が君と会っていたことにしてくれるととても有難いんだが…も、もちろん、僕が殺す筈はない弱々しい声とともに、思わず目を伏せる萩原の顔を、京子はヒタと見詰める「と言うことは、私に叔父様のアリバイを作ってくれとおっしゃるのね」
「ま、そう言ったところだが、勿論、君には、絶対に迷惑は掛けない」
京子は、答える代りに、スッと立ち上って窓際に寄り外を眺める初春の靄に包まれた町並が、下界に拡がっていた。
萩原の方を振り返った京子は、手を後ろに組んで近寄りながら、暫く間を置いて、と言った。
キッパや上気した顔に、黒目勝ちな瞳がキラキラと輝いている。

カテゴリー: エッチ顔射