じらされたらむっちゃ濡れるM女!!!

今回は今時の可愛い素人ギャルがパジャマでお迎えしてくれます。名前はむつきちゃんで、焦らされるのが大好きなピチピチの20歳です。焦らされて興奮するなんて、結構ドMなんですね!早速、パジャマの上からおっぱいをモミモミされ、パジャマを脱がされ、乳首をコリコリされて、マンコを手淫され、アナルも軽く弄られ、悶絶!中々チンポを入れてもらえず、焦らされてマンコからは大量のジューシーオマンコ汁が溢れ返ってます。最後は、巨チンにマンコを思う存分かき回され、イキまくるむつきちゃんをご覧ください!!
動画:じらされたらむっちゃ濡れるM女!!!

もちろん、そういう要素も入れますけど、やたらめったら誰とでもセックスできればいいと言うものでないのは、確かです
光太郎の眉が、不審げに動くスワッピングは、あくまでも、夫婦仲を永遠に新鮮にしておくためのもの。
たから見て、今、真菜さんとの夫婦仲はどうですか?
「そ、それは…」
「私、夫を愛してましたの。でも、ウワキばかりを、この人は事実、たったあれだけのことで、あなびっくりして、春佳を見る。
急に割り込んだのだ。
それを言うのかよ」
あまり嫌そうでもないが、おいおいと、
おいおい、頭を左右に振る達也は、心外な、と言いたげだ私、この人と別れるつもりでした「春佳さんが?」
コクリと頷いてから、チラリと達也を見た春佳は、ゆっくりと言葉を繋げた。
「どうしても別れる、と言う前に、この人が、そう、この人が泣いて頼んできたんです」
ちょっと口を尖らせた達也は、明後日の方を向いている。
「最後のチャンスだ、って思って、思い切って、やってみたんです」
スワッピングを?
「正確に言うと、私だけ。夫は、何もしないで、待っているだけ」
何を、という言葉を、を春佳はさりげなく省略した。
同じ話を真菜にもしたが、さすがに、男性に、露骨には言それ以来、ピタリと、ことはなかったもの夫はウワキを。
いえ、それどころか、もう、すごくって。
新婚時代でも、こんなに愛されたふふふ、達也は、と、ホントに嬉しそうな顔で春佳が笑うから、光太郎は、はぁ、と間抜けな声で、頷いてしまった。
達也で、しきりにクビの後ろをかきむしっている。悪い遊びにうつつを抜かした男として、なんとなくいまだに、きまりが悪いのかも知れない。
「今は、というか、今も、新婚時代以上よ。
この間、そう、この間、あなたにナカで出され…」
慌てて、春佳の口を塞ごうと手を伸ばす光太郎を、クスリと笑う。
あの後、大変だったんだから。もう、一晩中、離してくれないのえつと、光太郎は、達也を見る。
他の男に抱かれた妻を一晩中手放さない。
光太郎なら、きっとそうすると思えるのだが、どうみても、目の前の遊び人風の達也が、そうなるなんて意外「会」
のはずなんと言っても「夫婦交換」の会となれば、夫は他の妻とやり、妻は、他の夫とやるためのいわば、妻が他の男とするのは慣れているはずでは?それが、一晩中妻を?
光太郎の頭に疑問ばかりが浮かんでくる

「ふふふ。
もし、そこで嫉妬をしないなら、そう言う人は、うちの会には招待できません」
ここで初めて達也が、正面を向いた。
「たっぷり嫉妬したよ。あなたが、どんな風に春佳を犯したか、をじっくり喋らせながらね」
どんな風に、触ったのか、どんな風に感じたのかまるで、自分がそうしてしまいそうなことを、そっくりなぞられている気がした。
でも、それなら、スワッピングの会だなんて
入らなければいいじゃないかと、光太郎は考える。
「そうです。矛盾です。嫉妬をするくらいなら、スワッピングなんてしなければいい。
でも…」
達也は、真面目な顔で覗き込んでくる。
嫉妬をしない夫婦だなんて、夫婦だと、いえ、愛し合っていると言えると、思いますか?
「だけど」
「お互い愛し合っていれば、お互いを裏切ることはない。そこに嫉妬は生まれない。だけれど嫉妬が生まれないのなら、どんな愛でも、やがて新鮮さを失うしかし、ですね」
「真菜さんから聞きました。最初、巧さん、とか言う方に抱かせたのは、あなただった」
グッと、言葉に詰まる光太郎「いえいえ、あなたを責めるつもりは、まったくありません。
むしろよくぞ、と尊敬できます」
困惑するしかない。
妻を他の男に抱かせて「尊敬できます」とまで言われると、「でも、これだけは、あなたに直接確認したかったのです」
「なにを」
光太郎としては、次に何を聞かれるのか、光太郎は、知っていた気がした。
そして、自分が何と答えるのか。
光太郎の心はやめてくれと、悲鳴を上げていた。しかし、同時に、既に、ルビコンを渡っていたのだと、気がっいてもいたのだ

素人のお仕事 ~ジムインストラクターがHで筋肉の仕組み教えます~

さぁさぁ~やって参りました。素人のお仕事の時間です。今回のお仕事はスポーツジムのインストラクターをやっている。スレンダーなボディーの持ち主、佐久間梢ちゃんの登場です。早速、お部屋に移動して、その筋肉質なボディーを披露してもらいます。梢ちゃんの身体を弄繰り回し、バイブや指でガンガンおまんこを刺激しまくり、イカせまくり、お次はチンコをフェラチオしてもらいギンギンに起っちゃいます。そして、ギンギンになったチンコを梢ちゃんの締まりの良さそうなおまんこに挿入して、激しく突きまくちゃいます。最後は梢ちゃんの可愛いお顔にザーメンを大量にぶっかけちゃいます。梢ちゃんのエロエロな絡みを見て下さい!!
動画:素人のお仕事 ~ジムインストラクターがHで筋肉の仕組み教えます~

「巧さんに、真菜さんを抱かせた後、あなたは、もっと、もっと、奥さんを好きになった。
そうですよね」
ゆっくりと、刻み込むような言葉に、もはや抵抗できなかった。
眼を閉じ、深く息を吐き出してから、光太郎は、ゆっくりと頷いたのだ。
その反応を見定めるかのように、深い目をした達也は、さらに話を進める。
「奥様が今日いらしゃって、何を話してらしたか、お聞きになりたいですか?
ぎょっとして、慌てて目を開けた光太郎。その視線の先で、春佳がいつにない真剣な目をしていた。
コクリと肯いたのを確認するように肯き返して、春佳は、静かに話し始めた。
ご自分の中にマゾの気があるのを、後自覚なさっていたんですよね。
立派だわ」
奥様は心配なさっていたのです。
「心配?マゾって…、そんなうすうすは、わおぼろげにわかっていたことも、他人にハッキリ言われれば、かっていても、言葉にしたくないこともあるのだ。
マゾの女性は、何を心配するか、わかります?」
いささか鼻白まないでもない。
いや、とわずかに声を出しながら、真菜がマゾであることを否定し忘れているのを思い出したが、えば、訂正する気も起きなかった。
「ウチの春佳も、いや、オンナはみんなマゾ性を持っているんだ」
今更か、と思横から身を乗り出した達也の目は真剣だ。
みんな、と聞いて、一瞬春佳の目を見ると、その瞳は真摯に見つめ返してくる。すなわち、達也の言葉をそのまま受け止めろといっているのだ。
夫婦仲が良くなればなるほど、二人の仲が冷えてしまったら、ってね。マゾ性が強ければ強いほど、今の結びつきが熱ければ熱いほど…「冷える怖さっていったら、ないのよ。実際」
ゆっくりとした達也の言葉を、いきなり春佳が引き取った。その言葉が、相当にこわばっているように感じて、思わず、光太郎は座り直して春佳を見つめた
あのね、この人、浮気ばかりだったの。新婚時代ですら、そうよ。私は、知っても知らぬ振りを続けるしかなかった。さもなければ、お別れをするのかしかないんだもの「浮気を?」
ちらりと横を見ると、両手を合わせて拝むマネ。おどけた表情の達也と裏腹に、「最後の最後で、私は賭けてみたんです」
「賭け?」
「夫以外の男の人と…でも、初めは、この人から言い出したことなのよ」
春佳の表情は真剣だった。
どういう心の働きなのか、ニヤリと笑った達也と目が合ってしまう。
光太郎は、戸惑って目を伏せた。
でもね、恥ずかしかったけど、良かったわ、ホント
ふと見上げると春佳の笑顔が透き通るような光を帯びていた。

「あのね、夫が、私の手に戻って、浮気を二度としない、と誓ってくれたの。
うれしかったわ」
チラリと夫を見る春佳。
でも、このまま、この人は、「おいおい。疑ってたのかよ」
ホントに私だけを、って
茶々を入れる声をさりげなく無視して、春佳は続ける。
「しばらくは、熱々だった。今のお二人のようにね。でも、ずっと怖かったの。この熱が冷めてしまったら、どうしようって」
「熱々なのに?」
「男の人と、違うのよ。オンナは、いつまでも若くはいられないってことをすぐ考えてしまうものなの。それにね夫の言われるままにいられる幸せって、裏腹なのよ」
うらはら?
「だって、もし、夫が分かれよう、って言ってきたらどうしようって。夫の言葉に従えば、悲しみしか残らないし、夫の言葉に従えなければ、もっと苦しくなる」
「それは…」
愛し合っている夫婦が、そう簡単に別れを言うモノだろうか、と光太郎は思わずにいられない。
事実、光太郎は、そんなことを言うことなんて、つゆも考えたことなど無い。
いろいろなことを覚えてしまったオ「夫の愛が永遠だ、って思えればいいのだけれど。
ンナは、いつか飽きられるかもしれない、って」
だけど、夫の命じるままに、春佳の目は真剣だった。
いつも、そんな怖さと戦っているモノなのよ。だから、確かめずにはいられないの

AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 11 後編

AV女優佐伯ひなたちゃんと飲み・泊まりSEXの後編。一夜明け、ラブホをはしごすることにしたHAMAR監督と佐伯ひなたちゃん。次のホテルまで車で移動中に前の晩のセックスの感想、それから精子とはひなたちゃんにとって実際のところどんなものなのか、質問を投げかけてみた。ひなたちゃんの意外な告白にムラムラきてしまったHAMAR監督が路地に車を停めてフェラ頼み!車内フェラというシチュエーションに大興奮したひなたちゃん。オマンコをぐしょらせてエロいったらない!感じてる表情が本当にぐっと来る佐伯ひなたちゃん。ホテルに着いてからも、カメラの前でアヘ顔しまくり!2絡み、オナニー、フェラ、放尿!抜きどころ満載の後編!前編と併せてご覧ください!
動画:AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 11 後編

「確かめる?」
ぞ。だからこそ、この会があるの。この会は、元々男性が始めたものなの。それに、どが夫の説得よ。でも、続いている理由は、違うわ
「違う…」
入ったきっかけも、ほとん優しいはずの春佳の眼差しが一転して鋭い。まるで、鋭いやりの切っ先のように、光太郎を貫いてくる。
真菜さんは、怖かった。だって、あんなに熱々なんですもの。そして、その反作用は、マゾとして開発されてる自分の身体に出るものなの。
「開発なんて」
「聞いたれオシッコするところを見せるって約束させちゃったんですって?」
うっ、と言葉が詰まる。まさか、真菜がそこまで夫婦の秘密をしゃべってしまうなんて。
「あら、驚かないでそれを非難するわけではありません。ううん、むしろ、うらやましいわ。
心配だったの。この先、自分がどこまで行っちゃうのかって」
でも、真菜さんはわずかに眉を曇らせた光太郎に、春佳は、続けた。
「だって、恥ずかしいコトを愛する人のためにするのなんて、オンナは、その気になれば、平気よ。ううん、うれしい、って思えちゃう。でも、いつか飽きられてしまうかも」
「飽きるだなんて」
「あら、二人のセックスは、だんだんエスカレートしてきたはずよ」
「そりゃ、だって」
うん、それはいいのよ、あたりまえだもの。でもエスカレートしてきた、ってことは、少なくとも、今のままじゃイヤ、ってあなたが考えてるのよね?
痛いところを突かれた。
に満足していもっと、もっと、と求めているのは確かに光太郎だ。そして「もっと」というのは、ないと言うことになる。
できることを、ぜんぶ、しちやったら、後は?
「いや、ぜんぶなんて…」
でも、それが怖いのがオンナなのよ。年だって、オンナの方が残酷に出るもの確かに「今」
春佳が目を伏せて、しばしの沈黙が流れた。
「ここに来てからのことを、話してあげなさい。
オレは一足先に、行ってる」
席を移してくる。
立ち上がった達也に、つられて立ち上がりかけた光太郎の横のイスに、春佳は、あの時、香ったコロンの柔らかな空気が微かに光太郎の鼻腔をくすぐった。

「じゃあ、あまり長くならないように」
「わかってる。じゃ、後で、ね」
まるで、風呂屋の男湯と女湯に別れる夫婦のように、軽く指先を振ると、達也は会釈をして、階段に向かう。
その降りた先で何が行われているのか。
光太郎は考えたくもない。
鼻先に飛んできたハエを反射的に追い払うように、首を、くくく、と振ると突然、その目の前に春佳の顔ちゅ、と吸い付くようなキスをされてしまえば、オトコの悲しい性なのか、それを振り払うことができない。
大丈夫、落ち着いてください
落ち着いてるけど「そう、良かった。さすがですね」
さすが、と言われも、単なる強がりをほめられたわけで、「奥さん、縛られたんです」
「え、」
光太郎は、居心地が悪い。
いきなりそんなことを言われて驚かないわけはない。
私たちの会って、こうやって集まるときは、いろいろな趣向を凝らすんです。今回は、たまたま、女達が全員縛られて、って言っても、オトコの人たちも苦しいからご奉仕役だけは置くんですけど「ご奉仕?」
ええ。苦しい人は、その人が、お口とか手とか、えっと、あの、まあ、男の人が望めば、どこでも使って、好きなようにしていいの。まあ、最初っから出しちゃう人は少ないんですけど肩をすくめる春佳の口ぶりは、こともなげだが、さすがに、頬がほんのり赤くなっている。
で、今日は2時間の約束で辛かったわぁ。でも、女性陣の中で最初にお願いしちゃうと、罰ゲームですかお願い、という言葉に微妙なアクセントがある
お願い?罰ゲーム?

カテゴリー: 処女愛撫