アフターはHカップのご奉仕

巨乳大好きなみなさーん、お待たせしました。なんと今回はHカップで乳輪もデカイ最高に揉み応えのありそうなデカ乳ギャル伊藤カンナちゃんのご降臨です!初っ端はやさしくオナニーですが途中のパイズリはマジ神クラスの必殺技!!生きてる間に1度はこんなパイズリやられてぇぇぇぇぇぇぇーーー!!!
動画:アフターはHカップのご奉仕

で、でも…どうして、その理由に思い至り、急に…
サトリの顔に戸惑いの表情が見え隠れするそうつぶやく間にも、それまでは完全に行く手を阻んでいたはずの膣が、くりと受け入れていく。何故か。
「濡れてきてる、私…」
英次のモノをゆっサトリの中が愛液で潤んできているのは、明らかだった。
その変化を感じ取ってか、英次は彼女の尻から手を離し、代わりに腰を掴むと、ペニスを強引に押し込んだ。
アウッ!!
途端に、それまでとは色合いの異なる声をサトリは上げた。
ぬるりとした潤滑油がやすやす
と英次を膣内に招き入れ、黒い快感でサトリを貫かせた無理に挿入されて始まったはずなのに、サトリの身体が期待に震える。
英次に犯されたい!まだ経験したことのない穢れた感情が、彼女の腹の奥で密かに湧き始めていた。
サトリが、
英次が好き、ギュッとラヴィアを締めつける。
何をされても陰部の奥で甘痛い痺れが一筋、好き、だからぁぁぁっっ!
英次が震え、走り抜けた。
あぁぁうつつ、熱いの、きた熱く滾ったペニスは、まるでそこの主であるかのように、サトリの狭い膣を押し広げ、奥までみっちりと埋め尽くしていく。
英次は、尻肉のひんやりした感触を楽しむように、腰を密着させたまま細かく抽挿を繰り返した。サトリの尻に走った刺激の波紋は、そのまま彼女の身体中に伝播した。
でんぱ素早く細かい英次の腰遣いに、サトリの喘ぎが次第に細切れとなっていく。
英次様、英次様、わたくしもあなたが大好きですわ。大好きなのです!
英次の首筋にキスをする。
櫻子が英次に背後から抱きつき、
あ、あ、あはあ、あほんの僅かな、残照のような痺れが、英次のモノからサトリの中に広がっていく。
胸の奥が熱くなる。ほんの僅かでも、気持ちは繋がっている。
もうじき射精される。射精してくれる。こんな状況なのに、それが待ち遠しい。
いつしかサトリはかすれた声を上げながら、英次がより深く突けるように、自ら無意識に腰を動かしていた。
サトリの視界で、何か動くモノが見えた。
…あ、ああう、な、何をしてる、櫻子櫻子はマットの上で仰向けになり、大きく足を広げていた。
体操服はほとんど脱げ、豊満な乳房とほっそりとした腰を惜しげもなく晒している。
そして彼女の指は、何かを誘うように、己の股間にある聖裂を開閉させていた。
アソコをひくつかせながら、櫻子が熱い視線を英次に投げる。
る英次の動きが鈍るのを感じた。
サトリは、自分を蹂躙し続けですから、そういうのはイヤだと申し上げたはずですわ。あなたが英次様のために苦しむのであれば、わたくしも苦しみます。

庇ってくださったことには感謝いたします。けれど、わたくしはあなたと対等の、英次様の女ですわ!
そ、それはくふっ、んううっっ!!
より犯されやすいよう身をよじり、サトリは腰を踊らせて当然のように英次を深く招き入れる。英次の下半身には、次々に生み出される精液と欲望が充満し、最後まで犯ってしまえと暴れ始めた下半身の主張には従っている英次ではあったが、すぐに身を委ねはしなかった。
自分は、精液を膣の中に射精したい。
そして、ここにはそれを望む女性が二人もいる。
ならば、両方の膣内にぶちまけないと損ではないか。
黒い本能に制圧された英次の、それが率直な欲望であった。
…ど、どうしあううつっ!!
突然腰を掴まれ、サトリの身体が宙に浮く。
英次は根元まで挿入したペニスと両腕で女体を保持しながら、サトリの身体をマットに横たわり誘う櫻子の上に降ろした。
はぁ、はぁサトリにねじ込んでいたモノを一度引き抜き、目前の光景を堪能する。
抽挿を受けて赤く腫れたサトリの陰部と、股を開いて英次を待つ銀色のヘアが生えた櫻子の割れ目。
その二段構え、その対比に、英次の腹部が新たな熱を持った。
英次はおもむろに、サトリに組み伏せられた格好の櫻子の陰部に手を伸ばし、強引に弄ぶ。
サトリの肢体に遮られて何も見えなかった櫻子は、襞に触れられた瞬間、熱い息を長々と吐い
ふぁ、あ、英次様、わたくしを、んんんっご所望、ですか?
櫻子の頬が薄く上気し、クチュクチュと陰部が音を立てる。
英次は-不審そうにサトリが振り向くのを待って、一気に奥まで突き入れた。
殴られでもしたような鋭い衝撃に、サトリの全身の毛が逆立った。すっかり濡れていたその膣肉は、乱暴な挿入に素直に反応する
あうっ!ひは、はっ、こんなのっ、キャゥッ!

白襦袢から溢れる淫靡

Fカップが美爆乳が和服からタプンとはだけさせ淫乱に乱れまくる遊女に扮する正統派のスーパー美人!大和撫子!アジアンビューティー!原小雪が自らその真っ白なおっぱいをもみしだき感じながら手で足でヌキまくってザーメンを搾り出す!流れ出たその精液ですらすくい取り妖艶に舐めだす淫猥ぶり!座敷で白襦袢に身を包みお客を迎え、淫汁溢れたマンコを開き、サービスたっぷりにチンコに喰らいつきじゅばじゅばと吸い出す!客のチンポは富士山の如く噴火寸前!淫乱の原小雪を後ろから上からジャンジャン突き上げちゃってくださいな!!最後は、中出しで溢れるザーメンが止まらない!
動画:白襦袢から溢れる淫靡

灼熱の肉棒が、何度もサトリの膣に突き入れられる。
そのたびに、激しい快感が彼女の意識を埋め尽くした
英次様、ひどいあああああううぅ!!
続いて引き抜かれた英次のモノが、予告もなしに櫻子の内部へと突き入れられた「くふっ、はぁああっ、た、確かに、んうっ、キツイですわ、ね」
白い左右の尻肉の間に出入りする肉棒を、まだ処女を卒業して間もない狭い膣が、押しつぶすような圧力で迎え入れる。
味わいが異なる二人の膣を交互に貫いて、
あウツーソンツーいや、ヤァッ!
英次は頬をほころばせた。
黒光るペニスに白く濁った愛液がまとわりつき、粘っこい滴りで腰と尻の間に糸を引く。
股間から響く淫らでいやらしい音が、あたかも自分の内側に黒い情欲を湧き上がらせているようで、サトリは必死に首を振って抗った。
やだ、やだツ、やソッ!ああんっ!
だが、彼女が逃げるように前へ身体を乗り出しても、櫻子が許さなかった。
ただ無様に手足をばたつかせるサトリを愉快な気分で見下ろして、英次は思う存分女の部位を蹂躙する。
少しずつ太くなる肉径は、確実にサトリの深淵部を捉えて離さないもうすぐ、もうすぐ…射精する。今度こそ、射精してくれる。
無理やりに犯され、それでも英次を信じて充血した膣が、牡を求めて激しく収縮した。
エクスタシーの波に飲まれ、サトリは櫻子の乳房に歯を立てる。蠢動する淫筒が生み出す疼きに声を上げ、しきりに腰を振る。
あの青い光が無くても、自分はもう英次のモノなのだと、
好き…、ああっ、好き?だいしゅきッ!
唐突にサトリは理解した尻を突き上げ、「わたくしも櫻子の耳元に口を寄せながら、わたくしも…!」
そう声を上げる。
そう声を上げる櫻子の中にも、英次が痕跡を刻んでいくざ気持ちをロにするたび、英次の分身から、僅かな雷撃の残滓が零れるのが分かる。
膣奥で花開く感覚に怯えながら、淫穴を貫く肉茎と櫻子の乳房以外の感覚がサトリから失われ、悦楽の営みが全てになる。
んでいくペニスから与えられる悦びが、彼女の肢体をさらに紅く染め上げる。
それでも自ら尻を揺すって、サトリが一心に英次を貪る膨ら逃れることが出来ない甘美な拷問に!やがて、サトリの精神が弾けたもう少しで気持ちが通じるのだ、そう思えた瞬間、英次がうめいた。
ドクッ、ドクッ!!
間を置かず、英次が全身を収縮させる。

破滅の体液がサトリの中へ注ぎ込まれる。
熱い迸りを感じ、サトリの肢体は満足げに震えた。
ああ奥深くに射精の途中で引き抜かれ、サトリが切なげな声を上げる。
子に凶器が突き立てられていた。
ああっ、英次様...英次様あ精液が滴り落ちていく先では、櫻ドクッ、ドクッ!胎内へとぶちまけられる精液の量に、櫻子は高らかに声を上げる。
ら溢れた精液は、すぐさま愛液と混じり、股間でまたいやらしい音を立てる。
膣か
英次が1回では全く満足出来ていないことは明らかだった。
ひぃっっ!!
続けて、三度、四度-果てない射精はサトリの股間から、合部とヘアをべったりと汚す。
滝のように精液を逆流させ、結その勢いに流されるようにして、「いやぁ…」
サトリの肢体は何度も高みへと駆け上った。
太ももを精液が伝い落ちるたび、サトリは大きく首を振る。
その仕草がよほど面白いのか、英次は奥深くで射精を繰り返し、何度も白濁を溢れ出させた。
このまま、サトリが壊れるまで射精し続けようか-そうボンヤリと考え始めたその時寺。
「英次様…」
視線の先に、ピンク色の幼い性器があるのを発見した。
櫻子が自らラヴィアを押し開き、英次を誘っていた。
英次のザーメンを注がれてはいたが、量の少なさを嘆くように、ぽっかり開いた膣奥を見せ英次はサトリからペニスをゆっくりる。まだ堪能しきっていない相手がいることを思い出し、引き抜いた途端に、どろりとした液体がコップをひっくり返したように溢れ出て、櫻子の性器へと降り注いだ。
大きく開かれていた英次はサトリの尻にペニスをすりつけて精液を拭くと、出した彼女の身体の下から櫻子の腰を引き覚悟は出来ていた。
サトリ一人に全てを受け止めさせるつもりは、さらさらなかった。
「英次様。
何回でも…お楽しみ下さい」
櫻子は出来るだけ意識して、穏やかな声で告げる。
けれど返事の代わりに英次が返したのは-剛直の、強烈な一撃だった。
あぐっっっ!!-いきなり奥までペニスに貫通され、櫻子の身体が激しく揺れる小柄なせいもあって、櫻子の膣はサトリよりも狭い。

LUNA PREMIUM FUCK

どっきり!! 尾上若葉を襲撃せよ
動画:LUNA PREMIUM FUCK

身体への負担はサトリより大きい。
不利にも見える反面、それは-サトリよりも、英次に強い圧迫を与えられるということでもあった。
英次は彼女の上品な性器の中を、容赦なく犯し、汚していった高ぶりきっていた欲望のエキスが櫻子の膣の奥で爆発的に吹き出した。
まるで全てを排出するような爽快感。それを受け止めてくれる少女達への感謝。
その全てと疲労のために、英次の身体がゆっくりとくずおれていく。
「英次」
突き出されたサトリの唇に、そっと英次も唇を当てた。
次の瞬間、青く激しい輝きが、体育倉庫を覆い尽くした。

キスでOKだったとはサトリはそう口にしながら、どんなお姫様、だ櫻子の上に倒れ込んだ。
「だが、これでもう大丈夫だな…」
「いいえ、おしまいよ」
サトリにとって一番聞きたくなかった声が、体育倉庫の奥から聞こえてきた。
いいえ、おしまいよ。
英次も確かに、その声を聞いた。
体育倉庫の奥から姿を現したのは、教頭の田嶋麗子だった。
全身を包むタイツのような黒いアンダーの上から、アッシュグレイのスーツを重ね着した姿だったが、どこかいつもの彼女と違っていた。
ここまではっきりした不純異性交遊の証拠が得られるなんてね。あなたに感謝だわ。ほらほらごらんなさいな。高校生なんて、サカリがついた動物と同じだって言ったの、本当だったでしょ?
麗子が、視線を英次達に向けたまま、自分の背後にいる誰かに向かって語りかける。
彼女が構えているHDDビデオカメラには、録画状態を示す赤いランプが光っていた。
「それにしても私って、あまり人を見る目がなかったようね。反省しなくてはいけないわ。三賀敷さんも秋津島さんも、これほど簡単に、男に股を開く淫売だとは見抜けなかったもの。そんな子達に、大切な恋愛禁止法を託しちゃったなんて、自分の不見識を恥じねばならないわね」
クッと口角をあげ、麗子が嘲笑う。
それはどう見ても、教育者のものではなかった。
英次が一番嫌いな類の笑顔だった。
無理に押しつけておいて託したとか、日本語が不自由じゃないのか?
あらー?確か神崎君だったかしら。あなたったら、何のこと言ってるのかしら。
私がそんなこと言うはずがないでしょ、この、オ·バ·カ·サン?
いやぁねぇ.麗子はわざとらしく語尾を上げた。
それが他人のかんに障ることを分かっていて、口にしているとしか思えない。
私は誰よりも学園のことを考えているのよ?あなたごときが考えるような、底が浅いことをするわけがないじゃない。人のせいにしたって、何も解決しないわよ?分かったかしら、オバカサぁン?

ククク、と麗子が笑う。
それを見ていたサトリは、何も反論しなかった。
ただ、拳を握りしめていた。
くそっ。
証拠なんて残してないってことかよ…
そうめいきっと麗子は、深読みも出来る言葉を重ねて使い、ように誘導したのだろう。
聡明なサトリが自ら裏の意味を受け取る麗子は、次にカメラを櫻子に向けた。
はあい、笑ってS。ほんと、まったく使い道のない子になっちゃったわねぇ、お嬢様。おつむは軽い、お尻も軽いじゃ、誰が信用するというのかしら?やっぱり、男と交わるとステージが下がるんじゃないの?自慢の娘が肉便器じゃ、きっとお父様もお嘆きよねぇ。どう思う.櫻子さぁん?
櫻子は顔を青ざめさせたまま、唇を噛みしめていた。
英次との関係は、英次の力を知らない他人からは、ただの火遊びにしか見えない。
どう力説したところで、それを肯定する大人はいないだろう。
櫻子は、英次の能力を口外しないために、反論しないでいる。そう考えると、サトリが余計なことを言わなかった理由も分かる。
先生ねえ、お願いがあるのよ。生徒会の合併とか、無かったことにしてくれないかしら。
は別に二人を傷つけたくて、こういうことしてるわけじゃないの先生
ニヤニヤ笑いながら、麗子がビデオカメラを振り回すかいり言葉と表情が乖離している人間も珍しかった。
俺のこの力のみってことか…これほど、一発逆転を狙えるのは、このような能力の使い方は、英次は好きではない。
だが、サトリや櫻子の未来に、こんな影を落とさせるわけにはいかない。
麗子が英次の力に屈することがあれば、状況は変わる。
少なくとも、麗子でさえ、誘惑に勝てないのだという証拠が必要だった。
あらあら、どうしたの神崎君。俺がこの状況を何とかするって顔してまちゅよ?