イキまくりたいのでAV女優になりました 櫻井ともか

タイトルのイキまくりたいのでAV女優になりました。まさにそのタイトルに嘘偽りはない!!櫻井ともかちゃんが今回もまた可愛いお顔でイキまくり!水着に着替え超エロエロモードに突入し、感じやすいともかちゃんは耳や背中を触られるだけでおマンコが濡れちゃいます。ローションを垂らし体を揉みまくり、指マン、バイブでマンコを刺激し大量の潮を吹かせます。もの凄い勢いで吹き出す潮に注目です!!3Pでの絡みもいろいろな体位で突かれまくり、ともかちゃんはメロメロに!!どんだけイケば気が済むのだろう、ともかちゃんの底なしのエロパワーをご覧あれ!!
動画:イキまくりたいのでAV女優になりました 櫻井ともか

まるで子供のようにはしゃぎながら、さらに身体を密着させてくる。
腕にブニッとした感触が走ると、芳彦は心臓をドキリとさせた。
えっ?
夏美の奴、ノーブラ?
チラリと目線を横に向けると、胸元の合わせ目が広がっており、生白い肌と胸の谷間が覗き見えるや、やっぱり大きいや。ブラジャーは着けてないみたいだけど…ああああ。ち、乳首が?それは一瞬の出来事だったが、確かにほんのりと桜色の乳頭が見えた気がする。乳房の輪郭もふっくらとした丸みを帯びていたが、肉感的という点ではスリム体型の莉奈では足下にも及ばなかった。
しかも今日の夏美は浴衣を着ているせいか、妙に淑やかな仕草を見せ、は、まごうかたなき美少女ぶりを発揮しているのだから堪らない。
うっすらとした化粧ふくよかなバストの膨らみは、相変わらず腕に押しつけられており、かせ、ペニスをみるみるうちに屹立させていった。
ああ。ちょっと待って。こんな所で3芳彦は自然と股間を疼なんとか鎮めようと試みても、一度火のついた性欲は収まらない。
むっくりとマストを張っていく股間を恨めしそうに見下ろしながら、せていると、夏美はすぐにその異変を感じ取った。
芳彦、どうしたの?
「い、いや別に」
芳彦が顔を真っ赤にさ夏美が下から顔を覗き込んでくる。その視線が腰をやや引いた芳彦の下腹部に移ると、は含み笑いを洩らした。
やだ、芳彦ったら。またエッチなこと考えてるの?
「ち、違うよ。こ、これは男の生理だよ」
「ふうん。また男の生理。いったいどんな生理なのよ」
夏美意地悪い口ぶりで、夏美はちょんちょんとバストで腕を突いてくる。
締めると、夏美は耳元で甘く囁いた。
ねえ、ひょっとして私に何かしてほしいのかな?
え?
芳彦が下唇を軽く噛み浴室で受けた手コキがすぐさま脳裏に甦り、ペニスがズキンと脈打つ。
し、してほしい。

必死に頼み込めば、今ならしてくれるんじゃそう思いながらも、男の意地なのか、心とは裏腹の言葉を放っていた。
「べ、別に何もしてほしくないよ」
相手が幼馴染みであるという見栄からなのか、芳彦はそれまでニコニコしていた夏美が、ピンク色の唇をツンと尖らせる。
「ふん。冗談よ。私だって、そんな気は毛頭ないんだから」
(機嫌がいいかと思うと、すぐにつむじを曲げるんだから。まるで山の天気みたいだ。
だと面倒だし、すぐにフォローしとかないと)「そうだ。お腹空かない?何か食べようよ」
このまま
夏美は仕方なさそう芳彦は屋台の出店で焼きそばを二つ買い、に箸をつけた。
「どう?おいしい?」
「あれも買って」
そのうちの一つを手渡すと、夏美は、あんず飴の売っている屋台を指差している。
夏美のほうが誘ったのに。なんで僕が金を払わなきゃいけないんだ?「早く」
「はいはい」
夏美はご機嫌になったのか、ようやく笑言われるがはま、顔を見せる。
あんず飴を買って戻ってくると、芳彦はホッとしながら、夏美とともに縁日デートを過ごした。
おみくじを引き、風鈴を買い、神社の隅で催されている植木市を見て回る。
やはり夏美の容姿は人目を引くようで、通り過ぎる男たちは女の子を連れているカップルも含め、みんなが羨望の眼差しで振り返った。
こうなると、自然と優越感を覚えてしまう。
芳彦はいつの間にか、心をウキウキと弾ませて(なんだか楽しいぞ。まさか、夏美相手にこんな気持ちになるなんて。そういえば、夏休みはバイトばかりで女の子とも知り合えなかったし、デートはおろか、何一つ面白いことがなかったもんなぁ)遅れてやって来た夏休みのイベントを満喫するかのように、んでいたが、ふと莉奈との約束を思い出した。
あっ。今、何時だ芳彦は夏美と過ごす時間を楽しズボンのポケットから携帯を取り出すと、「夏美あの」
「ん?どうしたの?」
すでに午後11時を五分ほど回っている。
夏美の満足そうな顔を見ていると、何とも切り出しづらかったが、芳彦は苦渋の顔つきで言「や、約束の時間なんだ」
夏美の顔から、徐々に笑みが消えていく。
「行くの?」
寂しそうに問いかてっきり憤怒の情をぶつけてくるだろうと思われた夏美が、けてくるあああ。なんでこんな時に限って、そんな顔するんだよぉ眉根を寄せ、約束を破るわけにはいかない。
後ろ髪を引かれる思いはあったが、

THE 未公開

今日のオナニー動画をあなたに届けたい!!3作も詰め込んだ大容量でどれで抜くかはあなた次第!!しかも人気のあった作品のヤリすぎて詰め込むことのできなかったシーンをまとめてお届け!人気のTHE未公開、今回は鈴木さとみの「新入社員のお仕事」黒木かえでの「美☆ジーンズ」そして広瀬藍子の「カリビアンキューティー」のハミ出しシーン!NOといえない新入社員、さとみちゃんは足コキ&フェラで先輩にじゅるじゅる奉仕してもらい、切り裂いたジーンズから森林マンコを見せ付けるかえでさんには、上に跨っていただいて顔騎にぶっかけといきましょうか。きゃわいすぎるキューティー藍子には、よつんばいで太すぎるバイブをブチ込み、尻までプルプル震わせてビクビクとイってもらいます。未公開なのに、いや未公開だからこそ激しすぎる!
動画:THE 未公開

「ごめん!」
芳彦は頭をペコリと下げると、その場から逃げるように走り去った。
夏美は無言のまま、その場に立ち尽くしているようだ。芳彦の胸が、なぜかチクリと痛んだ。
は第五章美少女の恥肉と包茎いじり莉奈の家は藤美神社からそう離れておらず、およそ五分ほどで到着した。
敷地面積はゆうに百坪はあるだろうか、白いモルタル調の11階建ての御殿のような家に、庭の隅にも三角形の白い屋根が付いた小さな建物が建っている。
額に汗粒を浮かばせた芳彦は、インターホンを押し、そのまま息を整えた。
鈴を転がしたような声は、間違いなく莉奈だ。芳彦は大きな息を吐いたあと、調で答えた。
「あ、三上です。ごめんなさい。ちょっと遅れちやって」
落ち着いた口インターホンは何も答えず、代わりに玄関の扉を開ける音が聞こえてくる。
芳彦が身構えると、お嬢様らしい白いワンピースに身を包んだ莉奈が姿を見せた。
風になびく黒髪、揺れる瞳、可憐な唇は、やはり絶世の美少女だと認識せざるを得なぃ莉奈が近づいてくると、芳彦は緊張から全身を強ばらせた「来ないのかと思ったわ」
そんな約束は絶対に破らないです。
遅れたのは悪かったですけどヨーロピアンスタイルの門扉を開け放つ。
莉奈は儚そうな微笑を浮かべ、を導いた。
やっぱり広いなぁそして中へと芳彦庭には様々な種類の庭木が植えられ、手入れの行き届いた美しいガーデニングが広がっており、芳彦はただ目をぱちくりとさせるばかりだったこんな裕福な家庭で生まれ育ったら、きっと人生観も変わるに違いない。
そう思いながら豪邸を見上げていると、莉奈が手招きをしながら声をかけてくる。
三上君、こっちに来て!
莉奈は玄関には向かわず、敷地内の角にある白い屋根の建物へと歩み進み、芳彦は眉を顰めながらその後に続いた。
あそこの建物は離れになっていて、三年前まで従姉妹のお姉さんが下宿してたんだけど、今は私のアトリエ代わりに使用しているの
あ、アトリエですか?

その建造物は木造りのようだったが、外壁全体に白いペンキが塗られており、三角形の屋根や小さな細長い窓を見ていると、まるでヨーロッパの童話に出てくるような建物に思えてくる
今日は、パパはゴルフに行ってて留守だし、ママは三泊四日で北海道に旅行へ出かけているから遠慮しないで
あのご兄弟は?
「いないわ。私は一人っ子だし」
莉奈しかいない。
学園のマドンナと二人きりという状況は、芳彦に淫らな期待この家には、感を抱かせた。
莉奈はアトリエのドアノブに手をかけ、「どうぞ」
扉を開ける。
室内に入った芳彦は、あたりを見渡した。
屋根の反対側には大きなガラス窓が取りつけられ、採光をたっぷりと確保している。部屋全体が明るく、清潔感に溢れ、確かに絵を書くには絶好の環境だと言えた。
莉奈先輩って、やっぱりきれい好きなんだな。夏美の部屋と違って、塵ひとつ落ちてない窓脇のピンクのレースカーテンも、美少女のイメージにはぴったりだ。
室内の右奥には従姉妹が使用していたのか、木造りのベッドや机、ミニ冷蔵庫や本棚などが置かれている両脇の壁には莉奈が描いたと思われる絵や、右奥にある扉は、トイレだろうか。
が所狭しと置かれていた。
「ずいぶんと描いてるんですね」
「あまり見ないで。恥ずかしいわ」
キャンバス莉奈は頬を染めながら、冷蔵庫からペットボトルを取り出す小さな丸テーブルに置かれているコップに注ぐ姿を尻目に、つくりと歩いていった。
しばしの沈黙の時間が、妙な緊張感を与えていく。
芳彦は絵を見ながら壁沿いにこれから、いったいどんな展開を迎えるんだろ?
感じないんだけど
変な雰囲気になりそうな気配は今のところそう考えた芳彦だったが、本棚の付近まで来たとき、思わず怪訝そうな顔つきを浮かべた。
本棚には本がびっしりと並べられていたが、華やかな色の背表紙を見ると、どうにも美術関係の書物とは違うように思える。

アメリカでゲットしたお宝美女06

素敵スタイルボイン娘は三度来る!
動画:アメリカでゲットしたお宝美女06

前屈みになった芳彦は、みるみるうちに顔色を変えていった。
BLと腐女子』あいつと熱愛シンドローム無邪気な恋愛男子トルが見て取れる。
こ、これって…まさか、ボーイズラブ?といった、不可思議なタイ棚の隅々まで同系の本で埋まっており、芳彦はただぼ漫画から小説、はたまた同人誌まで、かーんと口を開けるばかりだった。
イケメンの二人が裸で絡み合っている絵ばか一冊だけ手に取り、ペラペラと捲ってみると、りが目に飛び込んでくる。
男が男のモノをフェラチオしているシーン、バックからアヌスへ男根を貫いているシーン。
顔に精液を受けているシーンまであり、芳彦はその過激な描写の連続に、ただ唖然とするばか六--六「芳彦君、アイスティー入ったから…あっ」
莉奈が小走りに駆け寄り、芳彦の手から本を取り上げる。
あんまりじろじろ見ないで「す、すいません」
莉奈は本を棚に戻すと、やや気まずそうに口を開いた。
「ほんとは私ね。漫画家になりたいの。藤美学園には漫画研究部がないから、入ったのよ」
「ま、漫画家ですか」
仕方なく美術部に人は見かけによらないものだ。本棚のコレクションから察するに、やはりボーイズラブ系の漫画家を目指しているのだろうか。
まさか莉奈先輩が、こんな本を読んでいたなんて。当然、ボーイズラブの漫画も自ら描いているということだよなどうしても、その図が想像できない。

少しがっかりしながらも、素朴な疑問理想の美少女としてのイメージを抱いていた芳彦は、を投げかけた。
僕に、どうしてそんなことを話したんですか?
莉奈はそっと目を伏せながら、躊躇いがちに答える。
「それは…だって変なところを見られちゃったし」
その言葉を受け、芳彦はここぞとばかりに問い質した。
あ、あの、どうしてあんな場所で?
それは…女の子だって、堪らずそういう気持ちになるときがあるのそういうものなのだろうか。いずれにしても莉奈に対して抱いていたイメージは、芳彦が勝手に押しつけていたもので、彼女はアイドルなどではなく、普通のエッチな女の子なのかもしれない。
芳彦がそう考えていると、今度は莉奈のほうから言葉を投げかけた。
実は芳彦君に頼みたいことがあって聞いてくれるかしら?
「な、何ですか?」
莉奈はいったん俯き、しばし間を置くと、決心したように顔を上げた。
「どうしても、ラブシーンがうまく書けないの。私、その経験がないから。
しいの」
え?
あの、見せてほ最初は言葉の意味がわからず、芳彦はきょとんとしていたが、るデッサンのモデルになってくれない?
モデル…ですか?
莉奈はさらに言葉を重ねてく莉奈の「見せてほしい」という懇願と、ボーイズラブの淫らなシーンが重なり、やくすべてを理解した。
「ま、まさか…ヌードってことですか?」
芳彦はよう驚きの声をあげた。
莉奈が頬を染めながらコクリと頷く。芳彦は目をひんむいて、「えぇっ!そ、そんな恥ずかしいですよ!」
莉奈は目尻に涙を溜め、ぽつりと呟く。
死ぬほど恥ずかしかったんだから
そう答えると、私のは見たくせに。
莉奈がしくしく泣き出すと、(僕を家まで呼んだのは、それが目的だったのか。
見られたということで、芳彦は途方に暮れた。
僕は美術部の後輩だし、恥ずかしいシーンをきっと頼みやすかったのかもしれないなそれほど強いという見方もできる。
莉奈の漫画に対する情熱は、在方がないか)高校入学時からずっと憧れてきた相手だけに、やはり無下には断れない。芳彦は小さな溜め息をついたあと、決心を固めた。
わかりました。だから、もう泣かないでください。服は全部脱いだほうがいいですよ莉奈は手の甲で涙を拭い、コクリと頷く。
芳彦はなるべく窓の外から見えない場所へ移動すると、後ろを向き、服をゆっくりと脱ぎはじめた。
(あぁ。まさか莉奈先輩の前でヌードを晒すことになるなんて。なんてシチュエーションなんだよ。やっぱり抵抗あるなぁ)
シャツとハーフパンツを脱ぎ捨て、残るはあとブリーフ1枚。

後ろをチラリと振り返ると、莉奈はすっかり平静さを取り戻し、いつの間にか椅子に座りスケッチブックを手にしながら真剣な眼差しを送っていた。
ええい。ままよーパンツの縁に手をかけ、一気に引き下ろす。
そして股間を両手で隠したまま、その場で棒立ちになった。
すでにこの時点で顔は真っ赤、凄まじい羞恥心が込み上げてくる。
あ、あの…ぬ、脱ぎましたけど「前を向いて」
先ほどまで感情の起伏を見せていた莉奈の声は、なっている。
すっかり抑揚がなくなり、事務的な口調に漫画家としての、探究心モードに切り替わっているのかもしれない。
芳彦が身体を反転させると、莉奈はやや怒気を含んだ口調で言い放った。
「手をどけて」
いざとなると、さすがに躊躇してしまう。
ら両手を外していった。
は、恥ずかしいよぉ!芳彦は唇を噛み締めると、そろりそろりと股間か身を八つ裂きにされそうな羞恥を覚えながら、莉奈にチラリと視線を走らせると、ニスを凝視しながら、長い睫毛をピクッと震わせた。
ああ、見られてる。稲垣先輩に、僕のおチンチンを見られてる!彼女はペ男の証は萎靡したままだったが、この状況だけで、胸がモヤモヤしてくる。
莉奈は芳彦の股間に目線を留めたまま、か細い声で問いかけた。
「これって…ひょっとして、包茎なの?」
「あ、あの一応仮性包茎なんです」
ペニスの包皮は、亀頭を半分程度まで包み込んでいる。
か、下着の中で包皮は元に戻っていたようだ。
まだしっかりと矯正されていないの顔を紅潮させながら答えると、莉奈は感嘆の溜め息を放った。
「すごいわ。こんなものを見られるなんて。包茎っていったいどうなってるのか、かったの。これで面白い漫画が描けそうだわ」
ずっと知りた莉奈はまるで独り言のように呟き、ガタゴトと椅子を引きながらさらに近づいてくる。
マドンナとの距離は、わずか三十センチ。ばっちりとした目が、芳彦の股間に注がれる。
ああ、嘘っ!神社から莉奈の家まで走ってきただけに、芳彦は思わずギクリとした。
ペニスから汗臭い匂いが漂っているのではないか、それでも莉奈に逸物を注視されていると、淫らな妄想を思い浮かべてしまう。
僕が腰を突き出せば、おチンチンが唇に触れちゃう。あの口でしゃぶってもらったら、り気持ちがいいんだろうなやっぱ人気絶頂のアイドルさえ霞んでしまうような顔立ち、黒目がちの瞳、形のいいツヤツヤしたその容貌を眼下に見下ろしたとたん、芳彦のペニスには硬い芯がゆっくりと注入されていっ2
莉奈は真剣な表情でペニスを観察し、スケッチブックにデッサンをしていった。
(ホントに莉奈先輩に見られちゃってるんだ。しかもこんな間近で。僕、夢でも見ているんじゃないだろうか?