女熱大陸 File.026

元芸能人のマスカッ●のあの方の初裏作品です。初裏なのにオマタおっぴらげてのオナニー、敏感マンコから大量の潮吹き!!さらに大乱交で最後は美尻を振りまくっての3連続生中出し!!!しかしこの元芸能人マスカッ●メンバーは残念ながら初裏でもう引退です。貴重な1本になること間違いなし!!!!
動画:女熱大陸 File.026

ぐつぐつと指に力を入れると、シャツ越しに指が乳房に沈み込んだ。
このシャツの向こうに、あの大きな乳房が隠されてるんだ…昨日何度も舐めた乳房が脳裏に浮かび、あの膨らみを、触っていいんだ…隠されている乳首の形もはっきり思い出せる。
英次は今度は、じっくりと膨らみを握りしめた。たわわに実った二つの膨らみは、にあまるボリュームで、どうやっても丸々掴むことが出来ない。
先生のは、やっぱり柔らかい女の人の胸って柔さが違うのかな…英次の手見えない分、想像力がかきたてられる。確かめるように揉みしだくたび、静穂の呼吸が荒くなっていくのが分かる。しっとりと汗に湿った膨らみの頂点が硬く尖ったのを感じ、英次は手の平で何度も擦りあげた。
とが英次の脳内に乳房の形が浮かび、やがてその妄想はその肢体全体に及ぶ。そして連想するように、昨日舐めた静穂の膨らみが脳内に浮かんだ。
「そ…そんなに、じっくり見ないで。昨日のこと思い出しちゃうから」
同じ事を考えていた。そう思っただけで、英次の胸の奥が熱くなる。
静穂のヴァギナにはめた計測機器が、キュウウンと警戒音を立てた。
までこんな経験したことないよ
静穂が尻を左右に揺する。
もぞもぞと、ふわっと、女の匂いが立ちのぼった。
「あはは…、身体も熱くなってきちゃった…」
ポツポツとシャツに汗の玉が浮き、うに尖っていた。
乳房に貼りつく。
屹立した乳首が、シャツを突き破るよ
こくり、と唾を飲む。英次は思い出した。これは自分のモノだと。
腹の奥で熱い何かがとぐろを巻き、英次の脳を解かしていく「あははっ…、上手神崎クン、はぁああっ」
噴き出した汗が赤い頬に艶を与え、英次は執拗に乳房を愛撫した。
静穂の様々な数値が上昇していく。
その変化を堪能しながら、汗で濡れた部分に指が触れた。
ぎゅっと乳房を握りしめた瞬間、
アアッ、あアアッ!
瞬間、英次の指先から発した青い雷光が汗を伝い、しく震わせ、汗を噴き出した。
静穂の乳房に着弾した。
静穂は全身を激しつようその変化を堪能しながら、英次は執拗に右の乳房を愛撫した。
ああンツーアハ、はぁ、あ..柔らかかった乳房は張って少し硬度を増し、野苺のような突起は収穫を待つように紅く色づく。英次は白磁のように滑らかな乳丘をきつく握りしめた
ああソはアア、アアアッ気持ち、いいはくじ脳髄まで走る甘美な痛撃に、静穂の背が反り返る。
静穂の喘ぎがさらに甘くなる。
英次の指先が筆記用具のように踊り、爪で汗まみれの静穂のシャツに線を描いた。

「んあ、き、気持ち、いいつ。もっと、カリカリしてぇ」
静穂の身体から伝わる歓迎の喘ぎに、英次の下腹部が激しく震えた。
俺のモノ、なそう思ったら、を吹き飛ばした。
もう英次は止まらなかった。
静穂のシャツを掴んで左右に引っぱり、ボタンあら露わになった乳房が衝撃で上下に揺れるが、静穂は英次に隠そうとはしない。
次の瞬間にはもう、英次は乳首にむしゃぶりついていた。
あはっ、はぁああっ、はぁぁんっっ!
じゅうりん乳首から鎖骨へ、鎖骨から乳首へ。英次に蹂躙された白い肌に雷光が踊り、くっきりと桜色に上気していく。英次は手の平に余る瑞穂の乳房をこねくり回し、滑らかさを堪能しては舌先で柔肌を堪能した。
あはっ…、待っ、あんんっっ!!
そうきゅう女の双丘を弄ばれ、駆け抜ける悦びに静穂は鳴いた。
どろどろの欲望が乙女の亀裂を濡らしていく。
沸騰するような快感に下腹部が燃えちょう静穂は蜜に引き寄せられる蝶のように、
せ、せん、くううううつっ!!
英次の股間にむしゃぶりついてきた英次の凶器を磨き上げるように静穂の舌が何度も上下する感触と、英次の牡をいっそう刺激する。
幹を刺激する指の感触がおすそして突然、ネットリとした感触が亀頭を覆った。
最初は先端だけを覆っていた温もりが、だんだんと根元へと広がっていく。
それはただの検愛さえ感じる優しさだった。
静穂が高ぶった肉柱を口にほおばる感触が、査を超え、背筋が反り返るような快感を生み出す。
気化した唾液が淫らな匂いを発し始めた。
英次の肉茎は何度も奥へと迎えいれられ、そのたびに生温かい喉を犯す。
静穂の身体が動く
たび、太ももに触れた乳房が擦るように前後に揺れたしょうふ娼婦のように奉仕する静穂を想像するだけで、罪深さが悦びを倍増させた倫理や配慮など、悦楽の波と本能の前では無力だった。
英次は静穂の顔を掴み、強引に顔を前後に揺すり始めた。
ほら、欲しいんだろ?
「うくっ…俺の精液が欲しいんだろ?
もっとしっかり舐めろよ」
くぐもった鳴き声とジュブジュブと唾液が絡む音が混ざる。
り、静穂の顔が動くたびに英次の肉茎に痺れが走る。
舌は英次の敏感な裏筋を舐め削らいこうほとばしたぎるような悦楽が溢れるように、ペニスから雷光が迸っていた。
ふぐうっっっ!!
うぐぅぅっっ!!
いかづち至近距離から放たれた悦楽の雷に、ビクンビクンと静穂の肢体が痙攣する。
静穂が自分のものを咥え込み、喉の粘膜や舌先で愛している姿が脳裏に浮かぶ。
キュウウン、キュウウンと、静穂のヴァギナにはめた計測機器が警戒音を立て続けた静穂の顔を掴んで喉の奥まで肉茎をねじ込み、るたび、ペニスからバリバリと雷光が迸る。
繊細な舌のもがきを堪能する。
英次が興奮す快楽に導かれるまま、静穂は頬をすぼめて吸い込み、バキュームの容量で英次を招き入れ続ナた感じたことのない強烈な衝動に、英次の背筋がゾワゾワと震える。

Fカップ軟乳

超爆乳Fカップの原小雪ちゃん、キュートなお顔に似合わないスーパー爆乳!!そんな柔らかいおっぱいをモミモミしまくり、小雪ちゃんを感じさせます。この豊満なボデイに埋もれてみたい!!さらにはパイパンまんこで、いやらしいビラビラがデカチンに絡みつく、挿入部も丸見えで、見どころ満載!!最後のシーンは全裸で食事、おまんこおっぴろげて、スパゲッティを美味しそうに食べてます。小雪ちゃんマジ可愛いですょ!!
動画:Fカップ軟乳

感が下半身に充満し、牡の本能を加速させていく。
自慰とレベルが違う射精静穂のヴァギナに挿入した計測機器が悲鳴を上げキュウウウウソーキュウウウウン!
る。激しい膣の収縮に耐え、必死に鳴り続けた。
んふ、はむ、つジュブツ、ゲホッ、ゲホッ咳きこんだ振動さえ、英次の快楽に直結する。
苦しげな牝の吐息に導かれ、しゃくねつ衝動がうねりとなって英次の身体を駆け登っていく。
灼熱のような高ぶりとともに、英次の腰がせりあがる。
限界が迫り、英次の額に浮かんだ汗がつうっと流れた。
出る、もう出る…ッ!
静穂は顔を掴まれながら、英次の言葉に笑みを洩らす。
蛇腹のような余り皮を指で弄んでいた。
脹れた尿道に沿って舌先を上下させじゃま。
英次のモノが静穂の口の中で前後に動くたび、粘っこい音が立つ。
先が英次の致命的なポイントを的確に突いてきた。
んふっ、んんっ、じゅぷっ、じゅぷっその音と共にざらつく舌イラマチオをされて自由度がないはずなのに、静穂はうねるような舌さばきで英次の急所を責めてくる。急所を責めるたび、ご褒美の雷光が彼女の全身を駆け巡った。
英次の肉茎に痛みにも似た痺れが走り、駆けあがってくる性感を押さえようがなかった。
俺の精液が欲しいなら、もっとしっかり舐めろ!!
静穂はもう一度笑うと、指と口の連動で射精を促すように動きだした。
自慰であれば英次にコントロール出来るが、今は主導権を奪われ続けだった。
英次の腹筋が小刻みに震え、反り返った背に釣られて下腹部が持ち上がっていく。
「くッッッ!-ドクッツードクッッッ!
ドクッッッ!
::ノー·!!
静穂が勢いよく茎を吸い上げた瞬間、熱く煮えたぎる欲望が口内へ吹き出した。
だくりゅう静穂は普通の女の子のような、が、静穂の口に充満した。

小さな悲鳴を洩らす。
濁流のように噴き出した英次の精液逃れようとする静穂の顔を押さえ、英次は精液を注ぎ続ける。
注ぎ込まれた異質な体液を、静穂はえづくように痙攣しながら飲み干していく。
そして、英次が今まで経験したことのない射精感とともに吐きだされた圧倒的な量の精液は、吸い尽くされた。
静穂に全てゆっくりとペニスから口を離した。
とっても興奮したし、静穂は英次の指を払うと、あのね、神崎クン。
気持ちよかったんだけどさ…」
伺か問題があったのか?
あたしに全部飲ませちやったら、「…あ」
精液の成分が調査出来ないじゃない。
どうすんの?
英次は、頭を抱えた。
そろ検査結果が揃ったのは、昼を過ぎたころだった。
「あら、あたしより料理上手くない?
神崎クンてば、いいお嫁さんになれそうね」
まと英次の机を占領していた静穂が、満足げに顔を上げた。
めながら、器用に野菜炒めをほおばっている。
そ、そうですかノートパソコンを開いてデータを纏いんのう近いうちに男性機能が失われると言われた気がして陰嚢がキュッと縮まった。
「これから、映像を流しながら収集データを重ねて表示するわね。あ、ごちそうさま」
トラックパッドを操作しながら、カチッ、カチッ。シュパッ!
空になった皿を英次に手渡した。
ふぁっ、

AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 9 前編

なんでも言うことを聞いてくれる応援屋というサービスを発見したので早速頼んでみました。僕のおちんちんを励ましてやってください!
動画:AV女優と飲み…そして泊まりSEX by HAMAR 9 前編

「…あれ?
くうっ、おっぱいが焼けちゃう…ッ開くファイルを間違えちゃった」
静穂が、再生され始めた動画ファイルを慌てて閉じた。
今のプライベートエロ動画、映ってたのは先生ですよね。
撮ってるんですか…「い、いいでしょ、別に。先生にも色々あるってことよ」
しかも相手は女の人だったし、何を彼女には珍しく、慌てていた。
本物の映像を確認した後、静穂はもう一度リピートした。
映像の中で静穂が英次の腹部をすっとなぞると、別窓で開いていた英次の計測メーターが動
き、追随するように別窓の静穂のメーターも動いた英次が興奮するほど、メーターが動く。そして、女体に快楽の雷光が走ると、壊れたように靜穂のメーターが跳ね上がった。
「簡単に説明するわね。あなたが興奮すると、快感を司る中枢を刺激する強い電磁パルスが発せられるの。分かりやすく、欲情パルスと名付けるわ」
つかさど静穂は、男女の輪郭図が描かれた紙を取り出すと、男性の内側をペンで塗りたくった。
欲情パルスは、まず神崎クンに影響する。分かりやすく言うと、性欲が強くなって、性格もそほら、俺の精液が欲しいんだろ?
もっとしっかり舐めろよ
その表情は、欲しいんだろ?
映像に映った英次が、静穂の頭を掴んでイラマチオをし続ける。
の自信なさげな英次とは違っていた。
これが、発情状態の俺なのか…確かにいつも実験の最中はそうするのが当然のように思っていたが、こうやって冷静に映像を見ると、その変化に英次自身も驚くしかなかった。
「す、すみません」
「うふふ、先生ああいうワイルドなのも好きよ。もしも、どうしようもなくなったら、センセイが何とかしてあ·げ·る。問題は、女性側よ…」
「女性側って?」
あのね、神崎クン。センセイのこと、とんでもない淫乱だとか思ってるでしょ。確かにエッチは好きだけど、男子生徒とセックスするほど見境なくないわよ?

そう言えばそうだった。
だからこそ、寸止めの悪魔と呼ばれていたのだ。
もっとも、エッチの前段階まででも、生徒相手にやってはいけないはずなのだが。
肌が触れて欲情パルスが伝わった瞬間、下腹部が疼いて、たまらなく切なくなったわ。神崎クンと触れ合いたくなったの。でも、これはまだ、疼く程度なの「あの、謎の雷光が問題なんですね」
「そういうこと。雷光のように激しい欲情パルスで、あたしの意識は真っ白になったわ。タブは覚えているのに、破ってしまった。全ての優先事項をさておいて、神崎クンとのセックスが一番になったみたい。まるで、発情期に入った動物の牝みたいだったわね」
「発情期って、そんな極端な表現を…」
あたしも不本意だけど、他に表現のしようがないもの。どうしようもなく欲情して、発情してただ快楽を求めてあたしを突き動かしたの。つまりう静穂は言葉を続けようとして、すぐに眉をひそめた。
うーん。神崎クン、背内側核とかゴナドトロピンとか聞いて、「すみません、全然わかりません」
「まあ、普通はそうよね。神崎クンに分かる説明は…」
はいないそくか何だか分かる?
人差し指を頬にあて、静穂は少し首を傾げた。
ああ、これがイメージしやすいかな。あなたに欲情パルスを送り込まれた女性は、強力な媚薬を飲んだのと同じような状態になるの
媚薬ってあの、飲むと興奮してエッチな気分になるっていうアレですか?
「そう。しかも、直接的に脳に作用するから、タイムロスはないわ。神崎クンの性的興奮に比例して、強制的に性的興奮状態になってしまうの。発情と言っていいほどの、ね。どんなに理性が強くても、生物の本能に抗うのは難しいわ。まさに、女の敵ね」
びあらが
静穂の思わせぶりな視線に、英次はゴクリと唾を飲んだ。
「そういうこと」
INつまり俺は好きになった女の子と…英次は汗ばんだ自分の手を、自分の眼前に寄せた。
手を繋ぐことさえ危険なんだな!?そんなのはイヤだ!
静穂はバランスを崩し、テーブルにつっぷしていた。
データ収集は終わったものの、意外と携帯の修理が手間取った。
結局修理しても外見まで直るわけではないので、壊れた携帯のデータを強引にシムカードにコピーし、それを刺せる静穂の予備携帯を譲ってもらうことになった。
先生とお揃いの携帯だってこと、みんなには内緒よ?
「お揃いもなにも、ただの工業製品じゃないですか」
ヲフッ、あたしの愛と性欲がたっぷり込めてあるの
えぇっ!?じゃ、早く機種変更しないと家のそばに止めていた赤いスポーツカーに乗り込み、静穂は軽く手をあげた。